分析家の独り言 702(プラスの言葉:娘に教えられて)


ある時、娘に「お母さんに夏が嫌いだと聞かせられ続けたから、私は夏が嫌いになった」

と言われました。

確かに私は夏が苦手で、嫌いで、「暑い」、「疲れる」、「汗でベタベタする」...

と言っていました。


私の心にあることが言葉となって、外に出ます。

その言葉を聞いた娘は、私の夏に対するマイナスイメージを聞き続け、

自分まで夏が嫌いなってしまいました。

まるで放射能汚染のようです。

マイナスの言語を聞き続けると、知らぬ間にその言葉が聞いた人に影響してしまう。


娘に申し訳ないことをしました。


そして言葉の力を改めて認識させられます。


娘に言われて、私も思い出しました。

そういえば私も子どもの頃、母から「英語が苦手で嫌いだった」、「不得意だった」、

「他の教科は出来たが、英語だけはダメだった」と何度も聞かされました。

それを聞いた私は、中学で英語を習う前から英語に苦手意識をもち、

実際に、全ての教科のなかで一番英語が苦手で不得意でした。


親の影響は絶大です。


また「毎日暑い」と言った私に、

娘は「お母さんはいつも夏の嫌なところしか言わないなけど、

夏のいいと思うところはないの?」とききました。

そう言われて、私は探しました。

「セラピールームへ歩いて行く途中空を見上げると見える

夏のモクモクとした入道雲が好き」

「力強さと美しさと何とも言えない感動で、立ち止まって見ることもある」

と答えました。

娘は「お母さんからそういう良いことを聞きたかった」と言いました。


そうか、そうだよね、わざわざマイナスのことを聞くより、

プラスの言葉を聞いていたいよね、と思いました。


プラスを心に持つようにし、マイナスが思い浮かんだときは

心の中でプラスに書き換えることを意識するようにしました。


プラスの言葉の大切さを、娘に教えられました。

  
                         インテグレーター(精神分析家) 登張豊実


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

始源回帰セラピー

このブログ記事について

このページは、が2015年9月19日 06:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「滋賀インテグレーター養成講座Ⅲ開講日程のお知らせ(平成27年9月24日)」です。

次のブログ記事は「分析家の独り言 703(プラスの言葉2:母の知性と配慮)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。