« 分析理論講座の日程(平成20年07月) | メイン | 分析家の独り言 116 (福岡出張セラピーにて) »

福岡 6月母親教室にて

6月25日(水)福岡天神で母親教室を開き、熱心に質問をされた。

例えば、子どもが寝るとき、お母さんに添い寝をして欲しいという。

お母さんは、片付けが済んでいないので、「後で」という。

以前は、「早く来てね」と言っていたが、今は言わなくなり、いつの間にか寝てしまっていることもある。

「オールOK」には、「敏速かつ適確」にというのがさらに付け加わる。

子どもに言われたときにすぐに応えること。

言わなくなったからいいのではなく、それは諦めたのだろう。

片付けものの手を止めて、子どもの要求に応える。

確かにお母さんからすれば、大変なことである。

片付けたい、明日の準備もしたい、添い寝をすれば子どもと一緒に寝てしまうといわれる方もいる。

それでも子どもに応えましょうという。

三人子どもがいて、とても手が回らないからと、そのうちの一人をおばあちゃんに任せてしまった人もいる。

その子が一番病んでしまう。

本当は親の元に居たいのに、無理をして、大人の顔色を見て自分がどう振舞えば良いかを考えて動く子。

主体性を失ったかわいそうな子。

それを世間一般では良い子という。

また、子どもに添い寝をしたとき、体を触られるのが受け入れられないという人もいる。

子どもはスキンシップを求めている。

子どものそれを受け入れられない母親もまた、その母に甘えたり、スキンシップをされることを望みながら叶えられなかった。

自分が諦めて、抑圧したことを他者(子ども)がしてくると、嫌悪する。

子どもの頃母に触れられなかったとする、その人が大きくなって痴漢行為をすることにもなる。

よくニュースでも流れる、いい大人が電車で痴漢をしたと。

そんなことをすれば、職さえ失うのに、それでも止められずやってしまう。

これこそ無意識。

母に触れたくても触れられなかった、その母が女性一般に置き換えられ、通勤途中の電車の中で突然行為化されてしまうことがある。


ラカン精神科学研究所のホームページはこちらです

オールOK!子育て法のページもご覧ください

About

2008年06月28日 00:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「分析理論講座の日程(平成20年07月)」です。

次の投稿は「分析家の独り言 116 (福岡出張セラピーにて)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34