分析家の語らい 3("にも拘らず"笑顔で応え続ける母)No.2


明らかな暴力・虐待はなくても、気分屋で予測の付かない母や父はいます。

親は自分がそれほど気分屋でイライラしている事に

気付いていない場合があります。

無意識に自分の子ども時代の母を模倣してしまいます。

それがまた厄介です。


私は子どもに「小さい頃、いつも怒っていた」と言われました。

それほどイライラし怒っている自覚がありませんでした。

そう言われれば、そうだったかな、くらいで、私は忘れています。

した方は忘れていますが、された方は傷として残り、

この傷は生きていく上でマイナスに働きます。


気が付いて修正しない限り、代々下の代にマイナスや傷が

倍増されながら引き継がれていきます。


私はいつイライラし不機嫌になるか予測の付かない親の下で育ち、

同じ事を子どもにしていたとわかりました。

これは何として私の代で食い止めなければと決めて、精神分析の道に入りました。


子どもはどんな自分であるにも関わらず、母は笑顔で応え続けてくれる。

そこに申し訳なさと感謝が生まれます。

こんな私に母はこんなにしてくれた、有り難いと。

また人への寛容さや人を許す心をつくります。

あんなに無理を言ったのに、母は許して応えてくれた、

その寛容さを真似て摂り入れます。

感謝や寛容さは宗教や道徳で教える前に、

まず母の対応によって子どもは学びます。


      ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


10月6,13,19,25日、無料談話室を開きます。
10月6日は『子育ての悩み』についてです。
無料談話室開催のご案内‐子育ての悩み‐を、ご覧ください。
10月13日は『夫婦の悩み』についてです。
無料談話室開催のご案内‐夫婦の悩み‐を、ご覧ください。


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

フォンドル・セラピー

ラカン精神科学研究所メールマガジン

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja

このブログ記事について

このページは、が2017年10月 4日 23:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「分析家の語らい 2("~にも拘らず"笑顔で応え続ける母)No.1」です。

次のブログ記事は「"育児の悩み"無料談話室開催のご案内」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。