« 08年 第9回夏季那須分析サミット開催 | メイン | 金谷氏今月のメッセージ (平成20年8月) »

分析家の独り言 139 (分析の効果:幸せを感じて)

子どもの問題で分析に来たクライアント。

子どもに「オールOK」で対応し、子どもの問題は解決した。

今度は夫婦の問題が見えてきた。

離婚を考えたこともあったという。

夫は協力する相手ではなく、戦う相手だった。

若い頃は強さを求めて、仕事やお金を求めた。

誰も頼れない家で環境で育てば、そうならざるを得なかった。

それが相手のいいところを生かすために、自分が変化し続けたらいいにかわった。

自分は頑張ってる、自分は正しい、外が間違っているが、逆転した。

また周りは正常と思っていたいが、おかしいこともたくさんあることに気づいた。

子どもに「オールOK」したことで、ぶれていた自分に気づき、修正していった。

自分を検証しなおし、いくつ目かのカードをめくったとき落ちた。

そんなに相手を責めなければならない私って何者か?

それは自分を認めて欲しいということ。

相手に自分を認めて欲しいと思わなくても、私は私でいいじゃないか。

自己肯定が芽生えた、と同時に他者肯定が始まったのだろう。

幼い頃に愛され、適切に世話されていたら、こんなに苦しい思いはしなくて済んだだろうに。

それでも人は気づいたところから生き直せる。

生きながら、4~5回生まれ変わったくらいの感じがするという。


はじめクライアントは子どものことで悩み分析にくるが、それが落ち着くと、今度は自分のことに取り組むことになる。

自分とは何者か? 何のために生まれてきたのか?生きるのか?などなど・・・

そうするうちに、ものの見方、感じ方、考え方が変わってくる。

ペラペラだった薄っぺらな自分に厚みが出てくる、生きる楽しさが感じられる、心豊かになる。

この感覚を知らずに生きて、真に生きたといえるだろうか。

もったいないと思うのは私だけだろうか。


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法のページもご覧ください


About

2008年08月25日 22:17に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「08年 第9回夏季那須分析サミット開催」です。

次の投稿は「金谷氏今月のメッセージ (平成20年8月)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34