分析家の語らいの最近のブログ記事


ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2017年12月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン93号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,93今月のメルマガのテーマは、「約束」です。 


日常的に、何日何時にどこどこへ行くなどの『約束』をします。

...ところが、親の都合で突然キャンセルされる事があります。

その理由が、親の機嫌によります。

...その親の気分や機嫌は子どもにはどうすることも出来ず、予測がつきません。

予測性の無さが不安をつくります。

予測出来ない事態がいつ起こるかわからず、常に当てにならない現実は

心の負担になります。

...またある芸人さんの話。

...いつも「父が遊園地に行こう」と言って出かける時は、遊園地が閉まっている。

さすがに子どもである自分もわかった。

遊園地が休園の日に、父が「遊園地に行こう」と言う事を。

...約束は言葉でするものです。

予定した約束が実行される、約束が守られる事は、

言葉と現実が一致する事です。

...親が現行一致し約束を守る事で、

子どもは言葉の信憑性、言葉に従う事を学びます。

そして言葉を大切にし、自分の言った事に責任を持ちます。

                             (メルマガより一部抜粋)


興味ある方はお読みください。

第93号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。


フォンドル・セラピー


クライアントは分析と分析の間に、自分と向き合い、自分を振り返り考えます。

あの時の自分はどうだったのだろう。

良かったのか、悪かったのか。

他者に言われた言葉によって傷ついていたり、

他にどうにかしようがあったのか、

あんなに怒られなければいけなかったのか、など。

?(はてな)がついている事、自分にマイナスをつけた事、

納得がいかない事がたくさんあります。

それら他者に規定され、自分を持てなかった事を、もう一度問い直す時が来る。

その時要請されるのが精神分析です。


親や周りは自分を悪い、間違っていると言うけれど、

本当にそうなのか。

この感覚を持って生きて来た人は、問わずにはいられません。

全く親に呑み込まれて、自分の感覚を持たずに来た人には。

この感覚さえ無いか、感じないようにしているかです。


自分をしっかり持っていなければ、他者の言う事に左右され、振り回され

結果、疲れ果てます。

10人いれば10人がバラバラに自分の考えや価値を主張してきて、

そのどれを採用していいのかもわかりません。

自分にたくさんマイナス(-)とバツ(×)がついていると、

自信が無く自己否定的で、自分の感覚を信じる事も、

自分を大切にする事も出来ません。

自分がしっかりしていれば、この人のこの意見は自分も同感だとか、

この考えは、自分は違うと言えるので、迷ったり葛藤したりする事がありません。

すると自分で物事を決めていくことが出来る、これを『自己決定能力』といいます。

クライアントは快復する過程で、この自己決定能力をつけていきます。

これによって人生が開けていきます。


        ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


12月7日(火)は大阪で出張セラピーと子育て相談室をします。
大阪出張セラピーのお知らせ(平成29年12月7日)をご覧ください。

12月12日(火)東京・埼玉に出張します。
東京、埼玉出張セラピーのお知らせ(平成29年12月12日)をご覧ください。


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

フォンドル・セラピー


母との関係・対応によって、外の世界を肯定的に安心と見るか、

否定的に危険と見るかに分かれます。


母に受け入れられる事が多かった人は、

自分の存在や自己主張が母に受け入れられたように、

外の世界にも受け入れられるだろうと安心・安全で向かいます。


反対に母に受け入れられた事が少なく否定や拒否的態度、虐待を受けた人は、

そのイメージで外の世界を危険なものとみなします。

そして外の世界から撤退して、自分の心の内に向かいます。

危険で自分を受け入れないと思われる外界への関心は低くなり、

当然、社会適応もしにくくなります。

ひきこもりになることもあります。


母の子どもへの対応によって、外の世界を安全と見るか、危険と見るかが

これほど違うとは一般には知られていません。

母との関係で抱いたイメージが、そのまま人全般、世界に向けられる。

そういう精神の構造が人間にあるという事です。

現実を見ないで、ただ恐い・危険だと自分の中のイメージを通して

外の世界や他者をみていては、世界の何も知らない事になります。


大人になってから、自分への違和感や悩みに気付いて

精神分析で書き換えていく事は出来ますが、

赤ちゃんの時からお母さんが人間の精神の構造を知って育児・子育てすれば、

その子の人生は好転していき仕合せになります。

子どもの仕合せな姿に親も仕合せを感じられます。

そのための理論を学ぶ講座を開いています。

遠方の方にはスカイプでしています。


興味関心のある方は問い合わせください。

携帯電話 090-7357-4540  

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール
対策)       


               ラカン精神科学研究所 登張豊実


11月23日(木)は『対人の悩み』について話し合います。
"対人の悩み"無料談話室開催のご案内をご覧ください。

12月12日(火)東京・埼玉に出張します。
東京、埼玉出張セラピーのお知らせ(平成29年12月12日)をご覧ください。


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

フォンドル・セラピー


精神的病理の中核に『不安』があります。

不安とは"対照無き恐れ"です。

対象がはっきりしている場合は『恐怖』です。

そして不安は、"予測がつかない事"です。


この不安を打ち消すのは信頼です。

自分を信じ、他者を信じる。

信じるとは間違い無いものと認め頼りにする事。

まず赤ちゃん時代にお母さんに頼る=依存して、それに応えてもらいます。

いつも自分に応え続けてくれるお母さんを、赤ちゃんは頼りにして信じます。

お腹が空いてオッパイが欲しいと泣いても、いつオッパイが来るかわからなかったり、

来ない事があったり、お母さんのオッパイでなかったりと

要求通りに応えてもらえなければ、当てに出来ません。

確実に求めた事が実行されて、快と満足を得て、安心と安全の中で守られて、

その対象であるお母さんを信頼することが出来ます。


これは0~1.5歳の口唇期に母との関係で学ぶ発達課題である

『基本的信頼』です。

基本的信頼を学べないと『基底不安』を学びます。


いつもお母さんの胸に抱かれ、安心と安全の中で快と満足を得て

要求に応え続けてもらった人はまず居ないので、

誰もが程度の差はあっても、基本的信頼ではなく(基底)不安を抱いています。

不安があると、数ある可能性の中からマイナスや上手くいかない事、

心配を引き出して、いつも不安に悩みます。

クライアントに多いのは、マイナスの結果を想定して心配ばかりします。

「それは事が起きてからどうしたらいいかを考えましょう」と言いますが、

「そうですね」と言いながら、心配や不安が止められないようです。


結果はその時その時で、良くも悪くもどちらも起こり得ます。

すべき事は結果を心配するのではなく、今出来る事を一生懸命努力する事。

そうすれば自ずと結果は出ます。

マイナスや不安に傾きやすいため、意識して切り替えます。


そして本来ならお母さんの対応を通して学ぶべき『(基本的)信頼』を、

精神分析の場面で、分析者とラポールを築いていきます。

何を言っても否定や非難される事無く、受け入れられ、共感され、理解され、

尊重されるためです。


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


11月23日(木)は『対人の悩み』について話し合います。
"対人の悩み"無料談話室開催のご案内をご覧ください。

ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

フォンドル・セラピー


ドラマ『陸王』、 老舗の足袋製造業者がランニングシューズの開発に挑戦します。

第三話では、「陸王」開発にかかせない素材「シルクレイ」を

ランニングシューズに適した硬度55〜60にするために、

不良品を出しても何度も何度も試行錯誤し、遂に辿りつき成功します。

その開発費用の融資を断られても何度も銀行と掛け合う社長。


第四話では、シルクレイをシューズのソールに使った新しい「陸王」を

茂木選手に履いてもらえる事になる。

そこで社長は「これで一つ夢が叶いました」と言う。


どんなに困難と思われる事でも諦めない事。

また、夢・希望・目標を持って、それにひたむきに努力し続ける事の大切さ

を教えられます。


分析の中でもクライアントに「諦めないで」と言います。

諦めてそこで止まったり後退してしまったら、解決に向かえません。

これは大変だ、どうしたらいいのか思われる時でも、

今やれる事をコツコツやる。


自分と向き合う事。

逃げない事。

考える事。

この三つは特に大事です。


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


11月23日(木)は『対人の悩み』について話し合います。
"対人の悩み"無料談話室開催のご案内をご覧ください。

ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

フォンドル・セラピー


ラカンは、人は物・事・人全てに"プラス"と "マイナス"

の記号を付けて登録すると言います。

例えば、自分が信じる宗教を"プラス"にすれば、

それ以外の宗教は"マイナス"になります。

すると、自分が信じる宗教以外の宗教を批判したり貶したりします。

そもそも自分の宗教に"プラス"も "マイナス"も付けなければ

排他的になる事はありません。

人は自己愛があるために、最高な自分の信じる宗教は最高の宗教になります。


"プラス" "マイナス"とは意味です。

全ての事に"プラス"・"マイナス"の意味を付けるなら、

反対に付けないことも出来ます。

全ての事にプラス・マイナス、善い悪いもなければ、

全ての事は意味を持ちません。


人はこの無意味に耐えられません。

無意味になれないので、"プラス" "マイナス"の意味を付けたがります。

これが"意味の病"です。

意味を付けなければ、善いも悪いもなく、

それはただそれなんだと見る事が出来、

対象そのままが見えます。


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


11月は3、9、16、23日、無料談話室を開きます。

11月16日(木)は『育児の悩み』について話し合います。
"夫婦の悩み"無料談話室開催のご案内をご覧ください。
11月23日(木)は『対人の悩み』について話し合います。
"対人の悩み"無料談話室開催のご案内をご覧ください。


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

フォンドル・セラピー


ラカンは言葉の重要性を徹底的に説きました。

私達セラピストは「辞書を愛読書とせよ」と言われます。


以前、『ひとごみ』という言葉は『人ゴミ』と書くと思っていました。

人がゴミのように集まって混雑しているという意味だろうと。

人ゴミが嫌いでした。


辞書を頻繁に引くようになって、『ひとごみ』の意味を調べると、

『人込み』:人の込みあう事。またその場所。雑踏。とありました。

そうか、自分は人をゴミのように思っていたのだと思いました。

人とは素晴らしいもの、尊敬、尊重に値するものとは

考えていなかったという事です。


『人は他者を通して自らを語る』と分析でいいます。

という事は、私が私をゴミだと思っていると気付きました。

個人として尊重される事無く、親の命令指示の下に支配され、

都合の良いように使われ、ゴミのように扱われた自分。

それらはまるでゴミのような自分です。


そのゴミである自分を通して、それを投影して他者を見るので、

人がゴミに見える。

ゴミとは物の役に立たず不要な物、無い方が良い価値のない物、捨てられる物。

そういう存在が自分であると規定して来た、そう規定せざるを得なかった。

これでは他者も自分も尊重し大事にするなど出来る訳がありません。

「人(自分)はゴミ」を「それぞれに良さを持った必要・有用・価値ある存在」

と書き換えます。


分析は個々人の良さを引き出し、人を活かす道を目指せと言います。


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


11月は3、9、16、23日、無料談話室を開きます。

11月16日(木)は『育児の悩み』について話し合います。
"夫婦の悩み"無料談話室開催のご案内をご覧ください。


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

フォンドル・セラピー


明確な考えや自分というものを持たずに生きて来て、何かの問題に悩み

精神分析を受けます。

分析を通して自分と向き合い、自分を語ります。

そうすると、クラアイアンとはいかに自分が流されて生きて来たかに気付きます。


個人的な事なので具体的内容を提示できず、分かりにくいかと思いますが、

クライアントは、親から「こうしたい」、「こうして欲しい」言われて、

どうしようかと思いました。

あれこれと想いを巡らせましたが、明確な答えが出なくて、

成り行きに任せていくと言います。


私は「あなたはどうしたいのですか」と聞きました。

クライアントはどうしたいか、どう生きたいかを考え

「○○のようにしたい、そう生きたいです」と言いました。

私は、「あなたがしたい事と、親御さんがあなたにして欲しいと言っている事は

一致しますか」と聞きました。

クライアントは、「今、わかりました」

「経済的な不安も少しあって、親の要求をきいてもいいかなと思いましたが、

自分のしたい生き方と合わないので、親の要求は断ります」と言いました。


こうして考えるヒントと道筋をつけると、

クライアントは自ら答えを導き出します。

それをセラピストは「そうですか、いいですね」と承認・賞賛します。


流されず、自分のいきたい生き方をしていく。

そこに生きる実感や充実感が感じられます。

                 - 11月、大阪子育て相談室より -


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


11月は3、9、16、23日、無料談話室を開きます。

11月10日(金)は『夫婦の悩み』について話し合います。
"夫婦の悩み"無料談話室開催のご案内をご覧ください。
11月16日(木)は『育児の悩み』について話し合います。
"夫婦の悩み"無料談話室開催のご案内をご覧ください。


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

フォンドル・セラピー

ラカン精神科学研究所メールマガジン


フジテレビ系「金曜プレミアム キテレツ人生!第6弾」で、

ヴァニラさんの理想はフランス人形だと言いました。

次の整形手術のための下調べのために人形のお店に行き、

人形を手に取って「こういう顔になりたい」と言います。

それは人形だから可愛いのであって、人間の顔としてはまた別だと思いますが。

彼女の自我理想(なりたい理想的自分)はフランス人形。

彼女自身が人間で無い、物であるから、人形という物を理想とします。


彼女は学校で「ブス」と言われいじめられ、

父親に「しようがないだろう。ブスなんだから。我慢しろ」と言われました。

そうして否定され傷ついた彼女は、

祖母の家で飾られていたフランス人形を見ました。

そして、「自分もフランス人形になりたい」

「これだけ可愛ければいじめられる事もないだろう」

「お金を払って飾ってあるわけだから、こういう存在になればいいんだと思った」

と言います。

なぜフランス人形なのかは、これでよくわかります。

彼女がフランス人形のようになりたい原点はここにありました。

お金を払ってまで飾ってある=価値がある。

可愛という事は価値があり、可愛ければいじめにあわない。

彼女のなりたい条件をみたしているフランス人形に私がなりたい、となります。


番組中で彼女の父親は登場し彼女の口からも語られましたが、

母親については何も語られませんでした。

子どもにとって鏡像となる母親の存在が無かったか歪んでいたのではないかと

考えます。

母のまなざしの中に子どもである自分はどのように映っているのだろうか。

かわいい子・いい子としてか、憎たらしい子・悪い子として

映っているのだろうかと、子どもは母のまなざしに意味を見出します。

その母があたたかいまなざしで見守り愛情を持って、可愛いと彼女に言ったなら、

ここまで整形を繰り返す事はなかったのではないかと思います。


人形のように大きな目になりたいとは、

「自分を見て欲しい」という自己愛を示します。

彼女の心の叫びが聞こえます。

意味を書き換えれば、もうそれ以上自傷行為のような整形手術を繰り返して

自分を痛めつけなくても済むのにと思います。

フランス人形という理想に向かう彼女にとっては大きなお世話でしょうが。


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


11月は3、9、16、23日、無料談話室を開きます。

11月10日(金)は『夫婦の悩み』について話し合います。
"夫婦の悩み"無料談話室開催のご案内をご覧ください。
11月16日(木)は『育児の悩み』について話し合います。
"夫婦の悩み"無料談話室開催のご案内をご覧ください。


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

フォンドル・セラピー

ラカン精神科学研究所メールマガジン


タレントのヴァニラさん。

顔を主に上半身の整形手術を100回以上受けている。

彼女の理想はフランス人形のような顔。

フジテレビ系「金曜プレミアム キテレツ人生!第6弾」で知りました。


ヴァニラさんは「整形サイボーグ」、「整形モンスター」などと

言われているそうです。

なぜ彼女がそうなったのか、番組を見て納得しました。


小学校時代から友達に「ブス、ブス」と言われ、いじめにあっていました。

女の子にとっていじめ、それも顔をマイナスに評価されることは、

さぞ辛かったと思います。

自分も同じような体験をしたら心の傷となってしまう。

更に、父に「ブスって言われて、学校でいじめられている」と相談したところ、

父から返ってきた言葉が、「しようがないだろう。ブスなんだから。我慢しろ」

だったといいます。

傷ついた心に追い打ちをかける暴言。

せめてここで父が彼女の傷ついた心辛い想いに寄り添う事ができたら

良かったのにと残念です。

また、彼女はそういうあたたかい救いの言葉を父に求めて、

意を決して相談したのだろうと思うと、心が痛みます。


番組の中で、暴言を放った父と対決し、彼女は父に

「おまえはブサイクだから仕方ないだろうと言われて、ずっと心に傷が残っている。

なんで、そんなこと言ったの?」と聞きます。

父の答えは、自分が娘に「記憶をたどっても(ブサイクだと)言った覚えがない」

「いじめの相談を受けた事も記憶にない」、でした。


こういうことはよくあります。

言った方は相手がどう感じるかなど何も考えず、言った事さえも覚えていない。

けれども言われた方は、心の傷となってずっとこの言葉に悩み苦しみ続けます。

特に親の言葉は子どもにとって絶大ですから、気をつけなければ

子どもの人生を左右してしまいます。

感情のままに、無意識に、人(子ども)を傷つける言葉を吐いてしまっていることは

日常的にあります。

子どもの容姿についてブスだ、ブサイクなどと否定的言葉は絶対に言わない事です。

子どもは自分の容姿を自分で好んで選択出来る事ではないのですから、

その事を否定・非難されたら、整形しようと考えるのは当然です。


言葉は意味を持ち、更に価値となります。

否定的言葉は自己否定の意味になり、それは自分の価値を下げます。

肯定的言葉は、自己肯定となり、自分の価値を上げてくれます。

自分で自分の価値を決め、「自分はこれこれである」と

自己規定できない子どもにとって、親の言葉が絶大とはこのためです。
                               (続く)


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


11月は3、9、16、23日、無料談話室を開きます。

11月10日(金)は『夫婦の悩み』について話し合います。
"夫婦の悩み"無料談話室開催のご案内をご覧ください。
11月16日(木)は『育児の悩み』について話し合います。
"夫婦の悩み"無料談話室開催のご案内をご覧ください。

ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

フォンドル・セラピー

ラカン精神科学研究所メールマガジン

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち分析家の語らいカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは分析家の独り言です。

次のカテゴリは分析理論講座です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。