2012年6月アーカイブ

以下は分析家仲間の拈湧笑界(金谷)氏のHPにある今月のメッセージを私のブログで紹介しているものです。


テーマ「躾」

 母親学校で子供を育てるとは・子供の心を育てる事だと伝える。

いつも参加される方は、どうすれば立派な良い子に育てられるのかと又それぞれの思いを抱き聞きに来られる。

心理学で育てればどんな子供になるのか。

猜疑心と好奇心を抱きながら参加する。

 その中で我々が語る事は、母親は妊娠中から心穏やかに、精神を安定させて、行為行動に細心の注意を払い、怒る事無く・争う事無く・産まれてくる子供をどう育てるかが、一番大事な事であると話す。

1に、理想的な母親とはどういう母か、
ひたすら学習する日々を送っていただく。

2に、出産は自然分娩で、出産後直ぐに我が子を抱っこし、傍らで一緒に寝る事。

3、そして母乳で子育て。

1.5才出来れば3才までは24時間一緒に居る。

ただ居るだけではなく、授乳行為を中心に世話をする。

ただ授乳するのではなく抱っこして、赤ちゃん緒顔を見て、声に出して語りかける。

授乳も、時間や量を決めて与えるのではなく、赤ちゃんが欲しい時に欲しいだけ与える。

母親の都合ではなく、赤ちゃんの要求に対して与えていく。


もうこの辺りから内心穏やかでは聞けないご様子の参加者。

初めて聞く事だから珍しさから、興味を持って聞くはずなのに何か違う・何かおかしい・何だか受け入れられないと、内心葛藤しながら聞いて帰る。

 納得いかないから、友人・知人・自分の親達に聞く。

聞けば、自分達の中にない理論だから、全ての人達が「それはおかしい、そんな事で子供を育てたらとんでもない子になる。」といわれ、

折角学びに行ったのに、変な事を聞きに行ってしまったと結論付けてしまう。

 又、気付きのない迷路に迷い込んで、不安な子育てをやり続けることになる。

何故こんな事が起こってしまうのだろうか?

子育て方法を知らないから学習しにいく。

それでいいのに、比較するものなど無いはずなのに、何故、違和感を覚えるのだろうか?

 
其れは、自分が母から育てられた養育なるものが、身体に刻み込まれ、それが基準になり判断しているからなのです。

ましてやしっかり認識して納得して身につけたものでは無いから、自分自身も解からない。

 
 学び聞いた事と、何かしら違う感じがするので不安になる。

そうなれば、世間で言う常識とやらで子育てをしようとする。

いかに立派な常識を並べても、子供が理解する能力は無いし、育っていないのに、子供には伝わらないだろう。

 
 母親は、自分が不安の余り厳しく怒りをあらわにしながら伝えようとあせる。

悪い事に、子供には意味が分からずお母さんは怒っていると言うことだけ解かるので恐怖を感じる。恐いから、言う事を聞く。


 これが世間一般の常識的養育だとがっかりする事もる。

自分が育てられたように養育するのではなく、学んで母子共に成長していくのが子育てなのです。母は子育てを学ぶ事が必要なのです。

 ある幼児向けの絵本で、「絵本地獄」というタイトル。

本の帯に「うちの子はこの本のお陰で、悪さをしなくなりました。と絶賛している。

この本の地獄絵は、千葉県の延命寺が所蔵している16幅の絵巻を基にして構成している。

 製作の目的は「死ぬ事は恐い事だ」と言う事を伝えとする意図があると言っている。

小学校2年生の男女24名に、これを見せて感想を聞いたコメントを載せている。

一例、「僕はじごくなんてないとおもう。いくらあっても、いきたくない〔男〕」

「じぶんのゆびで、てんごく・じごく・おおじごくとかぞえたら、じごくなので、こわくなりました。ほんとうにいくのかなあ。学校からかえれなくったら、どうしようかなあ。じごくなんか、なかったらいいのに。こまったなあ〔女〕」

これで、この本の意図するところが伝わっているでしょうか?

これは、脅しでやくざの世界と同じではないか?

親に養育していく力がないから・言う事を聞かせる力が無いから、こんなものの力を借りて子育てをする。親として恥ずべき事である。

 子供には死を恐れさせるのではなく
「生きることへの楽しさや喜び」を身を持って味わせ、とことん感じさせ、生きてる事が本当に素晴らしいと、身体に刻み込ませる事が真の養育である。

 子供が持っている能力は何か?それを見抜く力こそ親の力である。

何も解からないときは、子供のしたいようにさせる。
言葉を覚え、理解力も出来て、認識能力が備わった時、その時初めて言葉で、論理的に説得し、説明をして伝えていけば良い。

そうすれば納得し、自ら正しい行動し、自分の目的に向かって生きて行く。

「躾は親がやって見せて教えて行く」である。


                   拈湧 笑界・ねんゆ しょうかい
 
金谷精神療法研究所

ラカン精神科学研究所 のホームページもご覧ください

ゆり絵横顔.3.2.jpg


子どもは意識的にまたは無意識的に、親を試してくる。

親の自分への関心、愛情がどれほどのものか知りたくもなる。

素直に要求をだし、甘え頼っくれればいいが、育つ間に親の対応によって、ストレートに表現できなくなる。

そうすると、言わなくてもわかってほしい、察して欲しいと思う。

自分から言うには抵抗があるため、親から聞いて欲しい、声をかけて欲しい。

子どもが親に言いたいことが言えないのは、親がその都度快く子どもの言うことを受け入れなかったからである。

まともに受け取れらない、否定される、拒否されるというマイナスの経験を重ねると、またどうせ言ってもダメだろうと思うのは当然。

ストレートに自分の思いを言えないと、反対の表現をすることもある。

欲しい物を要らないといったり、嫌いなものを好きと言ったりする。

当然生きにくい。

しかし、子どもはどんなに悪態をついたとしても、親に関心を向けられたい。

まなざしを向け、声をかけられ、適切に世話されたい。

愛されたい。

例え、子どもから拒否されても、親は子どもが拒否したにもかかわらず、子どもを求め続け、決し見放さない、見捨てないこと。

それが親である。

憎まれ口も言う、親をバカにする、生意気なことも言う、親を否定し罵倒する、にもかかわらず親はどこまでも子どもにあたたかい心を向ける。

実際には難しいことである。

「それなら勝手にしろ」と言いたくなったり、子どもとの距離を取ろうとする。

そうすれば、子どもはやっぱりこの親が自分を思うのはこの程度かと思う。

どんなに荒れても、親を無視しても、必ず子どもは親が自分に正しい関心を向けて欲しいと思っている。

このことを忘れないで、子どもに対応していくこと。

子どもの凍りついた心は、ちょっとやそっとでは開かないことがある。

その基をつくったのは、親である自分だという自覚のもとに、子どもに関わっていく。


インテグレーター(精神分析家) 安朋一実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法 のページ

不登校・ひきこもりに悩む方々へ

非行・家庭内暴力に悩む方々へ

メルマガ:子育て相談室便り

JR大阪駅近辺へ出張します。

日時 : 平成24年6月27日(水) 

場所 : 大阪梅田駅周辺 (詳しくはお問い合わせください)

分析料: 10,000円 (プラス交通費1,000円)


大阪で出張セラピーをします。

自分自身、子ども、夫婦、家族、対人関係その他様々な悩みご相談ください。

大阪近郊で精神分析を希望される方、おられましたらご連絡お待ちしています。


詳しくは電話またはメール等で連絡ください。

完全予約制となっています。

電話 077-558-8766  携帯電話090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)

 インテグレーター(精神分析家) 安朋一実


精神分析についての詳しい内容や、出張、講座、教室等の予定は下記ラカン精神科学研究所のホームページ並びに、2.スケジュール(googleカレンダー)をご覧ください。
                      ↓
ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法 のページ

メルマガ:子育て相談室便り

 ラカン精神科学研究所forスマートフォン

滋賀で分析理論講座を開いています。

日時 : 6月25日(月) 9:30-11:30

場所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市)

費用 : 3,000円 (テキスト別途 1冊1,000円)


講座内容 : 『自己を知る』  

   -心の誕生-

     鏡像段階

    -母性-
   
     理想的母性像とは

     
「・・・同一性体験は、正常な体の内部の感覚機能(自律神経系)、平衡感覚(抱っこ、あやし)、外的感覚(五官感覚、スキンシップ)を育てる。・・・」(テキストから一部抜粋)


子育てする上で、また人間を理解するために役立つ理論です。

子育て中の方、妊娠中、結婚前の方、男女を問わず知っておいて欲しいことがたくさんあります。

テキスト途中から、お一人でも参加していただけます。

興味・関心のある方、参加希望の方は下記へご連絡ください。

電話: 077-558-8766

携帯: 090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)。

   インテグレーター(精神分析家) 安朋一実


精神分析、各講座、その他ご相談に関する詳しいことは、下記ラカン精神科学研究所ホームページを御覧ください。
                ↓
ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法 のページ

メルマガ:子育て相談室便り

最近、ラカン精神科学研究所のホームページを見て、子どもの問題で分析をはじめたクライアントがいる。

当然、インテグレーターである私は、「オールOK子育て法」話していった。

そのクライアントは、「オールOKなど出来ない」、「やりたくない」とは言いつつ、個人の分析はじめ、理論講座や子育て相談室にも通われた。

そうして子どもに「オールOK」で対応している。

そうすると、子どもから要求が次々出てくる。

分析の立場から言えば、欲望・エスの放出であり、大変良い事である。

しかし、対応するお母さんは、子どもの要求に応えることが大変で、迷いや疑問も出てくる。

それでも子どもに「オールOK」すれば、子どもの表情が違ってきたという。

「もう吐きそう」と言いながらも、子どもに対応している。

大したもの。

素晴らしい。

理論講座や分析に、「励まして欲しい」と言って来られる。

どうかすれば折れそうになる気持ちを、理論や分析によって「オールOK」の必要性を理解し、また子どもへ対応している姿が見える。

周りは、「オールOKなどとんでもない、そんなことをしていたら我がままになる」と言う。

このクライアントが周りのお母さん方に「オールOK子育て法」の話をした。

おそらく「オールOKなんて、どういうこと?」と疑問を持ちながらも、興味を持って聞いてみたいと思われたのだろう。

昨日クライアントを入れて5人のお母さん方が集まって、「オールOK子育て法理論講座」を開いた。

理論的に理解し納得してお母さん方が「オールOK」出来るように話していった。

そんな中で、質問もいろいろ出た。

それに答えながら、お母さんの向こう側にいる子ども達の健やかな心身の成長を願う。

まだ10代の子どもなら、お母さんの対応でこれからいくらでも良い方向に向かえる。

しかし、反対にこのまま人間の精神の発達も知らず、親の価値観や無意識のまま育てたなら、どこかで必ず問題が出てくる。

その危機感をどこかで感じたお母さん方なのだろう。

そうでなければ、わざわざ足を運んで「オールOK子育て法」など聞きには来ない。

話しながら涙を流されるお母さんもおられた。

迷いながら、悶々とした気持ちを抱えながら、日々子どもさんに接しておられることがあるのだろう。


どうか一人で悩まないで、聞いいて欲しい。

お母さん方は我が子のために良かれと思って一生懸命子どもにあれこれ言い、接している。

しかし、一生懸命の方向が違うと、子どもを傷つけ、果ては病理にまで追い込んでしまうことを知ってほしい。

どうせ一生懸命子どもに対応するのなら、正しい方向で子どもと良い関係を築く方へ進みましょう。


この日参加のお母さん方から、「オールOKで子どもに対応してみます」という言葉が聞けた。

頑張りましょう。

迷ったり、くじけそうになったら聞いてください、サポートします。

この国を支えていく子ども達の幸せと、この国の明るい未来を願う。


      インテグレーター(精神分析家) 安朋一実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法 のページ

不登校・ひきこもりに悩む方々へ

非行・家庭内暴力に悩む方々へ

メルマガ:子育て相談室便り

6月9日(土)夜より、電話機故障のため電話がつながりませんでしたが、今朝6月11日電話が通話可能となりました。

ラカン精神科学研究所へ電話連絡いただく方々にはご迷惑をおかけしました。

固定電話 077-558-8766

または携帯電話 090-7357-4540

どちらにでも連絡いただけます。


    ラカン精神科学研究所 インテグレーター(精神分析家) 安朋一実


ラカン精神科学研究所のホームページ

昨日6月9日(土)夜より、電話機故障のため電話がつながりません。

クライアント並びに、ホームページや各サイトを見て分析の予約、問い合わせをいただく方々には大変ご迷惑をおかけします。

只今、対処中ですが今しばらく時間がかかります。

私どもラカン精神科学研究所へお電話いただく場合は、携帯電話 090-7357-4540 へおかけください。

固定電話がつながり次第、またここでお知らせします。


    ラカン精神科学研究所 インテグレーター(精神分析家) 安朋一実


ラカン精神科学研究所のホームページ

毎月インテグレーター養成講座を開いています。

日   時 : 6月 16日(土) 11:00~14:00 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)

受講費用 : 一受講につき一万円
        初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全三冊)


第47回インテグレーター養成講座 講義内容

-インテグレーター養成講座Ⅱ-

病理Ⅴ《不安神経症》
   
   不安神経症  
     難治化 不安神経症のモデル 治療法

病理Ⅵ《恐怖症》

   恐怖症
    診断基準 社会恐怖 単一恐怖 分類

     

途中からでも参加いただけます。

また試しに一度受けてみたいという方や、この項目を聞いて見たいという方も、受け付けます。

その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 


遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。

詳しくは、skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。

こちらに、スカイプの設定の仕方も載せています。

、スカイプでセラピー手続きマニュアル

一人での受講も可能です。
 
興味・関心のある方、参加希望の方おられましたら下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話) 

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)

インテグレーター(精神分析家) 安朋一実


ラカン精神科学研究所のホームページ

メルマガ:子育て相談室便り

JR大阪駅近辺へ出張します。

日時 : 平成24年16月15日(金) 

場所 : 大阪梅田駅周辺 (詳しくはお問い合わせください)

分析料: 10,000円 (プラス交通費1,000円)


大阪で出張セラピーをします。

自分自身、子ども、夫婦、家族、対人関係その他様々な悩みご相談ください。

大阪近郊で精神分析を希望される方、おられましたらご連絡お待ちしています。


詳しくは電話またはメール等で連絡ください。

完全予約制となっています。

電話 077-558-8766  携帯電話090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)

 インテグレーター(精神分析家) 安朋一実


出張、講座、教室等の予定は下記HPの2.スケジュール(googleカレンダー)をご覧ください。
                      ↓
ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法 のページ

メルマガ:子育て相談室便り

 ラカン精神科学研究所forスマートフォン

大阪子育て相談室を開きます。

日 時 : 6月15日(金) 13:30-15:30

場 所 : JR大阪駅周辺(詳しくはお問い合わせください)  

参加費 : 1,000円 プラス交通費を一人500円負担お願います
        (1回:2時間 完全予約制 電話等にて連絡してください)


お一人から参加いただけます。

子どもさんの年齢に関係なく、子育てに関しQ&A方式で相談会を開催しています。

日常の些細な事から、不登校、ひきこもり、非行、神経症など様々な悩み・問題に答えます。


子どもを理解し、親の考え方・態度が変わると、子どもは変化します。

諦めないで取り組めば、打開できます。

そうして頑張っておられる親御さんたちが学んでいます。

子どもの年齢に制限はありません。

これから妊娠出産を考えている方の参加も歓迎します。

是非、母親とは何か、どう子どもに接するのかを知っていただきたいと思います。

興味関心のある方、参加希望の方は下記へご連絡ください。

また都合により日時を変更する場合もありますので、参加の方はメール電話にて必ずご連絡ください。


『子育て相談室』は複数人で行ないますので、個人のご相談は、精神分析になります。

詳しくはホームページを見ていただくか、電話等にてお問い合わせください。

電話: 077-558-8766

携帯: 090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)。

インテグレーター(精神分析家) 安朋一実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法 のページ

メルマガ:子育て相談室便り

日時 : 平成24年6月14日(木) 

場所 : 大阪香里園周辺、大阪梅田駅周辺 (詳しくはお問い合わせください)

分析料: 10,000円 (プラス交通費1,000円)


大阪で出張セラピーをします。

自分自身、子ども、夫婦、家族、対人関係その他様々な悩みご相談ください。

大阪近郊で精神分析を希望される方、おられましたらご連絡お待ちしています。


この日香里園では、「オールOK子育て法」に興味を持たれたお母さん方に、理論的に解説をします。

「オールOK」などして我がままな子にならないか、止めどなく要求してくるのではないかなど、いろいろな質問疑問が出るだろうと思います。

それに対して、理論的に納得いくように説明していきます。

どのような意見・感想が出るか楽しみです。


詳しくは電話またはメール等で連絡ください。

完全予約制となっています。

電話 077-558-8766 携帯電話090-7357-4540へお電話ください。

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)

 インテグレーター(精神分析家) 安朋一実


精神分析についての詳しい内容や、出張、講座、教室等の予定は下記ラカン精神科学研究所のホームページ並びに、2.スケジュール(googleカレンダー)をご覧ください。
                      ↓
ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法 のページ

メルマガ:子育て相談室便り

 ラカン精神科学研究所forスマートフォン

滋賀で分析理論講座を開いています。

日時 : 6月11日(月) 9:30-11:30

場所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市)

費用 : 3,000円 (テキスト別途 1冊1,000円)


講座内容 : 『自己を知る』  

   -心の誕生-

    鏡像段階
          
「・・・鏡の役割を母がし、母のまなざしのなかに赤ん坊は自分が母にどう見られているか、すなわち見られる自分を見て、その自己像と今満足を味わっている自分を同定し同一視している、自己同一性体験なのである。・・・」(テキストから一部抜粋)


子育てする上で、また人間を理解するために役立つ理論です。

子育て中の方、妊娠中、結婚前の方、男女を問わず知っておいて欲しいことがたくさんあります。

テキスト途中から、お一人でも参加していただけます。

興味・関心のある方、参加希望の方は下記へご連絡ください。

電話: 077-558-8766

携帯: 090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)。

   インテグレーター(精神分析家) 安朋一実


精神分析、各講座、その他ご相談に関する詳しいことは、下記ラカン精神科学研究所ホームページを御覧ください。
                ↓
ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法 のページ

メルマガ:子育て相談室便り

2012年(平成24年)4月29日に群馬県藤岡市岡之郷の関越自動車道上り線藤岡ジャンクション付近で都市間ツアーバスが防音壁に衝突した関越自動車道高速バス居眠り運転事故事故。

乗客7人が死亡、乗客乗員39人が重軽傷を負った。


事故はたまたま起こるのではない。

事故を起こした人間の心・無意識が起こすのである。

関越自動車道高速バス居眠り運転事故を精神分析の視点からみてみる。

この事故で犠牲となった人は、
・50歳男性
・17歳女性
・19歳女性
・23歳女性
・29歳女性
・44歳女性
・49歳女性

50歳の男性の他は全て女性。

あえて不謹慎と言われるのを覚悟で、無意識のレベルでの話としていうが、事故を起こしたバスの運転手が相手をしたい全ての年代の女性を揃えた。

しかも、犠牲者の7人は全て進行方向に向かって左側の席に座っていた乗客だった。

精神分析では、左は無意識を表すという。

バスの運転手は、全世代の女性を相手にしたい、それが彼(男性)の理想であり、願望であり、それを具現化してしまったということになる。

このバスは、道路左側のガードレールに接触し、そのまま高さ約3m、厚さ12cmの金属製の防音壁に、突き刺さるような形で約10.5メートルめりこんだ、という。

更には、事故を起こした場所である。

それは、関越自動車道上り線藤岡ジャンクション付近。

ジャンクションとは、結合、接合という意味である。

接触し、突き刺さるようにめり込んだ、そして結合、接合、これらのことは、その行為をそのまま表現している。

無意識はこうして現象化される。


これをこじつけだと思われても結構である。

しかし、精神分析というものに触れていくと、こういう事象、現象に出会う。

人の無意識や精神の構造を知っていくと、それを偶然だとか、こじつけだとは思えなくなる。

心のままに現象化する。

心は物質化する。

自分の心、無意識を知って、それがマイナスのことであれば、自分でプラスに書き換えることである。

抑圧している願望、欲望であれば、社会に適応する形でそれを満たす事である。

そうすれば、今回のような悲惨な事故は起きずにすんだはずである。

知らないことが悲劇を生み、不幸な人生へ向かう。

ならば、自分を知っていけば、災難を回避でき、幸せに迎える。

この自分を知る方法として精神分析がある。


最後になましたが、事故で犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、負傷された方々には、一日でも早い怪我の快復をお祈りしています。

     インテグレーター(精神分析家) 安朋一実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法 のページ

メルマガ:子育て相談室便り

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2012年6月1日に、 ラカン精神科学研究所メールマガジン第27号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

No,27今月のメルマガは、 「いじめと理解」です。

ある朝テレビで見た、迷子になった子どもを迎えに来た母親の様子からいじめについて書きました。

興味ある方はお読みください。

第27号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


インテグレーター(析精神分析家)  安朋一実

下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

このアーカイブについて

このページには、2012年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年5月です。

次のアーカイブは2012年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。