« 分析家の独り言 176 (人生を楽しむ) | メイン | 京都 子育て相談室(旧 母親教室)日程変更のお知らせ(平成21年1月) »

分析家の独り言 177 (自分を成長させる)

自分に対して他人は勝手なイメージを持って、それを押し付けてくる。

しっかりしてそう、明るくて元気、一人で何でもできる、おとなしくていい子・・・。

様々なイメージを持たれて、それにあわせてしまう、その期待された自己像に自分が応えなければと思うという人が結構いる。

これは鏡の関係で言えば、鏡像の側に自分がとらわれているようなもの。

鏡像を自分だと思っている、しかしそれはあくまでも鏡に写った自分の姿であって、鏡の裏には何もない。

本来自分は鏡の外にいて、実体として存在しているはず、それがない。

これではまるで幽霊ではないか。

実体がないため、人の言葉が気になる、人から自分がどう見られているかに腐心する。

自分に自信がない、もちろん肯定感もない、自分というものがない。

不安定で、誰かに何かを言われれば一瞬で吹き飛ばされてしまいそう。

それらに共通するのは、ほめられたことがない、つまり承認と賞賛がなかった。

自己を尊重されることもなかった。

自己を尊重されるとは、自分の考え、感じ方、欲望を認められるということ。

「あなたの考え、感じ方、何かをしたい・欲しいということは正常で、当たり前のことです」と承認されること。

これを実践するのがオールOK!子育て法。

人にはそれぞれたくさん良いところや無限の可能性がある。

それが育ってくる過程(家庭)の中で、発揮されず、埋もれていくことが残念でならない。

子ども時代になら、親にオールOKされることでしっかりとした自我を形成できるが、大人になってしまった私たちが今からオールOKされるのは難しい。

だからこそ、大人になってから自分探しの旅に出て、本当の自分に会いに行くことから自分を成長させられる。

私は分析を通して、それを知った。


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法のページ

不登校・ひきこもりに悩む方々へのページ

月刊精神分析 もご覧ください

京都、福岡、大阪へ毎月出張しております。

About

2008年12月24日 08:46に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「分析家の独り言 176 (人生を楽しむ)」です。

次の投稿は「京都 子育て相談室(旧 母親教室)日程変更のお知らせ(平成21年1月)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34