分析家の語らい 22(ドラマ:陸王 第三話・四話『夢と希望を持って諦めない』)


ドラマ『陸王』、 老舗の足袋製造業者がランニングシューズの開発に挑戦します。

第三話では、「陸王」開発にかかせない素材「シルクレイ」を

ランニングシューズに適した硬度55〜60にするために、

不良品を出しても何度も何度も試行錯誤し、遂に辿りつき成功します。

その開発費用の融資を断られても何度も銀行と掛け合う社長。


第四話では、シルクレイをシューズのソールに使った新しい「陸王」を

茂木選手に履いてもらえる事になる。

そこで社長は「これで一つ夢が叶いました」と言う。


どんなに困難と思われる事でも諦めない事。

また、夢・希望・目標を持って、それにひたむきに努力し続ける事の大切さ

を教えられます。


分析の中でもクライアントに「諦めないで」と言います。

諦めてそこで止まったり後退してしまったら、解決に向かえません。

これは大変だ、どうしたらいいのか思われる時でも、

今やれる事をコツコツやる。


自分と向き合う事。

逃げない事。

考える事。

この三つは特に大事です。


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


11月23日(木)は『対人の悩み』について話し合います。
"対人の悩み"無料談話室開催のご案内をご覧ください。

ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

フォンドル・セラピー

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja

このブログ記事について

このページは、が2017年11月16日 18:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「分析家の語らい 21(人は意味を付けたがる)」です。

次のブログ記事は「分析家の語らい 23(不安を打ち消すのは信頼)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。