« 分析理論講座日程のお知らせ(平成21年01月) | メイン | 分析家の独り言 174 (増える子どもの精神科受診) »

分析家の独り言 173 (クリスマスプレゼント)

私事だが、昨日は今年最後、バスケットのリーグ戦の試合だった。

試合開始前、円陣を組んで「忘年会でおいしいお酒を飲むために頑張ろうと」掛け声をかけて試合にのぞんだ。

ちなみに私はお酒は飲まないが。、これでいっそう楽しい忘年会となるだろう。

娘くらいの年齢の若いこ相手に息をきらせながら走り回り、最終戦を勝利で終われた。

12月も中頃となり、これからクリスマス、忘年会、年末年始とせわしなくなる。

そんななか、突然クリスマスプレゼントをもらった。

以前、当ラカン精神科学研究所のHPをみて、メール相談をしたクライアントからメール便が届いた。

送り主の名前に見覚えがあり、すぐにわかった。

カードには、簡単な近況が書かれてあり、いろいろあるだろうが、頑張っている様子が読んで取れる。

どうしているかと時折思うことがあるが、基本的にクライアントからのコンタクトがない限り、こちらから働きかけることはない。

もちろんプレゼントは嬉しかった、と同時にどんな想いでこれを買い、カードを書き、送ってくれたのだろうと思う。

誰かが誰かのことを思う、それが励みになったり、支えになったり、希望につながることもあるだろう。

人と人がつながることの大切さを思う。


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法のページ

不登校・ひきこもりに悩む方々へのページ


京都、福岡、大阪へ毎月出張しております。

About

2008年12月15日 09:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「分析理論講座日程のお知らせ(平成21年01月)」です。

次の投稿は「分析家の独り言 174 (増える子どもの精神科受診)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34