« 心のマタニティー講座開催のお知らせ(平成20年09月) | メイン | 分析理論講座の日程(平成20年10月) »

今週のメッセージ(平成20年08月分)

オールOK!子育て法に掲載した、「今週のメッセージ」の過去ログです。


安心と安全(平成20年8月25日)

子どもにとっての親の大きさを思う。
他の動物に比べ、未成熟な状態で生まれてくる人間の赤ちゃんにとって外界の危険から守ってくれ、失われた子宮内生活をつなぐ唯一の存在である母親は、極度に高い価値をおびる。
この生物的要素は最初の危機状況をつくりだし、人間につきまとってはなれない、愛されたという要求を生み出す。
とフロイトはいう。
ここで母に守られ、安心と安全を体験できる人は幸せである。
人は、そうでないことが後々まで影響するとは知らずにいる。

OKし続けること(平成20年8月21日)

子どもへのオールOKがすぐには出来なくて、出来ない自分に×(バツ)をつけてしまうことがある。
頭でわかっていても、どうしても「いいよ」が言えなかったり、すぐ反応出来なかったり、はずしてしまったり・・・
それでもあきらめず、やろうとする努力が尊い。
やり続ければ、必ず出来るようになるし、子どもも自分もOKな存在になる。

何気ない風景(平成20年8月12日)

クライアントの家からの帰りに乗った電車のなかでのこと。
4人かけ席の前に、小さな男の子の兄弟を連れたお母さんと一緒になった。
上の子は4歳くらい、下の子は2歳くらいだろうか。
下の子はじっとしていない。
それを怒ることもなく、抱いたりあやしたりしている。
携帯電話をおもちゃにして、お母さんが「返して」といっても「いや」という。
それを無理やりとりあげることもなく、子どもが離すまで待っていた。
男の子のお母さんは大変だなと思いつつ、このお母さんはなかなか大したものだと思った。

天海有輝(宣照真理)

About

2008年09月17日 08:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「心のマタニティー講座開催のお知らせ(平成20年09月)」です。

次の投稿は「分析理論講座の日程(平成20年10月)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34