ラカン精神科学研究所メールマガジン 第51号(2014年6月1日)発行のお知らせ


ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2014年6月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン51号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

No,51今月のメルマガは 「虐待と溺愛」です。


虐待の連鎖といわれるように、

子どもを虐待する親自身もまたその親に虐待を受けています。・・・

虐待を受けた人は子どもを虐待してはいけないと気づきます。


・・・愛情の与え方は自分が欲しかったもの、欠けていたものを与えます。

しかも飢えているのを満たしてあげるには、たっぷりと与えなければいけない、

普通の愛情では足りないと思い、過剰に与えます。

これが『溺愛』です。

溺愛によっても、子どもの欲しいものは与えられません。

・・・欲しいものが手に入らないことは、欲求不満を生みます。・・・(メルマガより一部抜粋)


興味ある方はお読みください。

第51号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


インテグレーター(精神分析家) 登張豊実(とばりとよみ)

下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

このブログ記事について

このページは、が2014年6月 1日 12:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「分析家の独り言 547(子どもの問題行動は家族の異常を外に知らせる信号)」です。

次のブログ記事は「分析家の独り言 548(家族のコミュニケーション)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。