« 分析家の独り言 174 (増える子どもの精神科受診) | メイン | 分析家の独り言 176 (人生を楽しむ) »

分析家の独り言 175 (子どもは親をなどる)

(以下の文章は、クライアントの了解を得て掲載しています)

講座の内容を録音するために、クライアントがICレコーダーを買ったという。

夫に頼んで買ってきてもらい、夫が説明書を読んでクライアントに説明してくれた。

「ふん」「ふん」「それで、どうするの」とICレコーダーに手を伸ばそうとすると、夫はクライアントに触らせないかのようにICレコーダーを遠ざける。

それが何度かあり、「あれっ?」とクライアントは思った。

クライアントの中で、「なぜ?」の問いかけが始まる。

手にとって、実際に操作してみないとわからないのに、何で夫は自分に触らせないのか。

クライアントいわく、夫は自分が得た知識や経験したことを人に教えるのが下手、夫も物を人に教えることが嫌いと言う。

夫はけちで、人に自分が苦労して得た事を教えるのが嫌いなんだと、クライアントは言う。

「それは何でだろう?」また問いかける。

夫の養育史、家庭環境を考え、優秀なお兄さんと格闘してきたことを思うと、こうなるかもと思った。

しかし前なら、まず夫のものの言い方、態度(触らせない)にカチンときて、それを責めていた。

ところが、今はそれが起きない。

それより、「なぜ、こういう言動をとるのだろう?}に意識が行く。

いろんなことを合わせ考えて、「こういう可能あるよな、それならこうなっても仕方ないかも」と思うと、腹立つ人(夫)が、案外いとおしくなる。

さらにクライアントは考えた、今まで夫の気に入らない言動を攻め立ててきたけれど、これってもしかしたら、自分の母親が父親にガミガミ言っていた口調と同じじゃないか。

自分ひとりが頑張っていることで、この家がもっているかのような言い方をする母の言葉を、小さい頃から聞いてきた。

決して良い気持ちはしなかったのに、自分も夫にそうしてきたかもしれない、と思うと恐いと言った。

よくこのクライアントは自ら気がついてくれた。

子どもであった私たちは、こうして親からの影響を受けている。

もっと言えば、親のコピーとなって生きている。

自分は違うと思っていても、親の夫婦関係を再現している可能性は大きい。

それとともに、夫婦共謀が止まらない。

例えば、夫からすれば「お前がこの家を一人できりもりし、頑張るから俺は頑張らなくてもいいやろ」

妻は妻で、「あんたが頼りないから、私が頑張るしかない」

これで夫は何時までたっても、男性性を発揮できず、妻の影に隠れ人としても成長できない。

妻も、男勝りで夫をけなし、共に協力して家庭を営むことができない。

共謀は必やがて行き詰まる。

その裏には、夫婦互いの克服されていない早期幼児期の外傷状況や葛藤がある。

これを分析によって見ていき、明らかにすることで、夫婦の共謀、葛藤は止まる。

そこに気が付きだしたクライアントの一例である。

(夫婦関係の精神分析 /ユルク・ヴィリィ /法政大学出版局  を参照
またはインテグレーター養成講座 「夫婦共謀」で解説)

ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法のページ

不登校・ひきこもりに悩む方々へのページ

月刊精神分析 もご覧ください

京都、福岡、大阪へ毎月出張しております。

About

2008年12月20日 08:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「分析家の独り言 174 (増える子どもの精神科受診)」です。

次の投稿は「分析家の独り言 176 (人生を楽しむ)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34