ラカン精神科学研究所メールマガジン 第102号(2018年9月1日)発行のお知らせ


ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2018年9月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン102号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,102今月のメルマガのテーマは、「子どもを見守り支える」です。
 
...お母さん方は「ああしなさい」「こうしなさい」「それしちゃだめ」と

命令指示や文句が多すぎます。

そのため、まず口をチャック、口を閉じてもらいます。

そして子どもが何を言っているかよく聴いて、それに応えます。

...『オールOK 』の話をすると、「必ず」と言っていいほど、

お母さん方は「じゃあ、放っておけばいいんですね」と言われます。

お母さん方にとって、口を出さない=放っておくことです。

私は「いいえ、放っておくのではなく、見守るのです」と言います。

...見守るとは、監視の目ではなく

あたたかいまなざしを向けるということです。

支配でも放任でもなく、子どもに寄り添うことです。

そうすると、何かあったときに支えられます、助けられます。

見守られていると、何か困った時、不測の事態が起きた時には

サポーとしてもらえるので、子どもの心は安定します。

そうすれば、他者はじめ、外界に対して興味・関心をもって

関わって行くでしょう。...

            
(メルマガより一部抜粋)


興味ある方はお読みください。


第102号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。


フォンドル・セラピー


ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   
連絡先  ℡090-7357-4540

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja

このブログ記事について

このページは、が2018年9月 2日 23:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ラカン精神科学研究所メールマガジン 第101号(2018年8月1日)発行のお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。