« 大阪出張セラピーのお知らせ(平成23年3月) | メイン | 金谷氏今月のメッセージ (平成23年3月) »

分析家の独り言 399 (ラカン精神科学研究所HP7万件アクセス:月刊精神分析2009年9月号 秋葉原無差別殺人事件)

ラカン精神科学研究所のHP並びに各サイトへのアクセスが、昨日一日で3400ほどあり一気に7万を越えた。

昨日は、秋葉原連続殺傷事件の加藤智大被告の裁判で判決が言い渡される日であったため、秋葉原連続殺傷事件を検索する人達のアクセスが増えたと思われる。

月刊精神分析2009年9月号 秋葉原無差別殺人事件

昨日の裁判で、08年6月に東京・秋葉原で起きた無差別殺傷事件で、17人を殺傷したとして殺人などの罪に問われていた加藤智大被告(28)に対し、東京地裁は24日、死刑を言い渡した。

判決で東京地裁は、「犯行を思いついた発想の危険さ、残虐さ、冷酷さは被告人の人格に根差したものであり、更生は著しく困難である」と述べた。

被害者の皆さんにとっては当然の結果であり、望まれることだと思う。

しかし、彼が死刑になったとしても、第二、第三の加藤被告が現れないとは限らない。

可能なら、彼の養育史を丹念に聴き心の構造を分析し、今後同じような事件を予防するために私たちが知り考える事が出来ないかと思う。


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法 のページ

不登校・ひきこもりに悩む方々へ のページ

非行・家庭内暴力に悩む方々へ のページ

メルマガ:子育て相談室便り

About

2011年3月25日 10:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「大阪出張セラピーのお知らせ(平成23年3月)」です。

次の投稿は「金谷氏今月のメッセージ (平成23年3月)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。