分析家の語らいの最近のブログ記事


ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2018年12月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン105号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,105今月のメルマガのテーマは、「信頼がもたらしたひねくれ者から素直」です。
 
何故か子ども心に、この親の言う通りに生きたら大変な事になると

私はどこかで感じていたように思います。

...親の言動を何かおかしいと思いながらも、言うことをきかなければ、

待遇が悪くなったり、怒られたりします。

...訳のわからない言動、感情爆発。

そんな中で、親に飲み込まれないように必死で生き延びた。

そのためにはひねくれるしかなかった。

...親という障害物に出来る限りぶつからないように、身を捩りながらかわしますが、

関わらない訳にはいかないのでぶつかり、傷もたくさん負いました。

結果、自己評価は低く、自信もなく、不安を抱え怯えながら生きた日々。

後に精神分析に出会い、自分と向き合い、自己に対する知を得ていきました。

また個人分析や精神分析の理論を学ぶ中で、

「素直が大事」、「素直が一番」と言われました。

...ある時、私の背ほどあるガジュマルの木を見つけました。

普通はまっすぐに伸びる幹を、わざと人工的に曲げて仕立てありました。

私は曲げられた幹を面白い、味わいがあると感じました。

...この木に自分を投影して見たということです。

...嫌悪する対象が多いということは、それだけ嫌悪する自分が居るということです。

...我が師スーパーバイザーに、「あなたはもう素直になった」と言われました。

その言葉を疑うことなく、「ああ、そうなんだ、よかった」と思いました。

24年に渡る長い付き合いの中で、精神分析を通して私を見てきてもらった

その人の言葉を嬉しい感情と共に受け取りました。

...分析者(我が師)に親のように私を育て直してもらった、

...精神分析だからこそ出来たことと考えます。
                     (メルマガより一部抜粋)

                DSC_0049.JPG
興味ある方はお読みください。


第105号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。


フォンドル・セラピー


ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   
           連絡先  ℡090-7357-4540


人間は言語を使い、その言語に従う構造を持っているとラカンはいいます。

それを大文字のA、大他者といいます。

例えば、それまでは普通に立ち入り、歩いていた場所が、事件・事故が起こり、

規制線「KEEP OUT」の文字のテープが張られた瞬間、

一般人は立ち入れなくなります。

これはその言葉の意味を理解し従った結果です。

しかし、その文字が読めない人、意味を理解しない人、

または「KEEP OUT」の文字に従わない人は立ち入ります。

ルール、掟、法は言語で条文にされています。

この法を順守することで、社会の秩序も守られます。


この世に生み出されたばかりの小さな人間は、まだ言葉も知らず、

泣くことでしか自己表現できません。

後に言葉を覚え、生活面、生きていく術を親から教えられます。

その親の言葉に従い生きることが善であるとか、そうでなければならないとまで

教えられ、強いられることもあります。

親の言葉、教えや考え・価値観が正しければいいのですが、

偏りがあったり、間違っていたとしたら、

その子の人生に大きなマイナスの影響を与えます。

子どもにどういった言葉をかけたか。

不安の強い親は、自分の不安から言葉を選んで話すでしょう。

不満・怒りがあり攻撃的な親は、攻撃的言葉を吐くでしょう。


自分はどういった言葉をよく聞き、

親となった時、子どもにどういった言葉を言ったか。

それによって自分をどう意味づけたか。

マイナスを帯びた言葉であれば、下の代に行くほどマイナスは強化されて

伝えられていき、悲鳴を上げるでしょう。

それは言葉にならない、外に出せない心の叫びかもしれません。


人はその言葉を抱えていることに気づいていなかったり、

自分に違和感を感じていたり、

不安や訳のわからないイライラを感じていたりします。

それを言葉にして吐き出せる場所が分析場面、セラピールームです。


      ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


埼玉県鴻巣市富士見町7-10   ℡090-7357-4540


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

フォンドル・セラピー


ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2018年10月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン103号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,103今月のメルマガのテーマは、「考えてこそ人間」です。
 
我が師にいつも言われてきたことの一つに、「考える」ということがありました。

...自分では考えているつもりでも考えていない、思考していないとは、

どういうことかを考えました。

その時、まず頭に浮かんだのは、

子どもの頃から、何かトラブルがあったりして

思った通り、予定通りに事が運ばないと、オロオロして

パニックになってしまうことがよくあったこと。

...子ども時代から、父母、祖父母からよく怒られました。

それもランダムに脈絡なく、理不尽に突然。

今ならわかります、それが彼らのコンプレックスであり、

その時の気分によるものだと。

しかし子どもの私には、なぜ彼らが怒るのか、

その理由と原因がさっぱり分かりません。

...怒られる理由をいくら考えても分からないので、

子どもの私は考えることを放棄した。

以後、あらゆることを考えない・思考しない人間になってしまいました。

...パスカルの「人間は考える葦である」という言葉があります。

...考えることが人間の本質であるということ。

...訳の分からないこと、納得のいかないことは恐いことです。

だからこそ、精神の科学といわれる精神分析に興味を持ち、

"かくすればかくなる"論理的世界に行きたかった、

それが私を牽引してくれました。

            (メルマガより一部抜粋)


興味ある方はお読みください。


第103号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。


フォンドル・セラピー


ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   
連絡先  ℡090-7357-4540


ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2018年9月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン102号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,102今月のメルマガのテーマは、「子どもを見守り支える」です。
 
...お母さん方は「ああしなさい」「こうしなさい」「それしちゃだめ」と

命令指示や文句が多すぎます。

そのため、まず口をチャック、口を閉じてもらいます。

そして子どもが何を言っているかよく聴いて、それに応えます。

...『オールOK 』の話をすると、「必ず」と言っていいほど、

お母さん方は「じゃあ、放っておけばいいんですね」と言われます。

お母さん方にとって、口を出さない=放っておくことです。

私は「いいえ、放っておくのではなく、見守るのです」と言います。

...見守るとは、監視の目ではなく

あたたかいまなざしを向けるということです。

支配でも放任でもなく、子どもに寄り添うことです。

そうすると、何かあったときに支えられます、助けられます。

見守られていると、何か困った時、不測の事態が起きた時には

サポーとしてもらえるので、子どもの心は安定します。

そうすれば、他者はじめ、外界に対して興味・関心をもって

関わって行くでしょう。...

            
(メルマガより一部抜粋)


興味ある方はお読みください。


第102号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。


フォンドル・セラピー


ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   
連絡先  ℡090-7357-4540


ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2018年8月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン101号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,101今月のメルマガのテーマは、
「日本ボクシング連盟会長山根明氏への告発状から:自己愛を考える」です。
 
日本ボクシング連盟会長山根明氏に対し、都道府県連盟の幹部や元五輪選手

ら333人が「関係各所」に告発状を提出したといいいます。

...人間には自己愛があり、人からいい人と見られたい、誉められたい、

人より優秀でありたい、と思います.

それらが自分の価値を高めてくれます。

社会では、社会的地位、身分、階級があり、

より高い地位・身分・階級にいることで、自己愛が備給されます。

反対に他者より自分が下になると、自己愛は傷つきます。

...人と比べ競争し、自分が上になれないと思うと、

相手を潰すことを考えます。

それが日大のアメフト部で内田前監督と井上元コーチが

選手に指示したことです。

...社会的に高い地位と権力を得た人は、

自分が他より優位であることを維持し、

証明し続けなければなりません。

...証明をするには、命令指示し続けることです。

そういう支配と服従の関係を作り、支配者になることです。

他者が自分の命令指示通りに動き、支配している限り、

自己愛は備給され続けます。

...競争によって自己愛の争奪戦をするのではなく、

謙虚な気持ちで、他者の中に自分に無い良いところを見出し、

それをとりいれて自分を成長させることを精神分析は目指します。 
            
(メルマガより一部抜粋)


興味ある方はお読みください。


第101号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。


フォンドル・セラピー


ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   
           連絡先  ℡090-7357-4540


7月から始まったTBSのドラマ『チアダン』を観ました。

このドラマの中で、

「(それが)出来るかどうかより、したいかどうかだ」というセリフがありました。

ハッと気付かされます。

今の私に言われているようです。

出来るか出来ないか、結果を自分で決めて思い悩むのではなく、

それがやりたいのなら、そういう自分になりたいのなら、

そこに向かって行くしかない。

自分の脳が限界決めてしまったのでは、出来るものも出来なくなる。

そうだよねと、一人気づき、反省しました。


ラカンのいう象徴界から、自分に必要な言葉が降り注いているといいます。

それを宗教的にいうなら、神の言葉です。

誰の上にも必要な言葉が降り注いでいますが、

それを受け取り聴き取るセンサーや能力がないと聞き流され、心に留まりません。

ラカンやフロイト、神がいつも側にいて観ていてくれる。

そして必要なときに、必要な言葉を、人を通して語りかけてくれる。

そう感じられることが、鴻巣に引っ越して増えました。


            ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


埼玉県鴻巣市富士見町7-10   ℡090-7357-4540


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

フォンドル・セラピー


北野武(ビートたけし)氏も、車が好きで

自身が出演したバラエティ番組で

集めていたわけではなく「自然に(車を)買ってんだよね」と発言。

車の雑誌を眺めて「いいなー」と思ったら購入を考えてしまうとのこと。

さらに実際に車を購入してからは、自分は車を楽しめるほどの(運転の)腕がないから

買った車を運転技術の高い人に運転させる。

そして、タクシーに乗った北野氏が、その車の後続について

「格好いいなー、あの車」と眺めるという。

しかし、この収集癖は周りには不評なようで、

「自分で運転しなさい」、と怒られるそうです。

自分で購入した車は下手でもなんでも自分の腕で運転するもの、

タクシーに乗って自分の車を眺めるなど、

大御所の北野氏ならではの変わった楽しみ方、

言い方をかえれば金持ちの道楽と思われるようです。


車好きにもいろいろあるでしょうが、北野氏のような人は他にもいます。

止まっている車はいつでも見られますが、走っている我が愛車を見ることは難しい。

自分が車に乗って運転するのもいいけれど、

運転していたのでは走っている車の姿は見られません。

そのため、たまたま横を走る車の色と光の加減で、自分の車が横の車の写った時は、

見入ってしまい、可能な限りその車の横を伴走していくとか。


また、車の車体を「ボディー」というように、

車体の曲線は、女性のボディーラインの置き換え、換喩です。

何とも言えないあの車の曲線に魅せられるそうです。


このように人によって、車はただ走るだけの車ではありません。

そこにその人なりの意味が付与されています。

それを善いとか悪いとか、あっているとか間違っている、

ということもナンセンス。


心の構造や、その基にあるものを知ると、物事の見方や理解の仕方が変わります。

自分だけの考えや、一般論・常識などから見ていたのでは

わからない事、見えない事がたくさんあります。

そういった事を精神分析は教えてくれます。


         ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


埼玉県鴻巣市富士見町7-10   ℡090-7357-4540


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

フォンドル・セラピー


日曜日の朝、『ボクらの時代』(フジテレビ)を見ました。

この日はモーリー・ロバートソン氏、ディーン・フジオカ氏、

安藤忠雄氏の三名。


建築家の安藤忠雄さんは、

2009年に胆嚢・胆管・十二指腸にがんが見つかり、すぐに全摘、

5年後に膵臓と脾臓にがんが再発し、これも全摘。

5つも臓器がなくても建築家として今もなお仕事をしておられます。

その彼は「生涯、青春していたい」、

「そのために、体力と気力を鍛えなければいけない」と言います。

「希望・やる事があるから生きていける」と。

二度のがんと5つの臓器摘出にもかかわらず、

今も精力的に仕事に向かうには、希望とやる事があるから。

ただ漫然と何となく生きるのではないという事。

「いつも脳を使って考えろ」と我が師に言われます。


また、安藤忠雄氏は「地球儀を見なければ、自分のいる位置がわからない」

「日本の地図しかない人は終わり」とも言いました。

広い視野から自分を見る事が大事という意味に受け取りました。

自分の狭い考えだけで物事を見ていては、自分も人も世界も見えない。

平面の二次元ではなく、三次元で見るのでは、

見え方考え方が違います。

それは、二次元で生きている人はナメクジと同じ。

崖っぷちにいても、落ちかけるか、落ちなければその危険性がわからない。

宇宙のサテライトから見るくらいの広い視野から見る視点が必要と言われます。

この視点がラカンのいう象徴界を持つという事と理解しています。


自分の位置を知り、そこから自分はどこを目指すのか。

どう生きるのか、何を目指して生きていくのか、という事を

改めて考えさせられる朝になりました。


自分が出会う事、もの、言葉は全て自分に必要な事。

そういう場面、出来事、言葉に出会っていても

漫然と生きて、それを聴き取り、受け取る態勢がなければ、ただ流れていきます。

それを精神分析は教えてくれます。


もし今が楽しくなく、仕合せで無いならば、

どうなりたいか、どうすればいいかを考える事です。


          ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


埼玉県鴻巣市富士見町7-10   ℡090-7357-4540


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

フォンドル・セラピー


人の悩みの大半は親子、夫婦、兄弟、友人・知人、親戚、近隣・地域の人等など、

人間関係です。


他者と関わる中で、「あの時言いたいことが言えなかった」、「言い返せなかった」

と悔やむことがあります。

その場で思いつかず上手く言葉に出来なくて、黙ってしまったけれど、

後から考えると、「なんでこう言わなかったのだろう」と思います。

黙っている、自分の考えや意見を言わない、言えないと、

異議なしと相手に受け取られます。

決して納得している訳ではなく、他者に圧倒されたり、あまりの意外な言葉に

固まってしまったりして、その場で言葉が出てこない。


「私の言った言葉を聞いていますか」と言いたくなることもあります。

「聞いていたら、その言葉は返ってくるはずは無いでしょう」と思い、

あまりの的外れな返答に驚いたり、がっかりしたりもします。

相手からのとんちんかんな答えに、話す気をなくしてしまいます。


会話によって互いの気持ちが通じ、親近感を持ったり、理解し合えたりしますが、

そういう会話が出来ているでしょうか。


自分で話しながら、ズレていると感じたり、

本当に言いたいことと違っていたりします。

自分の想いや考えを適切な言葉を選んで文章にして話す事は

結構難しい事です。


会話は家族の中で繰り返し練習し学習していきます。

振り返ると私は子ども時代、発言してもまともに聞いてもらえなかったり、

否定されることが多かったり、

下手なことを言えば怒られるだけとわかったのでドンドン話さなくなりました。

子どもの私には、"下手なこと"が何かわかりません。

それは親の考えや価値観、コンプレックスに関わることですから、

子どもに判るはずがありません。

そうして、無口でおとなしい、親にとって都合のいい子になっていきました。

学校でもあまりしゃべらず、授業で手を上げて発言することも苦手でした。

家族が楽しく会話している姿を見た記憶もなく、

時折起こる家族の争いにただ怯えるしかなかった。

最悪の環境でした。


子どもが育つ家庭環境が大事です。

まず夫婦(両親)が仲の良いことが、子どもにとって大事なことだと、

精神分析を通して知りました。


         ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


埼玉県鴻巣市富士見町7-10   ℡090-7357-4540


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

フォンドル・セラピー


5月2日、TOKIOの城島茂、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也は、メンバーの山口達也が女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検されたことについて(1日に起訴猶予処分)、都内で会見した。

その前に、山口達也氏が会見で語った言葉、

「...甘い考えかもしれませんが、怒ってくれるのも彼らくらいしかいない歳にもなったので、

彼らを信じて、もし待ってくれている場所が、

私の席がまだそこにあるのであれば、

またTOKIOとしてやっていけたらなっていう......ほんとにすみません」

この言葉に対して涙ながらに怒りを露わにした松岡昌宏氏の言葉は、

「山口の彼の甘ったれたあの意見は、いったいどこから生まれるものなのだろう」

更に、「自分が崖っぷちではなく、自分が崖の下に落ちていることに気づいていなかったのだと思います」

「その甘えの根源が僕らTOKIOだったとしたら、そんなTOKIOは一日も早くなくしたほうがいい」と言いました。


また、山口氏は辞表をTOKIOのメンバーに託したという。

それに対して松岡氏は「ずるい」と発言しました。

山口氏には甘えの構図が見えます。

依存と甘えはセットですか、まさにこの通りです。

お酒に溺れ依存し、TOKIOのメンバーに甘えて、

起こした事件の重大性への認識も甘いと思いました。


アルコール症は四段階を経て嗜癖(耽溺症)に至るとされています。

第一段階は前アルコール症で、社交的に付き合いで飲んだり、緊張や嫌なことを忘れるために飲みます。

第二段階では隠れて飲み(主婦のキッチンドリンカーなどの例)、
記憶欠損、意識がなくなり記憶欠損が目立つようになります。

第三段階は価値ある全ての物を失う重大な危険性に直面しているように見えるため、決定段階といわれます。
自分でお酒を飲む事のコントロールが出来ず、昏睡・意識喪失に陥るまで飲み続けてしまいます。
昼間から飲み、周囲の人にはっきりと判るようになります。

第四段階は慢性段階といわれ、毎日飲みお酒を欠かす事ができなくなり、飲むためだけに生きているような状態になります。
外見に気を使わなくなり、自尊心を失い、自分の行動の全てに自責の念をもたなくなります。

山口氏の場合は、第三段秋の決定的段階から

第四段階の慢性段階に入りかけている状態と考えられます。


お酒を飲むことによって酩酊状態になるのは、

分析家の語らい29で書いた、自他未分化な胎児の状態の再現であると共に、

もう一つは、思考を止める目的があります。

人間の悩みとは、ああすればよかった、あれがいけなかった

という考えが止まらない状態で、これに疲れ果ててしまいます。

いつまでもクヨクヨ思っても仕方ないと切り替えられれば良いのですが、

それが出来ないので、飲酒によって脳の機能を低下させ、

麻痺させるしかありません。

お酒が麻酔薬の役目をしてくれます。

緊張や不安が高い人は、それらを緩和するためにアルコールが多く必要です。

それは飲酒によってしか不快感を軽減できないで、

アルコールにしがみつき依存している状態です。


山口氏もこれらの無意識があったと考えられますが、

無意識は自分では気づけないので、

本人は自分でもなぜこんな事をしてしまったのかと悔み落ち込むばかりでしょう。

自分のものでありながら、自分では気づけない無意識は厄介で危険です。

この無意識を知って、仕合わせになりましょうというのが精神分析です。


アルコール依存症他、様々な悩みご相談ください。


        ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


埼玉県鴻巣市富士見町7-10   ℡090-7357-4540


ラカン精神科学研究所のホームページ

オールOK!子育て法

ラカン精神科学研究所メールマガジン

フォンドル・セラピー

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち分析家の語らいカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは分析家の独り言です。

次のカテゴリは分析理論講座です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。