« 11月母親教室の日程お知らせ | メイン | 11月福岡出張セラピー »

ボクシングのWBC世界タイトルマッチにおける亀田家の問題について

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級の世界戦で反則を繰り返した亀田大毅はじめ、父、兄それぞれに処分が下された。
私自身ボクシングについては詳しくなく、ときどきテレビ画面で亀田家の人たちのことは、それとなく見ていた。
その印象は、対戦相手に対する挑発的な態度。その中で聞かれる、相手を馬鹿にしたような発言。
そして今回、度重なる反則行為と、それを助長するような父と兄の言葉が問題となった。
残念ながら、亀田家の父、史郎氏には父性がない。
社会とは組織である。それは社会を構成する各要素が結合して有機的な働き(多くの部分が集まって1個の物を作り、その各部分の間に緊密な統一があって、部分と全体とが必然的関係を有する)をする有する統一体である。そこには当然ルールが存在する。
父とは、この社会のルールを教える役目がある。して良いことと、悪いことを教えるべき立場の人が、一緒になってルールを犯してどうするのか。
一家のなかだけであれば許されても、対社会となったときそれは許されない。
そういった父の下で育った息子たちは、野放しとなり暴走するのは当然といえば当然。
また父は、その一家のなかで旗頭となり、一家が進む方向を指し示すのだが、それが反則を犯しても勝つことが優先されたということか。
父、司郎氏は、「大毅にとって、1年間のライセンス停止処分はあまりにも長いと思います」と言ったが、長い短いを言う前に、親子共々社会性、ルール、スポーツマンシップを学んでいただきたい。
亀田家の人たちが今回のことをどう考え、とらえ、反省し、今からどういう方向に向かうかである。

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: ボクシングのWBC世界タイトルマッチにおける亀田家の問題について:

» Edita.jpからメンバー登録のご連絡 送信元 カウンセリングサークルワイズ
メンタルヘルスネットのカウンセリングサークルワイズです。天海様の素晴しい記事を是非引用させて下さい。 NGの場合はお手数ですがhttp://www.ed... [詳しくはこちら]

About

2007年10月16日 09:06に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「11月母親教室の日程お知らせ」です。

次の投稿は「11月福岡出張セラピー」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34