« 2011年1月 | メイン | 2011年3月 »

2011年2月 アーカイブ

2011年2月 2日

滋賀インテグレーター養成講座開講日程のお知らせ(平成23年2月)

毎月インテグレーター養成講座を開いています。

日   時 : 2月 6日(日) 11:00~14:30 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)

受講費用 : 一受講につき一万円
        初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全三冊)


第26回インテグレーター養成講座 講義内容

自己防衛論Ⅰ《心的外傷》

  監禁状態
   全面降伏 慢性外傷症候群 

  児童虐待
   悪夢 環境 ダブルシンク ダブル・セルフ(二重自己) 身体への攻撃

自己防衛論Ⅱ《回復》
  治療
   回復 治療者の役割 治療関係 回復の第三段階

平成23年2月2回目のインテグレーター養成講座は、20日(日)に開きます。

途中からでも参加いただけます。

また試しに一度受けてみたいという方や、この項目を聞いて見たいという方も、受け付けます。

その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 

遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。

詳しくは、skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。
 
興味・関心のある方、参加希望の方おられましたら下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話ファックス兼用) または 050-3767-6283(OCNドットフォン)

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)


ラカン精神科学研究所のホームページ

メルマガ:子育て相談室便り

2011年2月 4日

大阪 子育て相談室 日程のお知らせ(平成23年2月)

大阪子育て相談室を開きます。

日 時 : 2月9日(水) 13:30-15:30

場 所 : JR大阪駅周辺(詳しくはお問い合わせください)  

参加費 : 1,000円 プラス交通費を一人500円負担お願います
        (1回:2時間 完全予約制 電話等にて連絡してください)


お一人から参加いただけます。

子どもさんの年齢に関係なく、子育てに関しQ&A方式で相談会を開催しています。

日常の些細な事から、不登校、ひきこもり、非行、神経症など様々な悩み、問題に答えます。


子どもを理解し、親の考え方・態度が変わると、子どもは変化します。

諦めないで取り組めば、打開できます。

そうして頑張っておられる親御さんたちが学んでいます。

興味関心のある方、参加希望の方は下記へご連絡ください。

また都合により日時を変更する場合もありますので、参加の方はメール電話にて必ずご連絡ください。


『子育て相談室』は複数人で行ないますので、個人のご相談は、精神分析になります。

詳しくはホームページを見ていただくか、電話等にてお問い合わせください。

電話: 077-558-8766 または 050-3767-6283

携帯: 090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)。


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法 のページ

メルマガ:子育て相談室便り

2011年2月 5日

金谷氏今月のメッセージ (平成23年1月)

以下は分析家仲間の真理攫取(金谷)氏のHPにある今月のメッセージを私のブログで紹介しているものです。


テーマ

「母親の役割の重要性」

 新年を迎えて思いはせれば、自ずから分析に携わって15年目になった。あっという間の出来事であまり実感もないが振り返ってみても奇跡のようである。

 クライアントとの出会いで多くの事を学ばせてもらった。
クライアントに対し、充分の分析が出来ているだろうかなど反省の点も有るが、幸せになって自律していったクライアント達の努力が今の私を支えていると言えるだろう。

分析で人間の精神の奥深さ・偉大さ・すばらしさを学び、感動を味わった事が大きな財産である。

また、これを転職とし得たこと、生命を与えてくれた神に感謝している。

 分析というものを多く語る事はむずかしいが、人間の苦しみや悩み病気などの原因は、母との養育過程に起因するという事実は強く申し上げたい。しかしこれを唱えると母親達からクレームが来るというのも事実である。

 人間は何も出来ない何も分からない、ただの肉の塊としてこの世に産み落とされる。母と言う養育者無しでは生きて行くことが出来ない全面依存の人形のようなものである。

一般的に母親には乳児は何もわからないし、0歳から1.5歳の時期は何も学習しないと教えている。母乳だけを与えておけばよいと思うから全て適当で、アバウトになってしまう。だから携帯をいじりながら授乳をする。何か用事が出来れば急に授乳をやめる。面倒だから早く断乳をしてしまう。

授乳行為から、赤ちゃんがどれだけ大切なものを学習しているのか、ほとんどの人が知らない。肉体を育てるのではなく、人間にとって大事な「自我」を育てるのだと言っても「自我とは」何か分からない。

 「自我」は何かを求めたり、物を取得したり、自分の行動を積極的に動かしたり、静止したりする基になるものである。

如何に頭が良くても、力が有っても、それを動かし使うメカニズムが無ければ、ただの物体でしかない。

この「自我」を育てるのは、母の対応にかかっている。

授乳行為から母乳を「求めていく自我」が育ち、与えてくれる母を求める自我が育つ。欲しいものや、好きな人を求める自我に育ち、発展、自分が好きなもの・自分に必要なものに興味を持ち、積極的に求め取得し、自分だけのものを作り上げていく。

将来やりたい事・成りたい者へ、自ら決定していく事が出来る様になる。母の偉大なる力が必要なのである。


 最近「イクメン」なるものを提唱しているが、言語道断である。

父は教育者であり、社会性を教えていかなければならない。

養育の場に出てくる事はない。

子供の世話に疲れている妻の手伝いをし、心理面で支える事こそ父の出番である。ごつごつした手で触って欲しくないと赤ちゃんは思っているが、なすすべがない。

父が出来るといっても哺乳瓶でミルクを与えたり、風呂に入れたり、おしめを変えたり、やる事は介護となんら変わりない。

母にしか出来ない事、それを母親が自覚し、養育の大切さを知る。

大変さを嘆く事無く、人間にしていく過程のお手伝いをさせたもらえる優しさあふれる賢母であってほしいと願う。

 もう一つ言わせてもらえるなら「トイレの神様」等と言う歌が随分と持て囃されているが、疑問に思う。

トイレを綺麗にするとべっぴんさんになるとは、理屈にあわない。

姿かたちが出来上がっている子供がトイレを綺麗にして、形が変わるはずもない。

 本来これは妊婦の人に「トイレをいつも綺麗に掃除をすればきっと美人の子供を授かるよ」と言うものであった。しかも掃除したからといって、美人の子供が産まれるわけでもない。

それも真の意味としては、妊婦は高いところを掃除したりしてはいけないが、じっとしていると難産になる。適度な運動が安産に導く。

故に軽い運動を兼ねてトイレ掃除なら丁度良い加減、またその家の人間になる為、に皆が一番使うところを綺麗にして家族の心を安らか〔気持ちよく〕するのが嫁の務めである・妊婦の為でもあるという意味が理にかなっている事実である。嫁か妊婦にさせる為の比喩的表現である。

 余談だが歌っている人は祖母に逆らって後悔したと言っているが、実家が隣にあって祖母にあずけられていた事自体母に見捨てられた人である事の方が問題。理論上から言えば非常に危険な心理状態であるといわざる得ない。

肝に銘じて欲しい「母なくして子供は成長しない」綺麗になりたければ自ら心を掃除する事である。            

                      真理攫取  

金谷精神療法研究所

ラカン精神科学研究所 のホームページもご覧ください

2011年2月 6日

大阪出張セラピーのお知らせ(平成23年2月)

JR大阪駅近辺へ出張します。

日時 : 平成23年2月9日(水) 

場所 : 大阪梅田駅周辺 (詳しくはお問い合わせください)

分析料: 10000円 (プラス交通費1000円)


大阪で出張セラピーをします。

大阪近郊で分析を希望される方、おられましたらご連絡ください。」

またこの日、大阪子育て相談室(13;30-15:30)を開きます。

詳しくは電話またはFAX、メール等で連絡ください。

完全予約制となっています。

電話 077-558-8766  携帯電話090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)


ラカン精神科学研究所のホームページ

メルマガ:子育て相談室便り

2011年2月 7日

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第11号(2011年2月3日)発行のお知らせ

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2011年2月3日に、 ラカン精神科学研究所メールマガジン第11号発行しました。

2月のメルマガは遅れて発行となりました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

No,11今月のメルマガは、「親の言葉」です。

親は自分の無意識のままにコンプレックスを子どもに向けてしまういます。

そのことが、子どものその後の人生に大きな影響を及ぼすとは知らずにです。

親の不用意な言葉で子どもは殺され、心の時計が止まってしまい、いつまでもそこに居続けることになる。

私の事を例に書きました。

言葉の大切さを改めて思います。

言葉で人を殺す事も出来るし、言葉で救う事も出来る。

そんな言葉を安易に子どもにかけていないでしょうか。

興味ある方、メールアドレスを登録してお読みください。


メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

2011年2月 8日

滋賀分析理論講座日程のお知らせ(平成23年2月)

滋賀で分析理論講座を開いています。

平成23年2月1回目の分析理論講座を下記の日程で開きます。

日時 : 2月11日(金) 9:30-11:30
場所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市)
費用 : 3,000円 (テキスト別途 1冊1,000円)

講座内容 : 『心の発達』   -肛門期の心の発達-
          肛門期の防衛規制

「これらの防衛が、内的には自我と本能リビドーとの分割を促し、厳しい親の叱責と禁止に対し自我欲求を延期したり、それに対抗したりする抑圧と抑制の規制を発達させて、じがと外界がますます分離、分化していく。・・・」(テキストから一部抜粋)


子育てする上で、また人間を理解するために役立つ理論です。

子育て中の方、妊娠中、結婚前の方、男女を問わず知っておいて欲しいことがたくさんあります。

テキスト途中から、お一人でも参加していただけます。

興味・関心のある方、参加希望の方は下記へご連絡ください。

電話: 077-558-8766 または 050-3767-6283

携帯: 090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)。


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法 のページ

メルマガ:子育て相談室便り

2011年2月 9日

オールOK子育て法 今週のメッセージ(平成22年12月分)

オールOK!子育て法に掲載した、「今週のメッセージ」12月の過去ログです。


主体性の抹殺(平成22年12月17日)

親は子どもに良かれと思い、自分の経験などからあれこれ指示をする。
子どもの意向を聞いて、相談しながら事を進めるのならいいが、一方的に決めてしまう事がある。
それが習い事であったり、進路であったり、日常の些細な事であったりする。
いすれにしても親が子どもの意見を聞かずに一方的に子どもの事を決めてしまったのでは、子どもの主体性を殺す事になる。
そうするうちに子どもは親の言う通りに動かされるロボットにされていく。
これは主体性の抹殺=精神的死である。

言い訳せず謝る(平成22年12月6日)

オールOKしようとしても、なかなか出来ず失敗することもある。
子どもからの言葉という記号をしっかり受け取り、その通りに反応する。
子どもからクレームが付いたとき、言い訳・弁明をせずに謝る事。
しかし母親には抵抗がある。
つい事情を説明したり、自己弁護をしてしまう。
素直に謝る親から、子どももまた謝る事を学ぶ。
子どもを尊重していれば、子どもからも同じものが返ってくる。
思いやりをかければ、思いやりも返って来る。
否定したり、拒否すれば、それもまたそのまま戻って来る。

宣照真理


過去の今週のメッセージは、宣照真理のセラピー日記天海有輝のセラピー日記 分析家の独り言に掲載しています。


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法 のページ

メルマガ:子育て相談室便り

2011年2月10日

大阪分析理論講座のお知らせ(平成23年2月)

大阪で分析理論講座を開きます。

日時 : 2月15日(火)午後2:00-午後4:00
場所 : JR大阪駅周辺 (詳しくはお問い合わせください)
費用 : 3,000円 (プラス交通費500円、はじめての方はテキスト別途 1冊1,000円)

講座内容 : 『心の発達』 -肛門期の心の発達- 
          肛門期の防衛規制

「排便の喪失感は同時に快感でもあり、自分の糞便は愛着もあり汚いこともあり、この二面性と両価性を、社会適合(親の要求にあった)したきれい好きと潔癖(保持)さに変えることによって葛藤を回避する。これを反動形成という。・・・」(テキストから一部抜粋) 


子育てする上で、また人間を理解するために役立つ理論です。

子育て中の方、結婚前の方、男女を問わず知っておいて欲しいことがたくさんあります。

テキスト途中から、お一人でも参加していただけます。

2名以上の参加があれば、新しく講座を始めます。

お一人で講座を始める場合は、1時間(3,000円)の講座になります。

興味・関心のある方、参加希望の方は下記へご連絡ください。(詳しくはお問い合わせください)

電話: 077-558-8766 または 050-3767-6283

携帯: 090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)。


ラカン精神科学研究所のホームページ

メルマガ:子育て相談室便り

skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページ

2011年2月11日

京都 子育て相談室日程のお知らせ(平成23年2月)

日 時 : 2月16日(水) 10:30-12:30

場 所 : ひと・まち交流館京都(JR京都駅から徒歩15分)  

参加費 : 1,000円(1回:2時間 予約制 電話等にて連絡してください)


お一人から参加いただけます。

子どもさんの年齢に関係なく、子育てに関しQ&A方式で相談会を開催しています。

日常の些細な事から、不登校、ひきこもり、非行、神経症など様々な悩み、問題に答えます。


子どもを理解し、親の考え方・態度が変わると、子どもは変化します。

諦めないで取り組めば、打開できます。

そうして頑張っておられる親御さんたちが学んでいます。

興味関心のある方、参加希望の方は下記へご連絡ください。

また都合により日時を変更する場合もありますので、参加の方はメール電話にて必ずご連絡ください。


『子育て相談室』は複数人で行ないますので、個人のご相談は、精神分析になります。

詳しくはホームページを見ていただくか、電話等にてお問い合わせください。

電話: 077-558-8766 または 050-3767-6283

携帯: 090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)。


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法 のページ

不登校・ひきこもりに悩む方々へ のページ

非行・家庭内暴力に悩む方々へ のページ

2011年2月12日

大阪出張セラピーのお知らせ(平成23年2月)

JR大阪駅近辺へ出張します。

日時 : 平成23年2月15日(火) 

場所 : 大阪梅田駅周辺 (詳しくはお問い合わせください)

分析料: 10000円 (プラス交通費1000円)


大阪で出張セラピーをします。

大阪近郊で分析を希望される方、おられましたらご連絡ください。」

またこの日、大阪分析理論講座(14;00-16:00)を開きます。

詳しくは電話またはFAX、メール等で連絡ください。

完全予約制となっています。

電話 077-558-8766  携帯電話090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)


ラカン精神科学研究所のホームページ

メルマガ:子育て相談室便り

2011年2月14日

滋賀インテグレーター養成講座開講日程のお知らせ(平成23年2月2回目)

毎月インテグレーター養成講座を開いています。

日   時 : 2月 20日(日) 11:00~14:30 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)

受講費用 : 一受講につき一万円
        初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全三冊)


第27回インテグレーター養成講座 講義内容

自己防衛論Ⅱ《回復》
  治療
   回復 治療者の役割 治療関係 回復の第三段階

 安全(第一段階)
   自己統制の回復 安全な環境をつくる 第一段階の完了
  
  想起と服喪追悼(第二段階)
   物語る 物語の再構成 服喪追悼 無時間

平成23年3月のインテグレーター養成講座は、13日(日)、20日(日)に開きます。

途中からでも参加いただけます。

また試しに一度受けてみたいという方や、この項目を聞いて見たいという方も、受け付けます。

その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 

遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。

詳しくは、skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。
 
興味・関心のある方、参加希望の方おられましたら下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話ファックス兼用) または 050-3767-6283(OCNドットフォン)

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)


ラカン精神科学研究所のホームページ

メルマガ:子育て相談室便り

2011年2月20日

大阪出張セラピーのお知らせ(平成23年2月)

JR大阪駅近辺へ出張します。

日時 : 平成23年2月23日(水) 

場所 : 大阪梅田駅周辺 (詳しくはお問い合わせください)

分析料: 10000円 (プラス交通費1000円)


大阪で出張セラピーをします。

大阪近郊で分析を希望される方、おられましたらご連絡ください。

詳しくは電話またはFAX、メール等で連絡ください。

完全予約制となっています。

電話 077-558-8766  携帯電話090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)


ラカン精神科学研究所のホームページ

メルマガ:子育て相談室便り

2011年2月22日

滋賀分析理論講座日程のお知らせ(平成23年2月)

滋賀で分析理論講座を開いています。

平成23年2月2回目の分析理論講座を下記の日程で開きます。

日時 : 2月26日(土) 9:30-11:30
場所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市)
費用 : 3,000円 (テキスト別途 1冊1,000円)

講座内容 : 『心の発達』   -肛門期の心の発達-
          肛門期の関係障害

「対立するテーマを内部に統合し得ずに、極端または一面しか表現し得ない偏執的行動化をしてしまうことを関係障害という。・・・」(テキストから一部抜粋)


子育てする上で、また人間を理解するために役立つ理論です。

子育て中の方、妊娠中、結婚前の方、男女を問わず知っておいて欲しいことがたくさんあります。

テキスト途中から、お一人でも参加していただけます。

興味・関心のある方、参加希望の方は下記へご連絡ください。

電話: 077-558-8766 または 050-3767-6283

携帯: 090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)。


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法 のページ

メルマガ:子育て相談室便り

2011年2月24日

大阪出張セラピーのお知らせ(平成23年2月)

JR大阪駅近辺へ出張します。

日時 : 平成23年2月28日(月) 

場所 : 大阪梅田駅周辺 (詳しくはお問い合わせください)

分析料: 10000円 (プラス交通費1000円)


大阪で出張セラピーをします。

大阪近郊で分析を希望される方、おられましたらご連絡ください。」

詳しくは電話またはFAX、メール等で連絡ください。

完全予約制となっています。

電話 077-558-8766  携帯電話090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)


ラカン精神科学研究所のホームページ

メルマガ:子育て相談室便り

2011年2月27日

金谷氏今月のメッセージ (平成23年2月)

以下は分析家仲間の真理攫取(金谷)氏のHPにある今月のメッセージを私のブログで紹介しているものです。


テーマ

「伝承」

 古来から人間は何かと子孫達に伝えたいと言う欲望がある。
古代エジプトのヒエログリフなどに見られる象形文字は、何かを伝えようとしたものであるが、時代の変遷までも予測できなかったのだろう。故に後の人間が理解するのに困難である。

同じ様にお釈迦様が弟子達に伝えた仏の教を、弟子達があまりにも尊い教えなので書き残し、伝えようとしたお経などは難解である。

 しかし変化し発展した今でも残っているのは、伝えようとしたお釈迦様の意思と書き残してまでも、伝えたいと言う弟子達の意志の強さであろう。

 一般の人でも会社にあっては社訓・家にあっては家訓・等を伝え残している人達もいる。
一代では成しえなかった事などは、子孫に託したいと強く思う人もいる。
これは表に出ている意識上のことであるが、心理学では真に伝えようとする事は無意識にあると観る。
それは結果として現象化とし意識上に現れてくる。

 今、NHK大河ドラマ「江」が放映されているがその江というヒロインの中に父の思いがひしと伝わってくる。

 有力武将の織田信長・豊臣秀吉・徳川家康などがあまりにも有名なので、その影に隠れてあまり名前は知られていない「江」の父親(近江国・小谷城主浅井長政は、信長の妹・お市と結婚し勢力を増した。

しかし長政は、朝倉義景と結んで信長と戦うことになり、姉川の戦で大敗し小谷城で自刃。
長政は、お市との間に長姉・茶々〔後に秀吉の側室になった淀殿〕
次姉・初〔後に高脇高次の正室常高院〕三女の江〔崇源院〕がいた。

信長に破れ長政は自らの命は助からぬと知った時、お市と三姉妹を道連れにせず、生きる事を選ばせた。

 ここに長政の無意識の願いを見た。お市は生きる事を選び、長政の意思を継ぎ実現する為に長政の死後、柴田勝家と再婚するが勝家も秀吉に滅ぼされる。
この時お市は三姉妹に生きる事を伝え、自身は勝家と共に自刃する。


 長政自らが出来なかった天下統一・平穏で民が安心して暮らせる国づくり、これを三姉妹に託したと思われる。
父親の真意を妻であるお市が受け取り、子ども達に伝えた繋いだのである。

江はその意思を、佐治一成と婚姻、次に羽柴秀勝と再婚、最後に2代将軍・徳川秀忠と再婚し千姫を産み、3代将軍家光を産み繋いだ。

徳川将軍・御台所〔正室〕で将軍の生母となったのは、後にも先にも崇源院だけである。

子供はほかに一男4女を儲けた。

 長男は3代将軍で、5女の徳川和子〔まさこ〕は御水尾天皇の中宮になり第109代明正天皇の母〔東福門院〕になった。

ここまでの道のりの結果は、長政の本心ではないかと考えられる。

子供を通して天下を取り、天皇にもなった。

この様な実現の仕方もあるのだと。

 日本には世襲制度があり、世嗣は男子と勝手に決め、女子を軽んじ男子を重んじる、とんでもない制度が出来てしまっているが、お市・江に関しては、女性でも充分世嗣の役割が出来る事を証明したと言える。

 誰が家を名前を継ぐかではなく、しっかりと意思を継いで行けるかと言うことにある。

京都東山にある養源院は、淀殿が秀吉に願って父・浅井長政の供養の為に創建した。1619年火災により焼失してしまったのだが徳川秀忠の正室崇源院〔江〕の願いにより再興され、以後は徳川家の菩提所になった。

 私は血天井を一度見たくて養源院を訪れた。まづ山門を潜ると真っ直ぐになだらかな上り坂の参道に立ったとき、娘達の父への尊敬と優しい愛を感じ取った。

奥へと進み、本堂は伏見城の殿舎を移築したもの、家康の家来・鳥居元忠以下1000人が城を死守し、最後に自刃した廊下の板の間を供養の為に天井に使ったと伺った。見上げると今も生々しい血の痕が残っているのが見え当時の悲惨な状況を物語っている。

座敷の中正面には俵屋宗達作の虎の襖絵があり、この虎の目は何処から見ても正面から見てる様に見える。

親のまなざしはこうあって欲しいもの。いつも見守られている安心感がある。など色々感じさせられる京都だったが、長い歴史の中で多くのものを伝えてもらっている事、受け継いだ我々はそれを生かしているのだろうかとも考えさせられた。

 命を懸けて残してもらったものを日頃忘れてはいないだろうか、私は精神分析を知り学んだ事により、過去の人々が本当に伝えたかった事、それを如何に伝えていくべきであるか考え、やはり結論は親が子供に伝える事が一番いいのである伝えられる親であってほしいと願う。
いつも母親の役割の重要性・父親の役割の大切さを語っているがどれだけ伝わっているのだろうか。でも私はずっと伝えて行くだけです。

人間は人間を知って、人間として生きて行き、人間を残して、一生を終える。ダイナミズムの生涯だと思う。   
        
                      真理攫取  


金谷精神療法研究所

ラカン精神科学研究所 のホームページもご覧ください

About 2011年2月

2011年2月にブログ「宣照真理のセラピー日記(ラカン精神科学研究所)」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年1月です。

次のアーカイブは2011年3月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。