2015年8月アーカイブ


大阪子育て相談室を開きます。

日 時 : 9月8日(火) 午後1:30~2:30

場 所 : JR大阪駅周辺(詳しくはお問い合わせください)  

参加費 : 2,000円 プラス交通費を一人500円負担お願います
        (1回:1時間 完全予約制 電話等にて連絡してください)


お一人から参加いただけます。

子どもさんの年齢に関係なく、子育てに関しQ&A方式で相談会を開催しています。

日常の些細な事から、不登校、ひきこもり、非行、神経症など話し合います。


子どもを理解し、親の考え方・態度が変わると、子どもは変化していきます。

子どもの年齢に制限はありません。

これから妊娠出産を考えている方、お父さんの参加も歓迎します。

母親とは、母性とは何か、子どもへの対応法「オールOK」についてもお話しします。

興味関心のある方、参加希望の方は下記へご連絡ください。

また都合により日時を変更する場合もありますので、参加の方はメール電話にて必ずご連絡ください。


『子育て相談室』は複数人で行ないますので、個人のご相談は、精神分析になります。

詳しくはホームページを見ていただくか、電話等にてお問い合わせください。

電話: 077-558-8766

携帯: 090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)。


                            インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

不登校・ひきこもりに悩む方々へ

非行・家庭内暴力に悩む方々へ

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー



毎月インテグレーター養成講座を開いています。

日   時 : 9月7日(月) 11:00~12:00 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)

受講費用 : 一受講につき一万円
        初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全四冊)


- インテグレーター養成講座Ⅲ  講義内容 ‐

  インテグレーターになるⅦ② 《逆抵抗と解釈》
   
    症例1 症例2


テキスト途中の項目からでも参加できます。

また試しに一度受けてみたいという方や、この項目を聞いて見たいという方も受け付けます。

その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 

遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。

詳しくは、skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。

こちらに、スカイプの設定の仕方も載せています。

6.スカイプでセラピー手続きマニュアル

一人での受講も可能です。

その場合は1講座1時間で、受講料は1万円です。
 
興味・関心のある方、参加希望の方、下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話) 

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)

                               インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー



『人は自己愛傷つきを命がけで守る』といいます。

例えば、親は子どもを怒ったり、欲求を承認しなかったりして否定します。

他にも兄弟などの家族間であったり、会社での上下関係であったり、

様々なところで否定が起こります。


なぜ人は人を否定するのでしょうか?

子どもを否定するとは=子どもの自我を潰すことです。

人(子ども)を潰すことによって、自分が一番になれます。

人(子ども)を潰せる能力・権力があると誇示することで、自分は上だといえます。

こうして人(子ども)を支配して一番になることで自己愛は満たされます。

親は自己愛を守るために、自分の方が偉いんだというために、

子どもの自我を認めず、理解しようとせず怒ったり、

親の考え・価値観を絶対のものとして子どもに有無を言わせず押し付けたりします。

子どもはこれを親にされたら太刀打ちできません。

そこに暴力まで加われば、更に恐怖が加わり完全に親の支配下に入ります。


それほどまでに人(子ども)を支配し自分が一番だと言いたいのは、

親自身が相当な自己愛の傷つきを持っているということです。


大人である親が子どもを犠牲にして、自分の自己愛の傷つきを守るのでは、

本当の大人でも親でもなく、このことに気付くべきです。


自己愛の傷つきを抱えた親が子どもを育て、子どもの自己愛も傷つけます。

その子どもが今度は親となって、またその子どもの自己愛を傷つける。

これが代々祟りのように繰り返されます。

下の代へ行くほど自己愛の傷つきは倍増されていきます。


ほとんど無意識に行われますが、親自身が生きにくさを感じ

どこかで「これは変だ」と気付くことがあります。


それを無視するか、それに取り組むか、です。

クライアント達は言います。

「自分と同じ辛い想いは子どもにさせてはならないと思った」と。


私もそう思いました。

精神分析を通して自分を見つめ、傷ついた自分、ダメな自分に気付いて、

それが自分だと受け入れ、書き換えていく作業。

決して楽なことではありません。

それでも、子どもと自分の仕合せを願う心が、困難を乗り越えさせてくれます。


「子どもが仕合せで無い限り、私の仕合せはない」という言葉が、

私を引っ張り続けてくれました。


 - インテグレーター養成講座1 交流分析3《スタンプ集めとⒶとⒸ》 - より
                    (2015.8.27、講座内容から)


                       インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー



精神分析理論を学びたいというクライアントの依頼に応えて、

下記のように、新たにスカイプでの講座を開きます。


日   時 : 9月 3日(木) 午後2:00~3:00 

場   所 : スカイプ(ラカン精神科学研究所)

受講費用 : 一受講につき一万円
          初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全4冊)
          またはテキスト代(1項目)200円

インテグレーター養成講座Ⅰ 講義内容

 - 自己を表現するⅠ -

      自由画

      家族画

      イメージを描く


滋賀県大津市の唐崎セラピールームでインテグレーター養成講座を開いていますが、

遠地の方で来所が出来ない方には、スカイプで受講できます。


インテグレーター養成講座の内容は、

 Ⅰ 基本編
   自己を表現する、自我論、自己愛論、精神発達論、無意識論、
   性格論、自己防衛論、交流分析、

 Ⅱ 病理編
   病理、心理テスト、ライフサイクル、夫婦共謀論、家族論

 Ⅲ マスターコース(インテグレーターの心得)
   夢分析、サイコドラマ、イメージ論、インテグレーターになる、
   精神分析的精神療法、スーパービジョン、まとめ

  * 心理学として精神分析の理論を知りたい人は、
     基礎編と病理編の受講でいいでしょう。

 以上のように三部構成になっています。

テキストは、Ⅱの病理編が2分冊になっていて、全部で4冊となり、

1冊5000円です。

講座料は、一人1回10.000円、

時間は、1人での個人受講は1時間、2名以上は1時間30分です。


テキスト途中の項目からでも参加できます。

また試しに一度受けてみたいという方や、この項目を聞いて見たいという方も受け付けます。

その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 


精神分析の理論(インテグレーター養成講座)は、自分や子育てなど生きるために役立ちます。

精神分析を受け、更に理論を学びたいという方が増えています。

インテグレーター養成講座は、インテグレーター(分析家)を目指すためのものではなく、

一般に人が精神分析を学ぶことで、心の構造を知り、人間への理解に至るものと考えます。


スカイプでの講座の詳しい内容は、skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。

興味・関心のある方、参加希望の方は下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話) 

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)

                  インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


精神分析についての詳しい内容や、出張、講座、教室等の予定は下記ラカン精神科学研究所のホームページ並びに、2.スケジュール(googleカレンダー)をご覧ください。
             ↓
ラカン精神科学研究所のホームページ


オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー



JR「大阪駅」、地下鉄堺筋線「北浜」、御堂筋線「淀屋橋」駅周辺へ出張します。

日時 : 平成27年9月4日(金)

場所 : JR「大阪駅」、地下鉄堺筋線「北浜」、御堂筋線「淀屋橋駅周辺

分析料: 初回は75分15,000円、2回目以降は50分10,000円(プラス交通費2000円程度)

    * 場所、分析料、交通費について詳しくは、電話等にてお問い合わせください。


大阪で出張セラピーをします。

自分自身、子ども、夫婦、家族、対人関係その他様々な悩みご相談ください。

大阪近郊で精神分析を希望される方、連絡ください。

日程が合わない場合、互いの都合のつく日時を調整します。

交通費を負担していただければ、お宅へ出張もします。


完全予約制となっています。

詳しくは電話またはメール等で連絡ください。

電話 077-558-8766  携帯電話090-7357-4540

メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレス(スパムメール対策)にメール送信願います。

 
                        インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

  

精神分析についての詳しい内容や、出張、講座、教室等の予定は下記ラカン精神科学研究所のホームページ並びに、2.スケジュール(googleカレンダー)をご覧ください。
                      ↓
ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

ラカン精神科学研究所forスマートフォン

始源回帰セラピー


家庭の中で親にしっかり話を聴いてもらえなかった子どもが、大人になって、

親になった時、自分の子どもの話を聴けるでしょうか。


自分の言いたいことだけを言い、

相手の言うことをほとんど聞いていないこともあります。


言葉が通じないと感じた子どもは、「どうせ言っても理解されないだろう」と

諦めて言わなくなります。


言っても否定されたり、良い悪いと裁かれたり、説教されたりするのでは、

話す気になりません。


自分の言葉を聴いて、受け入れられ、理解される。

そして相手の言葉も同じように受け入れて、理解する。

これが相互に行われ、交流すると会話になります。


家庭の中で言葉が通じ、スムーズに会話が成立しているか、とてもあやしくなってきます。

私達は子ども時代に家庭で、親との交流する中で言葉を覚え

会話を学びます。

それは他者と関わり社会に出る前段階で、とても大事で必要なことです。


本来なら家庭で学んで身につけるべき会話が学習できないと、

学校や社会でとても苦労します。


人と何を話せばいいのかわからないので、人の話の聞くことしかできません。

何とか人の輪に入っていても落ち着かず疲れます。

かといって群れから外れ一人でいるのも淋しい。

話してみようとしても、「こんなことを言ったら変だと思われるのではないか」、

と心配で話せない。

結局、会話できないために、家庭でも外の社会でも孤立していきます。

それに比べて、周りの人達は楽しそうに友達をつくって交流しています。

何で自分だけと落ち込みますが、それを知られたくなくて平然を装ったりします。


会話ということがこんなに大切なもので、その基礎が家庭でつくられるとは

精神分析を学ぶまで知りませんでした。

ただ漠然と、人と関わるのが苦手と感じ、

自分の生きにくさの原因の一つがここにあることもわかりませんでした。


私に欠けていたものを大人になってから精神分析を通して学び直しました。


大人になってからでは、大変な労力が要ります。

家庭で子どもの頃から、普通に学習できればそれにこしたことはありません。

家庭とは人間の基礎をつくる大切で重要な場です。

その自覚を親が持つことも大事なことです。

そんな自覚のない家庭で育てば自分にもなく、子どもに伝えることもできません。


それでも、精神分析という道が残されていたことはとても幸運でした。


                   インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

 
   

ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー


スカイプによる分析理論講座を開きます。

日   時 :  8月 23日(日) 午後3:10~5:10 

受講費用 :  一受講につき五千円
          初めての方はプラス テキスト代一冊千円 (全6冊)


- 分析理論講座1内容 -  講座内容

 無意識

  無意識のとらえ方 日常での無意識の現れ方

 心の誕生

  母子一体の赤ん坊 鏡像段階 

 母性
 
  理想的母性像とは


分析理論講座は、インテグレーター養成講座のように、一回一単元進むのではなく、

クライアントに合わせて質問に答えたり、こちらから問いを投げかけたりしながら

進めます。

精神分析の理論を学ぶことは、個人分析や子育て、

また自分や他者をより理解するために役立ちます。


今回は遠方のクライアント達なので、スカイプで行います。


スカイプによる講座、個人分析は、skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。

6.スカイプでセラピー手続きマニュアル に、スカイプの設定の仕方も載せています。


新しく一人で、または二名以上で分析理論講座を始めることも出来ます。

一人の場合は1時間5千円になります。


興味・関心のある方、参加希望の方、下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話) 

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)


                       インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

メルマガ:子育て相談室便り

始源回帰セラピー


インテグレーター養成講座Ⅰを開きます。

日   時 :  8月 27日(木) 午後1:00~2:30 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)


受講費用 : 一受講につき一万円
          初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全4冊)
          またはテキスト代(1項目)200円


インテグレーター養成講座Ⅰ 講義内容

 - 交流分析Ⅲ《スタンプ集め》 -

   スタンプ集め

トレーディングスタンプ 買戻しの時 スウェットシャツのメッセージ

    子どもの自我から演じるゲーム 要約


試しにこの項目を聞いて見たいという方、受講受け付けます。

その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 


遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。

詳しくは、skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。

こちらに、スカイプの設定の仕方も載せています。

6.スカイプでセラピー手続きマニュアル


一人で、または二名以上で新しくインテグレーター養成講座を始めることも出来ます。
 
興味・関心のある方、参加希望の方、下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話) 

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)


                           インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

メルマガ:子育て相談室便り

始源回帰セラピー


精神分析の対象は人間です。

まず、人間とは何でしょう。

人間と人間で無いもの、人間と動物の違い、人間と動物を分けるものは何か。


8月大阪子育て相談室でも話題になりました。


人間と動物の絶対的違いは、『言語』を使うことです。

『言語』には象徴機能があります。

象徴機能とは、現実に見たもの、今は目の前にないものを他のものに置き換えて

表現する働きです。

現実で見たものを言語に直して話すというのは、現実そのものではなく、

言語という記号に置き換えて表現されたものということです。


言語などの象徴を使うことで,実物を離れ,頭の中でいろいろ思い描いたり(イメージ),

筋道を立てたり,分類したり,関係を操作できるようになります。

つまり,思考が活発になり,概念化を進めることができるようになります。


この言語という記号を互いに共通のものとして使い、理解し合えるのが人間です。

それが「言葉が通じる」とことです。


言葉を使う会話によって、人は人を理解し合い、そこに愛着が生まれ

信頼を築いていきます。

これがまず母親と子どもの間でなされることです。


親子・家族の間でどれくらい言葉が通じるでしょう。

まず聞くということが出来ているかです。

いろいろな子どもの問題で分析に来られるお母さん、お父さん方には、

「まず子どもの言っていることをよく聞きましょう」と言います。

親の勝手な思い込みで聞いてしまいます。


また、クライアントは子どもの頃を振り返って

「親から頓珍漢な答えしか返って来なかった」と訴えます。


言葉には意味が伴います。

同じ日本語を話していても、この言葉に意味が人それぞれ違っています。

こう考えていくと、言葉が通じ、会話が成立することは

簡単なことではないようです。


相手の言葉を聴いて、理解し共感し、それが愛着、信頼にまで至る、

クライアントとの分析で、そういう交流性を心掛け、目指します。


本来は、親子の間で出来れば良かったことです。


話しが通じることは、心が通じることになり、

とても人間らしいことだと考えます。


                 インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー


毎月インテグレーター養成講座を開いています。

日   時 : 8月25日(火) 11:00~12:00 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)

受講費用 : 一受講につき一万円
        初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全四冊)


- インテグレーター養成講座Ⅲ  講義内容 ‐

  インテグレーターになるⅦ① 《抵抗と解釈》
 
   抵抗

    抵抗とは 表現 抵抗の処理 解釈の方法 解釈の進展 手順  


テキスト途中の項目からでも参加できます。

また試しに一度受けてみたいという方や、この項目を聞いて見たいという方も受け付けます。

その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 

遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。

詳しくは、skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。

こちらに、スカイプの設定の仕方も載せています。

6.スカイプでセラピー手続きマニュアル

一人での受講も可能です。

その場合は1講座1時間で、受講料は1万円です。
 
興味・関心のある方、参加希望の方、下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話) 

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)

                    インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー


私たちの中に、親から言われたメッセージが生きています。

そして基本的に人は、自分が育てられたと同じように自分の子どもを育てます。

自分がされたことは以外のことは経験がないため、わかりません。

そういう意味で、ほとんど親が子どもにしていることは、

親がその親にされたこと、言われたことです。


時代が違い、環境、状況が違うだけで、内容は変わらないはずです。

可愛がられ、自分を尊重されて育った人は、

自分の子どもを同じように可愛がり尊重します。

親に怒られ、親の思い通りに動かされた人は、

また子どもを怒り、親の思う通りに動かします。


厄介なのは、これがほとんど無意識に行われることです。

親自身も自分がその親にされて嫌だったことを、

子どもにしているという意識・自覚はほぼありません。


もしその自覚があれば止めようとすることができるかもしれません。

それでも本人の強い意志がなければ、無意識に流されてしまいます。

そうして結局、自分(親)と同じコピーに子どもをします。

代々同じものがコピーされ、下の代に行くほど

マイナスが重なり強化されていきます。


そうしてマイナスを積み重ねた結果、子ども達は不登園、不登校、ひきこもり、

非行、神経症など精神の病、事故病気などで悲鳴を上げます。


その前に、何らかのサインを出していますが、

親や周りにはそのサインが読み取れず、見逃されます。

そして、何か現象化してから振り返って、

「そういえばあの時こんなことを言っていた」とか、

あれがサインだったと気付きます。


身体の病気と同じで、心も早期発見、早期治療が望ましいのは当然です。

しかし、何らかの問題がわかった時点での、子どもへの対処の仕方が大切です。

ここで間違うと、更にマイナスを重ねることになります。


人間はされたこと以外のことはできません。

それでも" 知 "があれば、怒られ、否定され、放置され、見捨てられ、

もしくは溺愛され、過保護・過干渉であったとしても、

同じマイナスを我が子にしないで育てられます。


それは無意識を知って、無意識に勝つことです。

無意識に負けず、自分の無意識を知って自覚しておかないと、

繰り返し再現してしまいます。


そうしないために、個人の精神分析と精神分析の理論があります。


  - インテグレーター養成講座1 交流分析2《人生脚本と親の自我状態》 - より
        (今日インテグレーター養成講座で話す内容から書きました)

                       インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー


私達は何も知らない状態でこの世に生み出され、母に世話されながら

母の属性を取り入れ、真似て自分を形成していきます。

後に父も加わるのですが、この母、父に問題が多いと、

子どもはマイナスを多く取り入れ真似するしかないので、

大変苦労することになります。

子どもは、親の属性・性格・価値観を取り入れる時、

これはプラスたから取り入れよう、これはマイナスだから要らないという

選択はできず、プラスもマイナスも全部取り入れるしかないためです。


例えば自分に自分勝手なところがあるが、自分のことは棚に上げて

他者を自分勝手だと非難します。

そうすることで、自分の無意識にある、嫌悪すべき自分勝手な自分と

直面することを避けられます。

自分と向き合う代わりに、他者という鏡に向けて攻撃します。


この投影メカニズムを知って、本人の努力で他者の中にプラスの属性を見出し、

それを取り入れて真似ると、他者から良いものを吸収することができます。

そうすると自分が成長していきます。


また、人は基本的に自分の中にある自分と同じものを持った人としか付き合いません。

それが自分と気の合う人、一緒に居て心地よい人です。

しかしこれでは、自分を越える人間とは出会いません。

自分が嫌って無意識に追いやった、自分の知らない自分とは出会わないことになります。

相変わらず自分と同じ人、気の合う人としか自分の周りに集めないので、

自分自身も人生も変わりません。


そういう意味で、自分がいやだな、嫌いだ、なぜか鼻に付くと感じる人と

付き合うといいでしょう。


他者を見て不快や嫌悪を感じたら、それは自分の嫌な部分、

コンプレックスに触れたためだと、自分を振り返ります。

そうすると、他者を通して自分を知り、自分を自分がより理解できます。

他者に投影するものが少なくなるため、客観的に他者が見えるようになります。


自分を知った部分だけ、他者を知ることになり、

自分への理解は、他者への理解になります。


          - インテグレーター養成講座1 自己防衛5《防衛行動》 - より


                  インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー


分析を受けると、死と再生のドラマが展開されます。

これまでこうだと思っていた自分が壊され、新しく自分をつくりなおします。

知らなかった、気付かなかった自分の一部を壊してはつくる作業の繰り返しによって、

何時しか、知らぬ間に自分が変わっていきます。


ただ、気付いて受け入れる時に、これまでこうだと思っていた自分を

壊すことになるので、不快感が伴います。

分析家の独り言690(投影5:嫌な自分を受け入れる勇気)を参照ください。


この不快感を乗り越えて、新しい自分をつくる一歩を踏み出すために、

" 勇気 "と" 信頼 "が必要です。

冒険を「愛とロマン」といいます。

精神分析も「自分探しの心の旅」、冒険です。


" 信頼 "とは、自分自身への信頼と、他者への信頼があります。


本来は赤ちゃん時代の0~1.5歳の間に、

母に適切に世話されて基本的信頼を学ぶのですが、

この基本的信頼を学べた人は少ないので、信頼を知りません。

ですから、分析はクライアントとラポール(信頼)をつくることをめざします。


" 信頼 "は自分の中で自然に出来るものではありません。

人との交流によって、他者の持っている" 信頼 "という属性を借りて、

取り入れて、真似ます。

他者から良いもの" 信頼 "を吸収して、

自分で自分を信頼するという構造が出来ていきます。

こうして最初は他者から" 信頼 "を学習します。


このために、他者無しに自分の気付けないし、他者無しに自分は育たないといえます。


人の悩みの大半は、この他者との関係です。

人とどう関係を持ち、どう交流するか、その基礎が最初の対象である母、そして父です。

この母・父を他者に投影することになります。

どれほど母、父と信頼を学べたかなど、

自分と母・父の関係を見直すと、いろんな自分がまた見えてきます。


         - インテグレーター養成講座1 自己防衛5《防衛行動》 - より

   
                  インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー

          

8月4日、大阪子育て相談室を開き、質問され、話し合ったことを紹介します。


子ども達は夏休みに入り、家にいる時間が多くなりました。

そんな中で、兄弟喧嘩もおこります。

その兄弟喧嘩は、些細なことがきっかけであることが多いのですが、

子どもの中に、他の兄弟との差別感がある場合は、

特に喧嘩が頻繁で激しくなります。

両親ともに子どもを平等・対等にみて対応することです。


例えば、母親は兄を特に可愛がるとか、父親は妹を可愛がるなど、

片寄った愛情のかけ方をすると、子どもは敏感に感じています。

可愛がられていると感じない子どもは、可愛がられている兄弟を嫉妬します。

おもしろくないので、いじめるなどして攻撃したくなります。

親にも言葉で不満や文句を言います。

それを聞き逃さないで親が対応を変えないと、子どもの心に傷を作っていきます。


自分は可愛がられていない、扱いが違うと感じ、兄弟間で差別されたことは、

その子の人生に大きく影響します。


多いのは、「お姉ちゃんだから」、「お兄ちゃんだから」と、

生まれた順番で上だからしっかりしなさいといわれたり、

「女の子だから」、「男の子だから」と性別で差別されたりします。

その子が望んで一番に生まれたのでもなく、性別も選んだわけではないので、

そのことを理由に上だからしっかりしなければならない、

下だからしっかりしなくてもいいということはないはずです。


子どもを平等に扱うとは、それぞれの子どもの要求・欲求合わせた

対応をするということです。

決して同じものを同じように与えることではありません。

お兄ちゃんにおもちゃを買ったから、弟にもお兄ちゃんと同じおもちゃを買うのではなく、

お兄ちゃんとは違う、弟が欲しいおもちゃを買う。

いえ、弟はおもちゃが欲しいのではなく、どこかへ連れて行って欲しいのなら、

それに応えます。


私と私で無いものを分けるのは、したいこと・欲しいこと・求める事物が違うことです。

私と他者の欲望の違いが、私と他者を分けるということです。


親の望みを押し付けること無く、

その子独自の存在を尊重して、対応してあげてください。


              インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー


無意識にあった不真面目な自分に気付いても、それを受け入れることは簡単ではありません。

分析家の独り言 689(投影4:気付くと受け入れる=同一化の違い)を参照ください。


不真面目な自分に気付いて、

真面目だけではなく「不真面目な自分もOK、いいじゃないないか」と、

新しい自分に組み込み書き換えていきます。


初めのうちは、「不真面目な自分もOK」と書き換えたのですが、

ダメな自分になったような気がして、とても不快に感じます。

不快感に耐える力が必要です。

この不快感を感じつつそのままにしていると、不快感が消えていきます。

この間、わずかな時間なのに長く感じますが、耐えているとフッと楽になります。

そうするともう不真面目な自分をみても不快を感じなくなります。


不真面目な自分を受け入れたとき、真面目な自分が壊れます。

真面目な自分が壊れることと、不快を感じることが嫌だったために、

不真面目な自分を見ない、受け入れないという防衛をしていました。

受け入れる瞬間に耐えるとは、波に逆らわないで波の動きに身を任せるように、

その感情に身を任せるようなイメージです。


この任せる、委ねるには信頼ということが必要です。

不真面目な自分もOKとして、その自分になりきる、

これが受容したということであり、それには信頼がなければできないことです。

つまり、自分を否定し、自分に不信を抱いていたら、

自分が自分に身を任せることも、委ねることもできません。

ここにも0~1.5歳に母との間で学ぶべき課題だった

" 基本的信頼 "ということが関わってきます。


最初の一回、受容するこの一歩を踏み出すことがなかなかできません。

人は未だ体験したことのない、

予測不能な未知の領域に足を踏み入れることを恐れます。

勇気を持って一歩を踏み出せば、そこに見えなかった道が見えます。

      

        - インテグレーター養成講座1 自己防衛5《防衛行動》 - より


                 インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー


インテグレーター養成講座Ⅰを開きます。

日   時 :  8月 13日(木) 午後1:00~2:30 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)


受講費用 : 一受講につき一万円
          初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全4冊)
          またはテキスト代(1項目)200円


インテグレーター養成講座Ⅰ 講義内容

 - 交流分析Ⅱ《人生脚本と親の自我状態》 -

   人は演技者

脚本 文化脚本 下位文化脚本 家族脚本 個人脚本 カウンター脚本

   親の自我状態

    Ⓟの自我状態 Ⓟの中の「Ⓟ」の自我状態 Ⓟの自我状態の表現法

    Ⓟの自我状態の内的影響 偏見を持つ「Ⓟ」 不完全なⓅの自我状態

    再ペアレンティング


試しにこの項目を聞いて見たいという方、受講受け付けます。

その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 


遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。

詳しくは、skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。

こちらに、スカイプの設定の仕方も載せています。

6.スカイプでセラピー手続きマニュアル


一人で、または二名以上で新しくインテグレーター養成講座を始めることも出来ます。
 
興味・関心のある方、参加希望の方、下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話) 

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)

               インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

   

ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

メルマガ:子育て相談室便り

始源回帰セラピー


投影というメカニズムによって、他者の中に自分を発見しました。

分析家の独り言685(投影1:自分の嫌っているものが他者の中に見える)
分析家の独り言 686(投影2:人の好き嫌いは自分の性格の投影)
分析家の独り言 687(投影3:他者を通して嫌いな自分に気付く
を参照ください。

他者の中に発見した、意識にある自分(例えば真面目な自分)

とは正反対な自分(不真面目な自分)。

それ(不真面目な自分)を自分だとわかったことと、

自分の心の中に摂り入れたことは違います。

自分は真面目だと思っていたが、不真面目な自分がいた、それに気が付きました。

気が付いた不真面目な自分を私だとして意識に受け入れなければいけないのですが、

それを受け入れないということは起こり得ます。


受け入れるとうことは、それを一体化するということです。

しかし、不真面目な私をそれも私だと気付いても、

真面目だと思ってきた自分と不真面目な自分が一体化しません。

不真面目な自分は、自分が嫌い見たくないと無意識に抑圧した自分ですから、

そう簡単には受け入れることも、一体化することもできないのです。


このために、分析では何度も同じテーマが出て来ます。

何度でも出て来るたびに「やっぱりそうか」と思い、心の中に入ってきます。


分析では気付くとことと、受け入れることは違い、

気付いても、受け入れることに抵抗が生じます。

これまで無意識に抑圧していた不真面目な自分を意識に上げようとしますが、

このとき不快感が発生して、その瞬間また無意識に戻ってしまいます。

1回で受け入れれば、分析は10回で終わる、

しかし1回受け入れるのに、100回くらい必要になる、

それくらい受け入れることは大変なことだということです。


この辛さに打ち勝って進み、受け入れていくと自分が変容・成長していきます。

インテグレーター(分析家)は自分と向き合い、よりよい自分を目指していこうとする

クライアントを支えながら共に歩みます。

そこに互の信頼・絆が形成されていくことを目指しながら。


        - インテグレーター養成講座1 自己防衛5《防衛行動》 - より


              インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー


毎月インテグレーター養成講座を開いています。

日   時 : 8月 10日(月) 11:00~12:30 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)

受講費用 : 一受講につき一万円
        初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全四冊)


- インテグレーター養成講座Ⅱ -  講義内容

 病理Ⅷ《 抑うつ神経症 》

  抑うつ神経症

   診断基準 症状 抑うつとは 所有の喪失 抑うつと自我の統合

  発生の要因と背景

   要因  背景‐逃避型抑うつ ストレスに対する対処 治療 予防


テキスト途中の項目からでも参加できます。

また試しに一度受けてみたいという方や、この項目を聞いて見たいという方も受け付けます。

その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 

遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。

詳しくは、skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。

こちらに、スカイプの設定の仕方も載せています。

6.スカイプでセラピー手続きマニュアル

一人での受講も可能です。

その場合は1講座1時間で、受講料は1万円です。
 
興味・関心のある方、参加希望の方、下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話) 

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)

                  インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

メルマガ:子育て相談室便り

始源回帰セラピー


ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2015年8月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン65号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

No,65今月のメルマガは「対人恐怖の治療」です。


...対人恐怖症の人には、" 私は私 "というしっかりした自己意識・自信の無さ、

否定的自己イメージ、自分への不信があります。

そして、他者にどう思われているか、嫌われているのではないかと気にする、

他者への不信があります。

対人恐怖症の治療は、まず私という自我をしっかりつくること。

脆弱な自我を育てて強くしていきます。

自我を強化するということは、基本的信頼をつくることです。

そして、アイデンティティー(自我同一性)を確立します。...

                                 (メルマガより一部抜粋)


興味ある方はお読みください。

第65号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


                  インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります

このアーカイブについて

このページには、2015年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年7月です。

次のアーカイブは2015年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。