« 5月京都 分析理論講座より(報告と追加のお知らせ) | メイン | 分析家の独り言 220 (オールOKの末に見えたもの:その2「人間とは何か」) »

新サイト 『月刊精神分析』 2009年4月号発刊のお知らせ

- 特集  なぜ分析で病が治るのか -

今回は、読者の方から寄せられた質問「なぜ、精神分析(対話療法)で心の病が治るのか?」をもとに構成しました。

無意識について、編集者Aさんと私(宣照真理)の具体例を挙げ解説しています。

甘えを抑圧して、甘えなど無いことにしていた私が、分析によって甘えを言語化・意識化していき、現実生活での変化をもたらした(無意識の意識化)というようにです。

月刊精神分析2009年4月号 (こちらをご覧ください)

<目次>

1、ご挨拶
2、無意識とコンプレックス
3、無視識の形成
4、無意識の意識化
5、無意識の書き換え
6、養育史
7、統合・構成・・インテグレーと
8、終わりに
9、分析家ネットワーク


ラカン精神科学研究所のホームページ

月刊精神分析2008年11月号 私と精神分析 もご覧ください

月刊精神分析2008年12月号 心の栄養学講

月刊精神分析2009年01月号 運命は名前で決まる

月刊精神分析2009年02月号私と精神分析 2

月刊精神分析2009年03月号随筆 精神分析

月刊精神分析2009年4月号 なぜ分析で病が治るのか

About

2009年5月13日 08:24に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「5月京都 分析理論講座より(報告と追加のお知らせ)」です。

次の投稿は「分析家の独り言 220 (オールOKの末に見えたもの:その2「人間とは何か」)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。