« 分析家の独り言 51 (追い続ける力) | メイン | 金谷氏今月のメッセージ 平成19年12月 »

分析家の独り言 52 (ひきこもり・主体性の奪還)

それなりに仕事もして社会のなかで生きていても、自分はひきこもりと同じと表現するクライアント。
人の前で緊張する。
何を話せばいいのかわからない。
人の目が気になり、自分がどう思われているか見られているかに腐心する。
自分に自信がない。
多くのクライアントに共通する訴えである。
怒られること、だめだめが多かった、ということもよく聞く。
養育史を聞くと、育って来る過程で親に受け入れられていない。
それどころか、「口ごたえをするな」と言われたり、失敗をせ責められたり、兄弟間で比べられたり・・・とマイナスを重ねてきた。
人が話をしたいと思えるのは、自分の言うことを、相手が聞いてくれるから。
それを、何か言えば、「間違っている」とか、「今忙しいから後にして」、「愚痴なら聞かない」、「それはわがままだ」などなど、否定的言語が返ってきたら、言うことを躊躇していまうのは当然。
次第に、言葉を発することが恐くなる。
言いたいことが言えず、無口にもなるだろう。
失敗を責められると、何か行動するにも、一歩が出にくい。
そうして積極性や能動性が身につかず、消極的に受身的に生きるようになる。
言葉を発し、行動を起こせば、非難され、否定されるなら、何もしないでおけば失敗することもないし、否定的なことを言われることもない。
人を避けたくなり、家に閉じこもり、ひきこもりになるしかないだろう。
実際にひきこもっている人も多いが、社会の中にいながら、気持ちとしてひきこもりを感じている人も結構いるのではないかと思う。
そういう意味で、「自分はひきこもりと同じ」と言ったクライアントは的確に自分を表現している。
生きにくさを感じ、疲れ果ててしまう。
自分の言いたいこと、やりたいことがストレートに出せず、その周辺のことにエネルギーを浪費しなければならないのだから。

そういう自分を語りながら、時に涙し、悲しみや怒りや虚しさ、悔しさなど感情とともに放出する。
それを受け取るのがインテグレーター(分析家)の仕事。
分析場面はトイレと化し、インテグレーターはそういった死者の声を聞く人。
そこからクライアントは生き返っていく、奪われた主体性を取り戻して。

About

2007年12月23日 22:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「分析家の独り言 51 (追い続ける力)」です。

次の投稿は「金谷氏今月のメッセージ 平成19年12月」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34