« あるうつ病クライアントの症例 | メイン | 7月福岡出張セラピー »

登校拒否・不登校問題 第12回 全国のつどいinみやざき(詳細情報)

下記のような会が開かれます。以前にも紹介しましたが、詳しい内容がわかりましたのでお知らせします。 
 
 <と き> 8月25日(土)~26日(日)
 <ところ> 宮崎県宮崎市 サンホテルフェニックス
〒880-0122 宮崎市塩路浜山3083
           TEL 0985-39-3131 FAX 0985-38-1147
Eメール  spfront@seagaia.com

 記念講演 25日 「登校拒否・不登校、ひきこもりからの出発」
             子どもと大人が共に生きる道
             講師:横湯 園子さん(中央大学教授 教育臨床心理学)
 
 分科会 25・26日 登校拒否・不登校と「非行」

 <参加費> 両日4000円(青年・学生 2500円) 1日 3000円(青年・学生 1500円)
        宿泊費・大交流会費・弁当代は別途
    *参加申し込みは7月31日(火)までにお願いします。
 <主 催> 登校拒否・不登校問題全国連絡会
         第12回登校拒否・不登校全国つどいin宮崎実行委員会  

☆日程
  8月25日(土) 12:00~12:45 受付 
           12:45~15:00 全体会 記念講演 
           15:00~15:30 休憩
           15:30~17:30 分科会 基礎講座 特別講座
           17:30~18:30 休憩
           18:30~20:30 大交流会(夕食)
           20:30~     各種交流会 

  8月26日(日) 9:00~12:00 分科会
           12:00~13:00 昼食
           13:00~15:00 分科会
           15:00~15:30 休憩
           15:30~16:00 終わりのつどい

  基礎講座:1.「家庭で」 
          親は「その時」どうしたらいいのでしょう。どう考えたらいいのでしょう。
          担任の先生との関わり方は?    講師:村上公平さん
2.「学校で」
          学校に子どもが来なくなると教師は立ち止まります。
          休みがちな子ども・特室登校の子ども。心が見えない。親にもわからない。
          教師は自分自身と子ども・親とどう向き合うのか?  講師:高垣忠一郎さん
  特別講座:「いじめと登校拒否・不登校」
          子ども達をいじめ・いじめられる関係に追い込む背景には何が?
          親や先生は、子ども達の心をどう理解し、向き合うのか? 講師:森川紘一さん

☆分科会
  1. 小学生の登校拒否・不登校
  2. 中学生の登校拒否・不登校
  3. 高校生の登校拒否・不登校
  4. 障害がある子どもの登校拒否・不登校
  5. 学校とのかかわり・学校づくり
  6. 青(成)年期をともに生きる 
   A. 義務教育が終わった後の10代後半から問題
   B.  社会的引きこもりによる本人・家族の悩み
  7. さまざまな進路・自立に向かって
  8. 居場所づくり
   A. 学齢期の子どもの居場所  
   B. 青年の居場所。自立援助・就労支援
  9. 親・家庭の役割と家庭づくり
 10. 手をつなぐ輪を広げて
 11. 医療・福祉とのかかわり
 12. 登校拒否・不登校と「非行」

☆問い合わせ先
 「第12回全国のつどいin宮崎」実行委員会」
   〒880-0001 宮崎市橘通西1-1-2 宮崎市民活動センター コスモス会気付  
   TEL 090-7458-0926(亀田)  TEL/FAX 0985-47-2398(亀田)
   ホームページURL http://tudoiinmiyazaki.web.fc2.com/

当研究所でも、不登校・引きこもり・非行の相談を受け、対応法などのアドバイス、精神分析も行っております。
ご相談ください。

About

2007年07月14日 08:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「あるうつ病クライアントの症例」です。

次の投稿は「7月福岡出張セラピー」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34