分析家の独り言 673(スカイプによる分析理論講座開講)


5月よりスカイプでの分析理論講座をスタートしました。

今回の分析理論講座は受講生が二人ですので、

スカイプの会議の機能を使って講座をしました。


ご夫婦そろっての講座受講です。

夫婦が同じ方向を目指して学ぶことは、精神分析に限らずなかなか無いことです。

この人達はすごいなと思います。

子どもを育てるにも、夫婦・家族としても、

足並みをそろえて協力し合うことが増えるだろうと考えます。

ご夫婦が仲の良いことは微笑ましく仕合せなことで、子どもにとっても仕合せなことです。

また、そのお手伝いが出来ることはインテグレーター(分析家)の仕合せです。


精神分析の理論を知ると、自分を見つめることにもなります。

世間一般でいわれることや常識、親に言われたこととは違うことがたくさんあります。

それを疑わずに生きてきましたが、本当にそうだったのか、

現実検討、現実吟味する必要があります。

それには真理は何かを知らなければ、比較参照するものがなく迷います。

この真理が理論になります。

理論を軸に物事を見て、考え、判断し、決めて実行する。

そうして生き方、物事の考え方・見方、子育てにも活かしていきます。


理論を知ると、これまで自分が当たり前と思っていたことや、

自分の育ちとの違いに気付きます。

私も「えっ、そうだったの」と思うことがたくさんありました。


この日の講座で、理論を聴きながら「グサグサ刺さる」と言われました。

その人の心に響くものがあったということです。

他のクライアントでは、講座中に震えだしたり、気持ちが悪くなり横になる人もいます。

それでも帰る時には、普通に帰って行きますから安心してください。


間違いに気付けば正しい方向に修正できます。

しかし、気付かなければ自分では正しいと思っているので、

一生懸命努力して進みますが、良い結果にたどり着きません。

こんなに頑張っているのに結果が出ないとは、こういうことではないでしょうか。

仕合せを目指しているつもりなのに、どう見ても不幸に向かっている

としか思えないことはありませんか。

そういう人を見たことはないでしょうか。

こう言う私がこれでした。

自分なりには仕合せを目指して一生懸命頑張っているのに、仕合せを感じられない。

振り返れば不幸に向かって努力していたようなものです。

それが無意識の成せる業です。


精神分析は「この無意識を知って書き換え、仕合せになりましょう」といいます。


                         インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

このブログ記事について

このページは、が2015年6月10日 11:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「」です。

次のブログ記事は「滋賀インテグレーター養成講座Ⅰ 開講日程のお知らせ(平成27年6月18日)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。