« 2010年11月 | メイン | 2011年1月 »

2010年12月 アーカイブ

2010年12月 1日

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第9号発行(2010年12月1日)発行のお知らせ

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

12月1日に、2010年1月 第9号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

No,9今月のメルマガは、子どもの主体性についてです。

親がいくら子どものために良かれと思ってとる言動であっても、子どもの意志や考えを聞かず一方的にやってしまうと、子どもの主体性を奪ってしまします。

そういったいわゆる「いい子」が危ないのです。

興味ある方、メールアドレスを登録してお読みください。


メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

2010年12月 2日

大阪出張セラピーのお知らせ(平成22年12月)

JR大阪駅近辺へ出張します。

日時 : 12月8日(水) 

場所 : 大阪梅田駅周辺 (詳しくはお問い合わせください)

分析料: 10000円 (プラス交通費1000円)


大阪近郊で分析を希望される方、おられましたらご連絡ください。

12月8日(水)13:30~15:30、子育て相談室を開きます。

インテグレーター養成講座、分析理論講座はお一人からでも開きます(ただし一人の場合は1時間)。

次回大阪分析理論講座は、12月16日(木)13:30~15:30です。

詳しくは電話またはFAX、メール等で連絡ください。

いずれも完全予約制となっています。

電話 077-558-8766  携帯電話090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)


ラカン精神科学研究所のホームページ

メルマガ:子育て相談室便り

2010年12月 3日

分析家の独り言 396(市川 海老蔵さん殴打事件)

歌舞伎俳優・市川海老蔵氏の今回の殴打事件。

最初は、一緒に飲んでいた相手を介抱してしていたらいきなり殴られたということだったが、調べが進むうち相手側は「最初に手を出したのは海老蔵。酔いつぶれた元リーダーの頭を揺さぶり、コップの酒をかけた。(海老蔵さんが元リーダーに)『何を酔っぱらっているんだ』などと怒鳴っていた」と主張している、という。

真相はまだはっきりしないし、出てきた言葉を鵜呑みにする訳にもいかないが、 もともと「酒癖はあまりよくない」(歌舞伎関係者)と言われる海老蔵氏。

相手を挑発するような言動があったのだろうか。

歌舞伎界にプリンスと言われ、人気も実力もあったと聞く。

しかし一方で、酒癖が悪く今回の事件が起きた時もかなり泥酔していたという。

なぜそこまで飲まなければならなかったのか。

精神分析ではお酒を飲んで酩酊状態になるということは、胎児・新生児に戻ったと見る。

酩酊ということは、自他の区別がなく、母と一体であった時代(胎児・新生児)の状態である。

今に満足し、今を本当に楽しんでいたなら、人は胎児や新生児に戻ろうとしないだろう。

彼は生まれた時から、歌舞伎役者になることが決まっていたはず。

小さい頃から歌舞伎の稽古をしたことだろう。

歌舞伎役者としての彼の生き方は最初から決まっていて、逆らうことは出来なかったのではないか。

生まれた時から、いや男の子であれば生まれる前から、進むべき人生が決まっているということは、精神分析からみればその子は最初から死んでいたということである。

常に主体性ということを重んじる。

自分の主(ぬし)は自分である。

自分が主体的に自分の人生の選択をその都度決めて進んでいく。

そこに自分というもの、アイデンティティ(自我同一性)、自分への誇りや自信価値観(自己愛)が確立していく。

しかし彼の場合、最初から自分の人生を選択する余地は無かっただろう。

そういう意味で彼は真に生きていたと言えるだろうか。

海老蔵氏はいずれ怪我が治れば歌舞伎役者に戻るのだろうが、自分というものを見つめ自分の生き方を問う時期かもしれない。

彼は相手の攻撃性(暴力・怒り)を挑発するということがあるとしたら、それは彼自身の攻撃性でもあると思われる。

この攻撃性はどこから来るものなのか、本来どこへ向けたいものなのか、それらを意識しておかなければ彼はまた同じ事を繰り返すだろう。


彼が特別ではない。

一般にもこういった、子どもが自分の人生を自分で選び決めていく生き方をしていない例はいくらもある。

そうして死んでいた自分をもう一度自分として生き返らせるために精神分析の戸を叩く人達もまた多い。


ラカン精神科学研究所のホームページ

メルマガ:子育て相談室便り

skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページ

2010年12月 7日

滋賀インテグレーター養成講座開講日程のお知らせ(平成22年12月2回目)

毎月インテグレーター養成講座を開いています。

日   時 : 12月 12日(日) 11:00~14:30 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)

受講費用 : 一受講につき一万円
        初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全三冊)


第23回インテグレーター養成講座 講義内容

性格論Ⅳ《てんかん・ヒステリー気質》
  
  ヒステリー
   ヒステリー症 ヒステリー反応 ヒステリー性格 
  
  問題行動と性格 
   自閉症 非行少年 自己多発者の性格 自己頻発者 多重人格 成熟したパーソナリティー


2011年1月のインテグレーター養成講座は、1月9日(日)、23(日)に開きます。

途中からでも参加いただけます。

また試しに一度受けてみたいという方や、この項目を聞いて見たいという方も、受け付けます。

その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 

遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。

詳しくは、skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。
 
興味・関心のある方、参加希望の方おられましたら下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話ファックス兼用) または 050-3767-6283(OCNドットフォン)

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)


ラカン精神科学研究所のホームページ

メルマガ:子育て相談室便り

2010年12月 8日

滋賀分析理論講座日程のお知らせ(平成22年12月)

滋賀で分析理論講座を開いています。

12月の分析理論講座を下記の日程で開きます。

日時 : 12月11日(土) 9:30-11:30
場所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市)
費用 : 3,000円 (テキスト別途 1冊1,000円)

講座内容 : 『心の発達』   -肛門期の心の発達-
          自律性の獲得(肛門期の発達課題)  肛門期の防衛規制

「正常な発達を遂げた場合、対象の恒常性に対する自己の恒常性もともに分化し確立去れる。・・・」(テキストから一部抜粋)


子育てする上で、また人間を理解するために役立つ理論です。

子育て中の方、妊娠中、結婚前の方、男女を問わず知っておいて欲しいことがたくさんあります。

テキスト途中から、お一人でも参加していただけます。

興味・関心のある方、参加希望の方は下記へご連絡ください。

電話: 077-558-8766 または 050-3767-6283

携帯: 090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)。


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法 のページ

メルマガ:子育て相談室便り

2010年12月 9日

大阪分析理論講座のお知らせ(平成22年12月)

日時 : 12月16日(木)午後1:30-午後3:30
場所 : JR大阪駅周辺 (詳しくはお問い合わせください)
費用 : 3,000円 (プラス交通費500円、はじめての方はテキスト別途 1冊1,000円)

講座内容 : 『心の発達』 -肛門期の心の発達- 
          自律性の獲得(肛門期の発達課題)

「生後22ヶ月から36ヶ月頃の期間が、分離・個体化の第四期にあたり、情緒的恒常性を獲得することが課題である。・・・」(テキストから一部抜粋) 


子育てする上で、また人間を理解するために役立つ理論です。

子育て中の方、結婚前の方、男女を問わず知っておいて欲しいことがたくさんあります。

テキスト途中から、お一人でも参加していただけます。

2名以上の参加があれば、新しく講座を始めます。

お一人で講座を始める場合は、1時間(3,000円)の講座になります。

興味・関心のある方、参加希望の方は下記へご連絡ください。(詳しくはお問い合わせください)

電話: 077-558-8766 または 050-3767-6283

携帯: 090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)。


ラカン精神科学研究所のホームページ

メルマガ:子育て相談室便り

skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページ

2010年12月13日

事故と精神分析 月刊 精神分析 2010年11月号 発刊のお知らせ

『月刊精神分析2010年11月号』は、「事故と精神分析」です。

一般には、自己・怪我は偶然の出来事と言われます。

「運が悪かった」「不注意だった」という言葉で語られて終わります。

ところが、精神分析はその事故はどういう心の作用・あり方から発生したものかを紐解いていきいます。

全ての事象は偶然ではなく必然です。

編集部Aさんが実際に自転車による単独事故を起こし、その事故について分析された事を今回の月間精神分析で紹介しています。

事故による怪我、病気による症状などは心を知る手がかりになり、「身体は心のバロメーターである」と言います。

これを読まれた方が、自分の心を知るきっかけになればと思います。


事故と精神分析 月刊 精神分析 2010年11月号 はこちらをクリックしてください。


『事故と精神分析 月刊 精神分析 2010年11月号 』 目次

 ・ 1、はじめに
 ・ 2、登場人物紹介
 ・ 3、事故発生、処置と経過
 ・ 4、はじめに心ありき
 ・ 5、自己分析(同僚のKさんと)
 ・ 6、事故分析
 ・ 7、終りに
 ・ 8、Webマガジン月刊精神分析&分析家ネットワーク
 


ラカン精神科学研究所のホームページ

過去の月刊精神分析も御覧下さい。

月刊精神分析2008年11月号 私と精神分析

月刊精神分析2008年12月号 心の栄養学講

月刊精神分析2009年01月号 運命は名前で決まる

月刊精神分析2009年02月号私と精神分析 2

月刊精神分析2009年03月号随筆 精神分析

月刊精神分析2009年4月号 なぜ分析で病が治るのか

月刊精神分析2009年5月号 精神分析家をえらびますか?

月刊精神分析2009年6月号 女性と仕事・結婚・出産

月刊精神分析2009年7月号 非行と家庭内暴力

月刊精神分析2009年8月号 酒井法子覚せい剤所事件と分析理論

月刊精神分析2009年9月号 秋葉原無差別殺人事件

月刊精神分析2009年10月号変容と変遷

月刊精神分析2009年11月号分析を受ける 

月刊精神分析2009年12月号私と精神分析 3

 月刊精神分析 2010年1月号 心的遺伝子論 精神分析的産み分け法 

 月刊精神分析 2010年2月号 依存症とは(覚せい剤など)

 月刊精神分析 2010年3月号 ひきこもり 不登校少年 

 いじめ対策 イジメ 苛め 月刊 精神分析 2010年04月号

 婚活相談と結婚生活 月刊 精神分析 2010年05月号

 虐待 月刊 精神分析 2010年06月号

 いい子が危ない 月刊 精神分析 2010年07月号

「子育て相談会 池袋コミュニティカレッジ」 月刊 精神分析 2010年08月号

マイケル・J・フォックスとセラピー 月刊 精神分析 2010年09月号

 アメリカ大陸と精神分析 月刊 精神分析 2010年10月号

2010年12月14日

大阪出張セラピーのお知らせ(平成22年12月)

JR大阪駅近辺へ出張します。

日時 : 12月16日(木) 

場所 : 大阪梅田駅周辺 (詳しくはお問い合わせください)

分析料: 10000円 (プラス交通費1000円)


大阪近郊で分析を希望される方、おられましたらご連絡ください。

この日(12月16日)13:30~15:30、大阪分析理論講座を開きます。

お一人から参加いただけます。

詳しくは電話またはFAX、メール等で連絡ください。

いずれも完全予約制となっています。

電話 077-558-8766  携帯電話090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)


ラカン精神科学研究所のホームページ

メルマガ:子育て相談室便り

2010年12月15日

分析家の独り言 397 (ラカン精神科学研究所HP6万件アクセス)

今日2010年12月15日、ラカン精神科学研究所のホームページのアクセスが6万件を越えた。

ホームページを作って3年半余りになる。

ブログ:宣照真理のセラピー日記メルマガ:子育て相談室便りオールOK!子育て法 や、不登校・ひきこもりに悩む方々へ非行・家庭内暴力に悩む方々へのサイトを読んで分析依頼や子育て相談室、各講座参加への連絡をいただく。

各々詳細をホームページやサイトで紹介しているため、それらを読んで電話等で分析の依頼の連絡が入る。

皆さんよく読んでいただいているようで、中には印刷して人に渡したということも聞いた。

子どもさんの問題や親子関係、ご自身の事、夫婦・パートナーとの関係など相談内容は様々ある。

公共機関や病院、各種療法様々ある中、日本ではまだあまり知られていない精神分析を受けてみようと思う方々がいる。

いくらホームページやサイトを読んだとは言え、精神分析や私という人間がどういうものかわからない中でよく分析を受けてみようと思われる。

藁にもすがる気持ちでパソコンを検索されたり、たまたまひかかったりという事があるのだろうが、人は出会いによって、人生が変わることがある。

最初は半信半疑の出会いであっても、そこに信頼という関係をつくっていくことが治療にもなる。

信頼があるから、頼ってもいいんだと思える。

そしてクライアントは、相談してみよう、これを聞いてみようとなり、誰にも話せなかった事を話してくれるようになる。

本当は親子の間で信頼関係を築き、そういう話が出来ればよかったのだが、話が通じないことが多々ある。

親子でもパートナーとでも出来なかった信頼関係を、インテグレーター(分析家)はクライアントと結んでいく。

また、私のホームページやサイトを見て、全く知らない者同士が信頼関係をつくっていける精神分析という仕事が出来ることを幸せに思う。

これから先どんな人達との出会いがあるのだろうと思うと楽しみである。


ラカン精神科学研究所のホームページ

2010年12月17日

大阪出張セラピーのお知らせ(平成22年12月)

JR大阪駅近辺へ出張します。

日時 : 12月21日(火) 

場所 : 大阪梅田駅周辺 (詳しくはお問い合わせください)

分析料: 10000円 (プラス交通費1000円)


大阪近郊で分析を希望される方、おられましたらご連絡ください。

詳しくは電話またはFAX、メール等で連絡ください。

完全予約制となっています。

電話 077-558-8766  携帯電話090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)


ラカン精神科学研究所のホームページ

メルマガ:子育て相談室便り

2010年12月19日

ラカン精神科学研究所HP予定表(googleカレンダー)の不具合について

12月に入って、ラカン精神科学研究所ホムページに貼りつけたgoogleカレンダーに不具合が生じました。

入力画面と表示された日にちがズレていました。

google側の問題のようですが、ご迷惑をおかけした方々には大変申し訳ございません。

クライアンや初めて子育て相談室や講座に参加する方が、これまではホムページの予定表を見て、分析依頼や講座参加の連絡をいただいてきました。

参加の方は電話はメールにて連絡いただき確認してください。

予定表には、京都・大阪への出張、分析・子育て相談室・各講座を入れています。

京都・大阪へは出張の日以外にも時間が許せば出張します。

まずはご連絡ください。

電話 077-558-8766  携帯電話090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)


ラカン精神科学研究所のホームページ

メルマガ:子育て相談室便り

オールOK!子育て法 のページ

 ラカン精神科学研究所ナビ

2010年12月20日

滋賀分析理論講座日程のお知らせ(平成22年12月)

滋賀で分析理論講座を開いています。

12月2回目の分析理論講座を下記の日程で開きます。

日時 : 12月25日(土) 9:30-11:30
場所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市)
費用 : 3,000円 (テキスト別途 1冊1,000円)

講座内容 : 『心の発達』   -肛門期の心の発達-
          肛門期の防衛規制

「親との排泄をめぐる権力闘争のなかで、身体的快感を満たしたい欲求と、それを親の要求に従って先延ばしにする自己規制を身につけなけなければならならい葛藤に直面する。・・・」(テキストから一部抜粋)


子育てする上で、また人間を理解するために役立つ理論です。

子育て中の方、妊娠中、結婚前の方、男女を問わず知っておいて欲しいことがたくさんあります。

テキスト途中から、お一人でも参加していただけます。

興味・関心のある方、参加希望の方は下記へご連絡ください。

電話: 077-558-8766 または 050-3767-6283

携帯: 090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)。


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法 のページ

メルマガ:子育て相談室便り

2010年12月22日

大阪出張セラピーのお知らせ(平成22年12月)

JR大阪駅近辺へ出張します。

日時 : 12月28日(火) 

場所 : 大阪梅田駅周辺 (詳しくはお問い合わせください)

分析料: 10000円 (プラス交通費1000円)


大阪近郊で分析を希望される方、おられましたらご連絡ください。

詳しくは電話またはFAX、メール等で連絡ください。

完全予約制となっています。

電話 077-558-8766  携帯電話090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)


ラカン精神科学研究所のホームページ

メルマガ:子育て相談室便り

2010年12月27日

オールOK子育て法 今週のメッセージ(平成22年11月分)

オールOK!子育て法に掲載した、「今週のメッセージ」10月の過去ログです。


子どもの進む道(平成22年11月30日)

生まれた時から、自分の将来が仕事が決まっていたとしたら、その子は生まれた時から死んでいるのと同じ事ではないか。
自分で自分の特性を見極め、興味関心のある事に突き進んでいく。
親が出来ることは、その子どもの意志を尊重し、経済的心理的支援をする事。
親は当然の如く、子どもの進むレールを引いてしまう。
その一つに歌舞伎界というのがあるのではないか。
主体を殺され続けた子どもは、後にいつか爆発せざるをえないだろう。

理解(平成22年11月17日)

人は自分を理解されたいと願う。
それは大人も子どもも同じ。
特に小さい子どもには、母や父が自分の世界そのものであり他者である。
この母や父に自分を受け入れられ理解されたら、その子は自分を信じ自分を活かしていくだろう。
大人達もまた、子ども時代に理解されず傷ついた自分を抱えながら生きてきた。
その傷を隠し無かったことにし子どもを育てるが、知らぬ間にまた子どもを理解することなく傷つけている。
この連鎖を止めなければ、真の幸せには行き着かない。

人になる(平成22年11月3日)

子どもに対応していくと、子どもと共に親が変わる、成長する。
それまではただ漫然と目の前の事にとらわれその日をすごして来たが、人生の生きる目的や意味を考え出す。
それは非常に人間らしい事である。
なぜ自分は生まれてきたのか、何のために生きるのか、それを考えるのは人間だけである。
人は人として生まれるが、真に人になるには努力がいる。
それを教えてくれるのが子どもという存在なのかもしれない。


宣照真理

過去の今週のメッセージは、宣照真理のセラピー日記のオールOK子育て法 今週のメッセージと、天海有輝のセラピー日記 分析家の独り言に掲載しています。

ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法 のページ

メルマガ:子育て相談室便り

2010年12月28日

滋賀インテグレーター養成講座開講日程のお知らせ(平成23年1月1回目)

毎月インテグレーター養成講座を開いています。

日   時 : 1月 9日(日) 11:00~14:30 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)

受講費用 : 一受講につき一万円
        初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全三冊)


第24回インテグレーター養成講座 講義内容

性格論Ⅳ《てんかん・ヒステリー気質》
    
  問題行動と性格 
   事故多発者の性格 事故頻発者 多重人格 成熟したパーソナリティー

自己防衛論Ⅰ《心的外傷》
  
心的外傷
   恐怖


平成23年1月2回目のインテグレーター養成講座は、23(日)に開きます。

途中からでも参加いただけます。

また試しに一度受けてみたいという方や、この項目を聞いて見たいという方も、受け付けます。

その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 

遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。

詳しくは、skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。
 
興味・関心のある方、参加希望の方おられましたら下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話ファックス兼用) または 050-3767-6283(OCNドットフォン)

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)


ラカン精神科学研究所のホームページ

メルマガ:子育て相談室便り

2010年12月29日

大阪出張セラピーのお知らせ(平成23年1月)

JR大阪駅近辺へ出張します。

日時 : 平成23年1月6日(木)) 

場所 : 大阪梅田駅周辺 (詳しくはお問い合わせください)

分析料: 10000円 (プラス交通費1000円)


大阪近郊で分析を希望される方、おられましたらご連絡ください。

詳しくは電話またはFAX、メール等で連絡ください。

完全予約制となっています。

電話 077-558-8766  携帯電話090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)


ラカン精神科学研究所のホームページ

メルマガ:子育て相談室便り

2010年12月31日

分析家の独り言 398 (2010年を振り返って;父の役割)

2010年もあとわずかとなりました。

今年一年を振り返り、公私共に様々な事があり、自分自身の課題も新たに見えました。

新しいクライアントとの出会いがあり、クライアント達に教えらることもたくさんあります。

クライアントの年齢は10歳代~60歳代までおられ、最近はお父さんのクライアントも増えました。

子どもの問題は、その母親と子どもののみならず、家族としての全体のシステムを見ていく必要があります。

そういう意味でも、家族の中心となり家族全体を公正で客観的に見、引っ張っていく父親の役目も大きいと言えます。

父親は仕事さえしていればいいというものではなく、家庭で父性性を発揮してもらわなければなりません。

子どもの事を母親だけに任せておくのではなく、積極的に関わってもらいたいと思います。

日常の子どもの世話は母親の役目ですが、家族をまとめここと言ったときの言葉や行動力、、社会のルールを教えるのは父親です。

お父さんに具体的に「これこれこうしてください」と言って実践してもらうと、子どもから「お父さんが変わった」という言葉が聞かれます。

家庭での父親不在(家族の一員ではあるが、父親が機能していない事)によって起こる問題も多いのです。

夫婦である子どもの両親が協力し力を合わせて問題に取り組んでおられます。

父親が仕事に逃げず、家庭、妻、子どもを想い関わり、問題を解決していこうとする姿勢が、家族システムを変え幸せへと導きます。


来年も更にクライアントの皆さんと共に成長・発展していきます。

それぞれにとって実りのある充実した良い年にしましょう。


明日1月1日、ラカン精神科学研究所のメルマガが発行されます。

興味関心のある方お読みください。


ラカン精神科学研究所のホームページ

メルマガ:子育て相談室便り

About 2010年12月

2010年12月にブログ「宣照真理のセラピー日記(ラカン精神科学研究所)」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年11月です。

次のアーカイブは2011年1月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。