2014年11月アーカイブ


JR大阪駅辺へ出張します。

日時 : 平成26年12月3日(水)

場所 : 大阪梅田駅周辺

分析料: 初回は75分15,000円、2回目以降は50分10,000円(プラス交通費1000円)

    * 場所、分析料、交通費について詳しくは、電話等にてお問い合わせください。


大阪で出張セラピーをします。

自分自身、子ども、夫婦、家族、対人関係その他様々な悩みご相談ください。

大阪近郊で精神分析を希望される方、連絡ください。

日程が合わない場合、互いの都合のつく日時を調整します。

交通費を負担していただければ、お宅へ出張もします。


完全予約制となっています。

詳しくは電話またはメール等で連絡ください。

電話 077-558-8766  携帯電話090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレス(スパムメール対策)にメール送信願います。


                        インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


精神分析についての詳しい内容や、出張、講座、教室等の予定は下記ラカン精神科学研究所のホームページ並びに、2.スケジュール(googleカレンダー)をご覧ください。
                      ↓
ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

ラカン精神科学研究所forスマートフォン


フロイトのいう0~1.5歳の口唇期、赤ちゃんは24時間態勢でお母さんに適正に世話をされ、

授乳の度に快と満足を得ます。

この授乳による快と満足が繰り返されることによって" 信頼 "を学びます。

確実に授乳の度に快と満足がもたらされる、この確実さが信頼になります。

赤ちゃんはいつでもどんな時でも必ず快と満足を伴ってオッパイを飲める、

人が" 信頼 "を学ぶのはこの体験によります。

これが口唇期の発達課題である" 基本的信頼 "です。


不適切な授乳、世話により基本的信頼を学べなかった時には、

基本的不信と基底不安を学んでしまいます。

" 信頼 "を学ぶか、不信と不安を学ぶかでは、その後の人生が大きく違ってきます。

基本的信頼を学んだ赤ちゃんは、情緒が安定し、感情の突然の起伏もなく、

身体も順調に成長します。


基本的信頼がないと情緒が不安定になり、身体的にも発育不全や病気になる確率が高くなります。

その身体の反応は(臨床経験より)決まっています。

例えば赤ちゃんは母の都合や状況はわからず、お母さんを呼びます。

まだ言葉がしゃべれないので泣きますが、母が仕事をしていて不在であったり、

赤ちゃん関心がないと泣いてもお母さんは来ません。

泣いても来ないと赤ちゃんは別な泣き方、サインを出します。

それがセキであり、このセキを小児ぜんそくといいます。

精神分析ではセキを母への叫びといい、

「お母さん」と言う代わりに「ゴホン」とセキをします。

他に、不安は自家中毒として表現され、後に車酔いになります。

あとは股関節脱臼、高熱、ひきつけ、痙攣、肺炎、腸重積などがあります。

母性不全、母性喪失であると1歳半でこれらの症状で表われます。


                    インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン


大阪子育て相談室を開きます。

日 時 : 12月3日(水) 午後1:00~2:00

場 所 : JR大阪駅周辺(詳しくはお問い合わせください)  

参加費 : 2,000円 プラス交通費を一人500円負担お願います
        (1回:1時間 完全予約制 電話等にて連絡してください)


お一人から参加いただけます。

子どもさんの年齢に関係なく、子育てに関しQ&A方式で相談会を開催しています。

日常の些細な事から、不登校、ひきこもり、非行、神経症など様々な悩み・問題に答えます。


子どもを理解し、親の考え方・態度が変わると、子どもは変化します。

諦めないで取り組めば、打開できます。

そうして頑張っておられる親御さんたちが学んでいます。

子どもの年齢に制限はありません。

これから妊娠出産を考えている方の参加も歓迎します。

是非、母親とは何か、どう子どもに接するのかを知っていただきたいと思います。

興味関心のある方、参加希望の方は下記へご連絡ください。

また都合により日時を変更する場合もありますので、参加の方はメール電話にて必ずご連絡ください。


『子育て相談室』は複数人で行ないますので、個人のご相談は、精神分析になります。

詳しくはホームページを見ていただくか、電話等にてお問い合わせください。

電話: 077-558-8766

携帯: 090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)。


                            インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

不登校・ひきこもりに悩む方々へ

非行・家庭内暴力に悩む方々へ

ラカン精神科学研究所メールマガジン


毎月インテグレーター養成講座を開いています。

日   時 : 12月 2日(火) 11:00~12:00 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)

受講費用 : 一受講につき一万円
        初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全四冊)

- インテグレーター養成講座Ⅲ- 講義内容 ‐

サイコドラマ 《理論と実践》
 
    心理劇サイコドラマ)

     自発性理論と役割理論 基本的流れ 

     基本的技法について
       1)鏡  2)ダブル  3)役割交換

    実践
 

テキスト途中の項目からでも参加できます。

また試しに一度受けてみたいという方や、この項目を聞いて見たいという方も受け付けます。

その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 

遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。

詳しくは、skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。

こちらに、スカイプの設定の仕方も載せています。

6.スカイプでセラピー手続きマニュアル

一人での受講も可能です。

その場合は1講座1時間で、受講料は1万円です。
 
興味・関心のある方、参加希望の方、下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話) 

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)

                        インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン


人には説明や証明を経ないで、物事の真相を心で直ちに感じ知る、直観能力があります。

何となく危険を感じて難を逃れたという話をきいたりします。

直観的な勘は、言葉にされていないメッセージを感じ、反応する予期を働かせます。


この直観はどのようにして養われるのでしょう。

直観の働く人とは、母にしっかり抱っこされた人です。

母がいつもそばに居てしっかり関わり、抱っこや世話をし、一緒に遊びます。

その中で子どもは母の手、脈拍、鼓動、息遣い、表情、しぐさなどの

ボーディーランゲージを感覚的にとらえる経験を積み重ねます。

そうすると視覚、聴覚、触覚、収穫、味覚の五感を総動員して物事を感じられるようになります。


抱っこされず、母との関わりが少ないと、母から得られる情報はほぼ声(聴覚)になります。

すると、言葉しか頼れるものがなく、言葉しか信頼出来なくなります。

言葉以外の自分が見たもの、触れたもの、感じたものに信頼をおくことが難しくなります。

言葉・声だけを信じ判断するため、言葉に振り回されやすく、騙されることもあるでしょう。

詐欺にあうのは、五感を総動員して全体をみればおかしいと気付くのに、

甘い言葉や驚き、恐さを言葉によって誘発され、正しい判断が出来ないと考えられます。


母は子どもにまなざしを向け、声をかけ、抱っこしスキンシップをする。

母に抱かれた時の母の匂いと授乳による母乳の味、これは後に母のつくる手料理に置き換えられます。

これらの量と質(内容)は心の成長・発達、そして直観ということに大きく関わります。


                              インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン


多くのクライアントから「子どもをちゃんと育てなければいけないと思っていました」と聴きます。

子どもを自分(親)の分身か一部のように思っているので、

子どもへの評価は即親である自分への評価になります。


何よりも社会適応が優先され、例えば礼儀正しく振る舞うことが良いことと考え、

小さい頃から近似の人に会ったら必ず挨拶をすることを教え込みます。

教えたにも関わらず子どもが挨拶をしないと、怒る親もいるでしょう。


挨拶するか、しないかは、子どもが決めることことです。

親が挨拶をしているのを見ていれば、自然と真似て挨拶するようになります。

挨拶することを強要することはありません。

子どもは学校や地域、社会でいろんな人と接しながら、自分で学び考えます。

大人が考えている以上に子どもは賢いので、

もの・こと・人を見て考える力を伸ばせるようにすることです。

そのために子どもを見守り、子どもに任せてはどうでしょう。


小学校低学年の子どもと実家に行きました。

子どもの祖母は、子どもが挨拶をしないので母親に「挨拶ぐらいさせないといけない」と言いました。

母親は「挨拶したければ子どもがするから、無理にさせることはない」、

「この子はこのままでいい」と答えました。

後から子どもは、「おばあちゃんに言ってくれたことが嬉しかった」と母に言いました。


                        インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン


インテグレーター養成講座Ⅰ-2を開きます。

日   時 :  11月 27日(木) 午後1:00~2:30 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)


受講費用 : 一受講につき一万円
          初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全4冊)
          またはテキスト代(1項目)200円


インテグレーター養成講座Ⅰ 講義内容

  - 精神発達論Ⅱ 《肛門期》 -

    肛門期

        口唇から校門へ 自律性の獲得(肛門期の発達課題) 肛門期の防衛機制

        肛門期の関係障害 肛門期性格 能動的支配者 受身的性格 まとめ

        サディズムとマゾヒズム 愛と憎しみ


試しにこの項目を聞いて見たいという方、受講受け付けます。

その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 


遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。

詳しくは、skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。

こちらに、スカイプの設定の仕方も載せています。

6.スカイプでセラピー手続きマニュアル


一人で、または二名以上で新しくインテグレーター養成講座を始めるkとも出来ます。
 
興味・関心のある方、参加希望の方、下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話) 

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)

                            インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

メルマガ:子育て相談室便り


人との交流において、相手を尊重する心が大切です。

特に家庭内において、例えば親が子どもの主体を尊重することがないと、

押し付け、強制が生じてしまいます。

どうしても親は子どもを自分の思うように動かしたい無意識があり、

自分とは別個の別人格を持った、一人の人間として見ることが出来ません。

親子という関係であっても、子どもは個々別々で違う人間という意識と

それを尊重することがないと、

「生んでやった」、「育ててやった」、「誰のおかげで大きくなったと思っている」と言ったり、

親の仕事を継ぐことが当たり前と思い込んだり、

子どもが親の意にそわない言動をすると、不機嫌になったり怒り出したりします。

更に子どもを威嚇し恐怖心を与えて、言うことをきかせます。

まだ心身共に発達途中で自我をつくっていて、自活する力もない子どもにとって、

その親に逆らうことはまず不可能です。

子どもは自分の主体を殺して、嫌々親に合わせるしかありません。


子どもを尊重する心があれば、子どもの想いや意見、意向を聴くことが出来ます。

「あなたはどうしたいのか」、「それをしたいのか、したくないのか」と。

子どもが「したい」と言っても、「したくない」と言っても、

親は「わかったそれでいいよ」とOKを出すだけです。

そうすれば仕合せに生きられます。


反対に否定とNOが不幸をつくってしまいます。


仕合せな人をつくるには『オールOK』することです。

勉強でも遊びでもスポーツでも、仕事も宗教も、

本人がやりたければやればやればいいし、やりたくなければやらなくていい。

当然、やりたいというのを止めてはいけません。


この単純なことがされないことから不幸が始まります。

人を生かすも殺すも言葉です。

相手を尊重するとは、相手に何を考え、思っているのかを聴くことです。


親自身がその親に尊重されたことがないと、尊重するということ自体を知らないので、

子どもの意向を聴いて尊重することは出来ません。

多くは強制され親の言うことをきかされてきているので、

そのまま子どもに同じことをしています。

それを知性(理論的理解)によって、正しい言動を行う事です。

ラカン流にいうなら、象徴界に『尊重』の文字を登録し、

その言語に従って実践することです。

 

                             インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン


フロイトがいう0~1.5歳の口唇期、赤ちゃんにとって口と唇の刺激が快であり、

この時期に授乳を通して快と満足を得ます。

この口唇を通して感じる『快』と『満足』がエリクソンのいう『基本的信頼』を得ることになります。

これは
ラカン精神科学研究所メールマガジン No.43 (2013年10月発行)
テーマ「信頼」でも書きましたが、

授乳による快と満足が繰り返されることで、赤ちゃんは胃が空っぽになった不快感を訴えれば、

母が必ず授乳してくれ、確実に快が得られる、

きっと母はそうしてくれると予期出来る、

この確実さが自分の要請に応えてくれる母への信頼になります。


人は信じる、信頼ということを生後わずか0~18か月の間に母の対応によって学びます。

この信頼を獲得するに至るには、いつでもどんな時でも母が応え、快と満足を与えることです。

ある時は応えるけれども、ある時は応えないで快と満足を与えないのでは信頼には至りません。


ここで必要なのは、赤ちゃんの出すサイン(主に泣くという行為)にいつも持続して反応出来る母です。

適切な母の世話行動と24時間態勢が、子どもに信頼をもたらします。

このため当然少なくとも0~18ヵ月の間、母が24時間赤ちゃんのそばに居ることです。

母親が仕事を持っていたのでは24時間態勢はとれません。

これは、今の社会の待機児童を無くし0歳から我が子を保育園に預け、

女性も社会で働きましょうという考えとは反対の考えです。

日本の経済を優先するか、未来の日本社会を担っていく赤ちゃんや子ども達の心の

発達と健康を優先するかということにもなります。

お母さんが我が子のそばで24時間態勢を取るには、そのための社会の仕組みが必要になります。


更に、適切な世話行動を持続して行うためには、お母さんから赤ちゃんへの愛着と関心が必要です。

子どもへの愛着と関心がなければまなざしや声をかけ、18ケ月間やり続けやれません。

母以外の人に預けてしまったのでは、赤ちゃんは誰がお母さんかがわからず、信頼を学ぶことが出来ません。


社会の流れや周りの多くの人の考えや言動によって物事を判断するのではなく、

本当に正しいことは何なのかを知って行動することが大事だと考えます。


          - インテグレーター養成講座Ⅰ-2  精神発達論Ⅰ 《口唇期》 - より
 

                         インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研
究所メールマガジン


人は何かをしようと思うと、コンプレックス、葛藤が作動し

「やりたいけれどやってはいけないのかな」とか、

「また怒られるのではないか」、「失敗するのではないか」と思い、止まってしまいます。

これでは思い通りに事が運ばず、したいのに出来ないとイライラしてかえって悩んでしまいます。

「ああしたい」、「こうしたい」、「それも欲しい」と頭の中に浮かぶけれど、

それを打ち消し否定する反対の思いが出てきて、結局出来ないため悩みます。

「やってはいけないのかな」、「また怒られるのではないか」、

「失敗するのではないか」は、全て想像です。

この思い込みと想像が自分で止められません。


またコンプレックスは一つの対象に対する愛と憎しみの両価性を持っていたり

ある対象に対して好きという感情があるけれど、その感情を出すことが

恥ずかしいとか怖いというように抵抗を感じたりします。

このようにコンプレックスには一つの感情に対して複雑な価値や観念がついています。

このために素直に好きだという表現が出来なくなってしまいます。

怒りや攻撃的感情の場合も、本当は怒りを出したいけれど、

出すと大変なことになってしまうので押さえてしまいます。

この抑圧を取ってしまうと抑えていた感情が一気に噴出します。

その時、自分が何の感情を抑圧していたか、どんなコンプレックスを持っていたかを知ります。


普段穏やかだった人が突然豹変しキレて暴力的になると、

周りの人には訳がわからず、それまでの人間関係にひびが入り崩れてしまいます。


コンプレックスはいつも出たがるものなので、出てはいけないと見張っています。

出たがるコンプレックスに対して出ては困る自分との闘いが葛藤です。

出たがるコンプレックスが例えば100個あったとしたら、

100個全部を出ないように見張らなければならないので大変疲れ、

めまいがすることもあります。


分析によって自分にどういう無意識、コンプレックスがあるかを知って意識化・言語化すれば、

意識でコントロールすることが出来、出てこないように見張る必要もなくなり、

軽やかに生きられます。
 


                          インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン


毎月インテグレーター養成講座を開いています。

日   時 : 11月 20日(木) 11:00~12:30 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)

受講費用 : 一受講につき一万円
          初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全4冊)
          またはテキスト代(1項目)200円

-インテグレーター養成講座Ⅰ- 講義内容

- 交流分析Ⅲ《スタンプ集め》 -

   スタンプ集め

      トレーディングスタンプ 買戻しの時 スウェットシャツのメッセージ 

      子どもの自我から演じるゲーム 要約

テキスト途中の項目からでも参加できます。

また試しに一度受けてみたいという方や、この項目を聞いて見たいという方も受け付けます。

その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 


遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。

詳しくは、skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。

こちらに、スカイプの設定の仕方も載せています。

6.スカイプでセラピー手続きマニュアル

個人の受講も可能です。

その場合は、1時間1万円となります。

詳しい内容は、ラカン精神科学研究所ホームページ

ラカン精神科学研究所ホームページ 10.<インテグレーター養成講座のご案内>
をご覧ください。

 
興味・関心のある方、参加希望の方おられましたら下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話) 

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)

                 インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

ラカン精神科学研究所のホームページ

ラカン精神科学研究所メールマガジン


人は自分の意志や考えで生きてきて、今も生きていると思います。

しかしそれが親の意志や考え、価値観であったと分析していくと気づきます。

自分で決めたと思っていた進路など様々な選択も、うまく誘導されレールに乗せられていたり、

無理やり言われた通りにするしかなかったりします。


どこかで愛されたのではないか、自分の主体があったのではないかと思いたい。

でも自分の好きなことをやっていたかのようにみえて、

結局は母や父の無意識の要請に従ってやっていたこと、

また気に入られるためにやっていたことだと気づき、

どこにも自分がなかったとわかります。

日々の生活の一つ一つを自分の思ったように行動し満足を得たことよりも、

禁止や威嚇、親の顔色を見て我慢したり諦めたりし、

そうして見捨てられたとわかっていきます。


それを認め受け入れることは、最大の苦痛であり屈辱です。

それでもこれに耐えて受け入れた瞬間「見捨てられた私」という墓碑銘が刻まれ、

インデックスが付いたファイルが心の中につくられます。


墓碑銘が刻まれるということは、「見捨てられた私」として一度死ぬということです。

死んだところから新しい自分が生まれます。

自分をしっかり持って、真に自分の意志と考えで生きていく自分として。

自分を生かし、人を、子どもを生かす人、親として。

                        インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研


人は育つ過程で、親や周りの人達に失敗を怒られることがあります。

子どもであればなおさら初めからうまくいくとは限りません。

あまりに怒られると、失敗しないようにすることが目的になったり、

失敗を恐れるあまり、挑戦して新しいこと、未知のことに手を出さなくなります。

自分がわかっていてできる範囲の中で安全を目指します。

もっと極端になれば、失敗しなためには何もしないことになってしまいます。

こうなるともう自分から動きません。


失敗や挫折のない人生などありません。

今度うまくやるには、どうしたらいいか。

失敗から学ぶことも多いはずです。

「失敗は成功の基」という諺もあります。


また「二度の失敗は許すが、三度目は許さない」というように制限を加えられている人もいます。

「失敗しても、何度でもやり直せばいい」と言われれば失敗を恐れることはありません。

前向きな励ます言葉をかけられるか、失敗を責められ怒らるかによって

その後の人生が全く違ってきます。


失敗が成功の基にならず、失敗から学ぶものが何もなければ、その人は自信が持てません。

自分が何を目指すのか目的を設定し、それに向かって行動、実行し、

小さなことでも成功や達成体験をしていくことです。


更に自分の意見、意志を持ち、自分で決める自己決定能力を付けていくことです。

誰かに言われたから○○をするのではなく、自分の意見を述べ、自分で自分のことを決める、これが自分の意志です。

これが自律性であり、能動性や積極性になります。

自分で決めれば、実際にやるという行動力が出てきます。


          -  インテグレーター養成講座Ⅲ 夢分析Ⅳ《夢を読む》 - より


                           インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン


インテグレーター養成講座Ⅰ-2を開きます。

日   時 :  11月 13日(木) 午後1:00~2:30 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)


受講費用 : 一受講につき一万円
          初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全4冊)
          またはテキスト代(1項目)200円


インテグレーター養成講座Ⅰ 講義内容

  - 精神発達論Ⅰ 《口唇期》 -

     発達とは 発達心理学

     自己意識の発達

       発達・展開 自己意識形成の五要素 自己認識 エリクソンの理論

     リビドー論

       心的装置 性欲動と自我欲動

     口唇期

       口唇期の発達 母子関係 口唇期の母親と子どもの共謀 口唇期性格

       母性的発展型性格 まとめ


試しにこの項目を聞いて見たいという方、受講受け付けます。

その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 


遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。

詳しくは、skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。

こちらに、スカイプの設定の仕方も載せています。

6.スカイプでセラピー手続きマニュアル


一人で、または二名以上で新しくインテグレーター養成講座を始めるkとも出来ます。
 
興味・関心のある方、参加希望の方、下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話) 

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)

                           インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

メルマガ:子育て相談室便り


     -  インテグレーター養成講座Ⅲ 夢分析Ⅳ《夢を読む》 - に寄せて


心的外傷を被った人は、心的外傷の夢を繰り返し見ます。

それは身体をナイフで傷つけられたり、銃で撃たるなど傷つけられ、

血が流れる夢で表われます。

恐怖の中で追いかけられるだけでなく、切断と出血、痛み、恐れが伴うのが特徴です。

心的外傷の夢が繰り返されるのは、その恐怖に直面し

立ち向かい戦う自我をつくるためです。


暴力や暴言など虐待だけでなく、親の発した訳のわからない言葉も心的外傷になります。

例えば、幼い頃に子どもは遊び半分に自分の髪の毛や眉毛・まつ毛などを切ることがあります。

それを見た母親は子どもに「何をしているの」と怒り、

更に「自分で髪の毛(眉毛・まつ毛)を切ると、もう生えてこないからね」と言ったりします。

小さい子どもが母親にそう言われると、「大変なことをしてしまった。

もう生えてこない、どうしよう」と恐怖を感じ後悔します。

けれども月日が経つと髪の毛(眉毛・まつ毛)は生えて伸びてきます。

子どもは、「お母さんは生えてこないと言ったけどおかしいな」と混乱します。

威嚇と不合理が混ざり、筋の通らない言葉に子どもの頭は侵されます。

親は一貫して矛盾のない辻褄の合う言葉をしゃべらなければいけません。


このように虐待だけが心的外傷になるのではありません。

間違った言葉を吹き込まれたり、脅されたり、一方的に言われ続けるなどされるために、

子どもは自分を主張できなくなります。

やられっぱなしになり、戦う自我ができなくなります。

これも主体性の抹殺です。

人は傷つけられっぱなしではなく、戦う意思を持つために心的外傷の夢を繰り返し見ます。


逃げて戦わなければいつまでも恐怖の中に居続けることになります。

また問題を覆い隠すだけでは解決には至りません。

立ち向かう自我をつくることが主体をいかす道になります。

分析が立ち向かうクライアントを支え共に歩みます。

                          インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン


精神分析が大事にすることに"成長"があります。

成長とは変化し続けることです。

肉体は時の経過と共に、日々変化し続けます。

人は肉体の時と精神の時の、二つの時を生きています。

精神の時は放っておいては変化・成長しません。

精神を成長させるには、赤ちゃん・子どもの時代にはお母さんの役割がとても大きいです。


多くの方が、「子どもは食べて寝させて着せて、幼稚園・学校に通わせておけば育つと思っていた」と言われます。

中には、子どもは脳にあらかじめ成長・発達のプログラム・ソフトが組み込まれていて、

年齢に従ってその時必要なソフトが自然に子どもの内側から出て来るものだと思っている人がいます。

一歳の時には一歳の時に必要な思考や言葉が、それが二歳、三歳...と自動的に出て来る。

そのソフトに従って子どもは生きていくものだから、

母親が子どもに関わって教えるものではないと思います。

これならスキンシップし、まなざしや声をかけ、情緒的交流をしようとは思いません。

人間の中にソフトに組み込まれていて自動的に出てくると考えることが、

その人が親に人生シナリオ、セリフと全て書き込まれた人ということです。

子どもは自動的に育つと思うほどに、書き込まれてしまっているということです。

人は生まれて真っ白なところから、まず母親と関わることによって学習していくものだ

という考えがないということです。

それは、自分の頭で考え行動する自由を奪われたということでもあります。


親である自分自身が親から渡された考えや価値観で生きています。

自分で考え、自分の意志で物事を判断し動いてきたのではなく、

親に刷り込まれたメッセージや価値観を読み取っているだけです。

何も自分の頭で考えていません。

ただ想いを巡らせていることを考えていると錯覚してしまいます。

これでは代々コピーを繰り返すだけで、何の発展もありません。


自分の目で見、耳で聴き、食を味わい、触れて感じ...と自分の感覚で感じることが大事です。

その自由すら許されず奪い取られて、

これは「こう感じなさい」と言われて来ていることに気づくことも大事です。

そして、自分の感覚と考えと意志で生きることです。


                      インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン


ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2014年11月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン56号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

No,56今月のメルマガは 「生きる実感と責任感を育てる」です。


現実を正確に見て自分から逃げないで対処する、

それは" 責任感 "ということです。

良いことも悪いことも自分で責任を取ること。

責任感のない人は問題が起きた時、

どう対処していいかわからず自信もないため逃げてしまいます。...

『オールOK』された子は困難にも逃げずに立ち向かう、
責任感のある人間になります。   (メルマガより一部抜粋)


興味ある方はお読みください。

第56号 ラカン精神科学研究所メールマガジン
  

                 インテグレーター(精神分析家) 登張豊実(とばりとよみ)


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

このアーカイブについて

このページには、2014年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年10月です。

次のアーカイブは2014年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。