2019年3月 1日

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第108号(2019年3月1日)発行のお知らせ


ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2019年3月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン108号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,108今月のメルマガのテーマは、「『オールOK 』子育て法:人は~したい欲望を抹殺されて死体になる」です。


...応答・反応しない、無視する、沈黙する母が居たとします。

この無視・無反応、沈黙は"無言の抵抗"であり、

更にこれを『受身的攻撃性』といいます。

...子どもは「ゲームを買って欲しい」、「ディズニーランドに行きたい」など

「~したい」という欲望を母に伝えます。

...これを宅配便に例えます。

私達は、送られてきた宅配便の品物をサインして受け取ります。

サインされない品物(子どもの欲望)は、(母に)受け取り拒否され、

送り主(子どもの)に戻されます。

...それは欲望が破壊され、抹殺された事になります。

...この欲望の破壊と抹殺は、攻撃であるという事です。

母に届けられた子どもの欲望をサインし受け取らない事が、

子どもの欲望を破壊しているとは、母は思いません。

...こうして積極的にしろ、受身的にしろ攻撃され続ければ、

欲望の死骸は増えていき、「~したい」は死体になっていきます。

...更には、子どもは自分の欲望が間違っているから拒否されたと思います。

そもそも「欲する事がいけない事だ」と思ってしまい、

欲望しなくなります。

...それでも子どもは、見たもの、聞いたもの、触れたものが欲しくなります。

そうして欲しがる自分は悪い子だと思い、自己否定感に至ります。

...精神分析に出会い、「欲望を出す事がいい事だ」といわれました。

それが人間らしく生きる事であると知りました。

...子どもに言われた通りしない事は沈黙に等しく、

子どもの欲望の言葉に従い、『オールOK 』しない限り

受身的または積極的攻撃性になるという事です。

(メルマガより一部抜粋)


興味ある方はお読みください。


第108号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。


フォンドル・セラピー


ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   
          連絡先  ℡090-7357-4540

2019年2月 5日

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第107号(2019年2月1日)発行のお知らせ


ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2019年2月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン107号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,107今月のメルマガのテーマは、「健康な自己愛:人として成長する」です。

 
人は自己愛の傷つきを恐れ、必死で、命がけで自己愛を守ろうとします。

けなされたり怒られたりする事で自分の価値が下げられ、自己愛は傷つきます。

賞賛させるなどして自分の価値が高まれば、

自己愛も高まり「私ってすごい」となります。

...自分の無い人は自分で自分の価値を決められないため、他者の評価に頼ります。

いい人と言われたい、優れていると評価されたいと思い、

そう思われるように振る舞います。

...また、自己愛の傷つきを守るために、自分より能力などの劣る人付き合います。

...自分より下と見える人を見て、付き合った方が、

まだ自分のほうがマシだと思い、幸せを感じられます。


...例えば「潰された私」が分かれば、「潰された」を否定して、

「生かす」に書き換えます。

...そうするとどうなるか。

「あの人が嫌いだ」「気に食わない」と人の欠点、あら捜しをしますが、

人の良いところを探して、そこをパクリます。

結果的に、自分が成長する事になります。

...年齢・性別に関係なく人間にはその人その人に備わった

個性、良いところがあります。

...それを引き出すことが、その人を生かす事です。

...いやもっと精神分析は、"人間は皆、真理を宿している"といいます。

...自分ほど偉い人間は居ない、自分の考えは絶対正しいという

誇大自己を捨て、人から学ぶという態度

つまり、"我以外、皆我が師"と思えば、

真理の声が聴こえます。

             (メルマガより一部抜粋)


興味ある方はお読みください。


第107号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。


フォンドル・セラピー


ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   
          連絡先  ℡090-7357-4540

2019年1月 1日

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第1056号(2019年1月1日)発行のお知らせ


新年、明けましておめでとうございます。

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2019年1月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン106号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,106今月のメルマガのテーマは、「自己規定:自分を知ること、自分を書き換える、健康な自己愛、幸せになる」です。
 
私事ですが、去年2018年1月に滋賀県から埼玉県に引っ越し

約一年間、我が師のもとで個人分析と精神分析理論を学んできました。

...ラカン理論は欲望論であり、幸福に至る理論であると考えました。

...私は精神分析によって、"無知な自分"を知りました。

...精神分析の中に『自己規定』ということがあります。

...優しく穏やかな自分もいれば、攻撃的な自分も、

真面目な自分と不真面目な自分もいます。

...相反したり矛盾したり、マイナスの自分、

それら全て自分だと認めるのは難しいことです。

特にマイナスの自分は認めたくないので、排除してしまいます。

...自分ではないと切り離して外に放り出した自分は他者に投影され

その人が気に食わないとか、腹が立つと言って嫌います。

...良い自分も悪い自分もどんな自分も、自分として輪っかをかけます。

...嫌悪する対象が多いということは、それだけ嫌悪する自分が居るということです。

...自己規定とは自分の様々な自我を一つにまとめる作業です。

...自己規定できれば、これから進む方向性が決まります。

...ここで問題は、自己規定は自分一人では難しいことです。

完全に第三者の位置から、純粋に客観的に自己を表記するのは不可能です。

...そこで要請されるの精神分析です。

人は本当に自分を知りたくなった時、精神分析の戸を叩きます。

...全ては自分次第だとわかります。

自分が変われば世界が変わる。

...納得のいかない、またはマイナスの自分を知り、規定したら、

それを否定し新たな自我(言語)を書き込み、書き換えることができます。

...この自己規定が自己愛へと展開・発展していきます。

(メルマガより一部抜粋)


興味ある方はお読みください。


第106号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。


フォンドル・セラピー


ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   
           連絡先  ℡090-7357-4540

2018年12月 2日

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第105号(2018年12月1日)発行のお知らせ


ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2018年12月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン105号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,105今月のメルマガのテーマは、「信頼がもたらしたひねくれ者から素直」です。
 
何故か子ども心に、この親の言う通りに生きたら大変な事になると

私はどこかで感じていたように思います。

...親の言動を何かおかしいと思いながらも、言うことをきかなければ、

待遇が悪くなったり、怒られたりします。

...訳のわからない言動、感情爆発。

そんな中で、親に飲み込まれないように必死で生き延びた。

そのためにはひねくれるしかなかった。

...親という障害物に出来る限りぶつからないように、身を捩りながらかわしますが、

関わらない訳にはいかないのでぶつかり、傷もたくさん負いました。

結果、自己評価は低く、自信もなく、不安を抱え怯えながら生きた日々。

後に精神分析に出会い、自分と向き合い、自己に対する知を得ていきました。

また個人分析や精神分析の理論を学ぶ中で、

「素直が大事」、「素直が一番」と言われました。

...ある時、私の背ほどあるガジュマルの木を見つけました。

普通はまっすぐに伸びる幹を、わざと人工的に曲げて仕立てありました。

私は曲げられた幹を面白い、味わいがあると感じました。

...この木に自分を投影して見たということです。

...嫌悪する対象が多いということは、それだけ嫌悪する自分が居るということです。

...我が師スーパーバイザーに、「あなたはもう素直になった」と言われました。

その言葉を疑うことなく、「ああ、そうなんだ、よかった」と思いました。

24年に渡る長い付き合いの中で、精神分析を通して私を見てきてもらった

その人の言葉を嬉しい感情と共に受け取りました。

...分析者(我が師)に親のように私を育て直してもらった、

...精神分析だからこそ出来たことと考えます。
                     (メルマガより一部抜粋)

                DSC_0049.JPG
興味ある方はお読みください。


第105号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。


フォンドル・セラピー


ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   
           連絡先  ℡090-7357-4540

2018年11月 1日

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第104号(2018年11月1日)発行のお知らせ


ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2018年11月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン104号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,104今月のメルマガのテーマは、「我が師大澤秀行著『病気は心がつくる』出版に寄せて」です。
 
11月7日、我が師(大澤秀行氏)が書いた『病気は心がつくる』が

論創社より出版されます。(2700円)

アマゾンで予約注文を受付中です。

...人には現象・現実の事実、つまり現象界における因果の結果と、

この現象とは関わりのないその人の"心的事実"があります。

...その例の一つ、オレオレ詐欺(振込詐欺)、

...これは人間には心的事実を優先する構造があるためです。

更に言えば、勝手に物語を作ってしまい、それを自分の事実にしてしまいます。

...現実にある現象をそのものとして見て認識しているのではなく、

見たいように見て、思いたいように思いそれを心的事実にして、

その人の意味・心が現象を作り出していることになります。

...ラカンによれば現実界に所属するのが肉体。

意味・言葉による心的事実が現実・現象をつくる、

つまり肉体をつくっているのは心的事実であることになります。

だから"病気は心がつくる"ということになり、これを"心身症"といいます。

...例えば、転移。

分析における転移と、病気の転移があります。

肉体の病気である転移は、ガン細胞が他の臓器に移ることです。

分析でいう象徴界における転移とは、

他者(分析者)を親とみなす感情の転移、同一視を指します。

...このメカニズムを心的に構造化しない人は、肉体で病気の形でそれをすると

著者である我が師は定義しました。

肉体で転移するのはガン細胞が転移していきます。

この治療法は、ガン細胞の転移を心的転移に変換することです。

...ただこれが簡単なことではなく、愛着対象をつくらなければなりません。

これができればガンは消えます。

これを精神分析を通して愛着を知り、心的転移に変換していきます。

実際にガンが消えた症例がいくつもあります。

(メルマガより一部抜粋)


興味ある方はお読みください。


第104号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。


フォンドル・セラピー


ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   
連絡先  ℡090-7357-4540

2018年10月11日

分析家の語らい 35(言葉に従う:親の言葉)


人間は言語を使い、その言語に従う構造を持っているとラカンはいいます。

それを大文字のA、大他者といいます。

例えば、それまでは普通に立ち入り、歩いていた場所が、事件・事故が起こり、

規制線「KEEP OUT」の文字のテープが張られた瞬間、

一般人は立ち入れなくなります。

これはその言葉の意味を理解し従った結果です。

しかし、その文字が読めない人、意味を理解しない人、

または「KEEP OUT」の文字に従わない人は立ち入ります。

ルール、掟、法は言語で条文にされています。

この法を順守することで、社会の秩序も守られます。


この世に生み出されたばかりの小さな人間は、まだ言葉も知らず、

泣くことでしか自己表現できません。

後に言葉を覚え、生活面、生きていく術を親から教えられます。

その親の言葉に従い生きることが善であるとか、そうでなければならないとまで

教えられ、強いられることもあります。

親の言葉、教えや考え・価値観が正しければいいのですが、

偏りがあったり、間違っていたとしたら、

その子の人生に大きなマイナスの影響を与えます。

子どもにどういった言葉をかけたか。

不安の強い親は、自分の不安から言葉を選んで話すでしょう。

不満・怒りがあり攻撃的な親は、攻撃的言葉を吐くでしょう。


自分はどういった言葉をよく聞き、

親となった時、子どもにどういった言葉を言ったか。

それによって自分をどう意味づけたか。

マイナスを帯びた言葉であれば、下の代に行くほどマイナスは強化されて

伝えられていき、悲鳴を上げるでしょう。

それは言葉にならない、外に出せない心の叫びかもしれません。


人はその言葉を抱えていることに気づいていなかったり、

自分に違和感を感じていたり、

不安や訳のわからないイライラを感じていたりします。

それを言葉にして吐き出せる場所が分析場面、セラピールームです。


      ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


埼玉県鴻巣市富士見町7-10   ℡090-7357-4540


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

フォンドル・セラピー

2018年10月 2日

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第103号(2018年10月1日)発行のお知らせ


ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2018年10月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン103号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,103今月のメルマガのテーマは、「考えてこそ人間」です。
 
我が師にいつも言われてきたことの一つに、「考える」ということがありました。

...自分では考えているつもりでも考えていない、思考していないとは、

どういうことかを考えました。

その時、まず頭に浮かんだのは、

子どもの頃から、何かトラブルがあったりして

思った通り、予定通りに事が運ばないと、オロオロして

パニックになってしまうことがよくあったこと。

...子ども時代から、父母、祖父母からよく怒られました。

それもランダムに脈絡なく、理不尽に突然。

今ならわかります、それが彼らのコンプレックスであり、

その時の気分によるものだと。

しかし子どもの私には、なぜ彼らが怒るのか、

その理由と原因がさっぱり分かりません。

...怒られる理由をいくら考えても分からないので、

子どもの私は考えることを放棄した。

以後、あらゆることを考えない・思考しない人間になってしまいました。

...パスカルの「人間は考える葦である」という言葉があります。

...考えることが人間の本質であるということ。

...訳の分からないこと、納得のいかないことは恐いことです。

だからこそ、精神の科学といわれる精神分析に興味を持ち、

"かくすればかくなる"論理的世界に行きたかった、

それが私を牽引してくれました。

            (メルマガより一部抜粋)


興味ある方はお読みください。


第103号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。


フォンドル・セラピー


ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   
連絡先  ℡090-7357-4540

2018年9月 2日

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第102号(2018年9月1日)発行のお知らせ


ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2018年9月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン102号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,102今月のメルマガのテーマは、「子どもを見守り支える」です。
 
...お母さん方は「ああしなさい」「こうしなさい」「それしちゃだめ」と

命令指示や文句が多すぎます。

そのため、まず口をチャック、口を閉じてもらいます。

そして子どもが何を言っているかよく聴いて、それに応えます。

...『オールOK 』の話をすると、「必ず」と言っていいほど、

お母さん方は「じゃあ、放っておけばいいんですね」と言われます。

お母さん方にとって、口を出さない=放っておくことです。

私は「いいえ、放っておくのではなく、見守るのです」と言います。

...見守るとは、監視の目ではなく

あたたかいまなざしを向けるということです。

支配でも放任でもなく、子どもに寄り添うことです。

そうすると、何かあったときに支えられます、助けられます。

見守られていると、何か困った時、不測の事態が起きた時には

サポーとしてもらえるので、子どもの心は安定します。

そうすれば、他者はじめ、外界に対して興味・関心をもって

関わって行くでしょう。...

            
(メルマガより一部抜粋)


興味ある方はお読みください。


第102号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。


フォンドル・セラピー


ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   
連絡先  ℡090-7357-4540

2018年8月 2日

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第101号(2018年8月1日)発行のお知らせ


ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2018年8月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン101号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,101今月のメルマガのテーマは、
「日本ボクシング連盟会長山根明氏への告発状から:自己愛を考える」です。
 
日本ボクシング連盟会長山根明氏に対し、都道府県連盟の幹部や元五輪選手

ら333人が「関係各所」に告発状を提出したといいいます。

...人間には自己愛があり、人からいい人と見られたい、誉められたい、

人より優秀でありたい、と思います.

それらが自分の価値を高めてくれます。

社会では、社会的地位、身分、階級があり、

より高い地位・身分・階級にいることで、自己愛が備給されます。

反対に他者より自分が下になると、自己愛は傷つきます。

...人と比べ競争し、自分が上になれないと思うと、

相手を潰すことを考えます。

それが日大のアメフト部で内田前監督と井上元コーチが

選手に指示したことです。

...社会的に高い地位と権力を得た人は、

自分が他より優位であることを維持し、

証明し続けなければなりません。

...証明をするには、命令指示し続けることです。

そういう支配と服従の関係を作り、支配者になることです。

他者が自分の命令指示通りに動き、支配している限り、

自己愛は備給され続けます。

...競争によって自己愛の争奪戦をするのではなく、

謙虚な気持ちで、他者の中に自分に無い良いところを見出し、

それをとりいれて自分を成長させることを精神分析は目指します。 
            
(メルマガより一部抜粋)


興味ある方はお読みください。


第101号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。


フォンドル・セラピー


ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   
           連絡先  ℡090-7357-4540

2018年7月19日

分析家の語らい 34(ドラマ『チアダン』より:自分に必要な言葉)


7月から始まったTBSのドラマ『チアダン』を観ました。

このドラマの中で、

「(それが)出来るかどうかより、したいかどうかだ」というセリフがありました。

ハッと気付かされます。

今の私に言われているようです。

出来るか出来ないか、結果を自分で決めて思い悩むのではなく、

それがやりたいのなら、そういう自分になりたいのなら、

そこに向かって行くしかない。

自分の脳が限界決めてしまったのでは、出来るものも出来なくなる。

そうだよねと、一人気づき、反省しました。


ラカンのいう象徴界から、自分に必要な言葉が降り注いているといいます。

それを宗教的にいうなら、神の言葉です。

誰の上にも必要な言葉が降り注いでいますが、

それを受け取り聴き取るセンサーや能力がないと聞き流され、心に留まりません。

ラカンやフロイト、神がいつも側にいて観ていてくれる。

そして必要なときに、必要な言葉を、人を通して語りかけてくれる。

そう感じられることが、鴻巣に引っ越して増えました。


            ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


埼玉県鴻巣市富士見町7-10   ℡090-7357-4540


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

フォンドル・セラピー