精神分析家

1、ご挨拶

編集部A 皆さん、こんにちは。月刊精神分析編集部Aです。今月号は精神分析を心理療法の一つとしてみた時に「精神分析とは何か?」という問い掛けです。聞き手は、ラカン精神科学研究所の宣照真理さんにおいで頂いております。

惟能先生と宣照さんと私(編集部A)のプロフィールは下記の通りです。

惟能創理(いのうそうり)
日本初のインテグレーター(精神分析家)
宣照真理のスーパーバイザー

編集部A(へんしゅうぶえー)(略称)
月刊精神分析(げっかんせいしんぶんせき)編集部員A
1963(S.38)年3月12日生まれ
出身:福岡県福岡市。
コンピューター会社のシステムエンジニア。食品工場の生産管理業務に従事。
飲食店の経営を経た後、月刊精神分析編集部。
amami001.JPG
宣照真理(せんしょうまり)
精神分析家。ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市)主宰。
1958(S.33)年4月22日生まれ
出身:滋賀県大津市。二女の母。
親和女子大学児童教育学科(兵庫県神戸市)卒業。
lacan_msl☆yahoo.co.jp
QR-CD



宣照真理 ラカン精神科学研究所の宣照真理です。宜しくお願いします。

編集部A 話し手は、月刊精神分析編集部Aでございます。私は「精神分析」の世界を知って約三年になります。

今号の質問者は大阪府にお住まいの46歳自営業Mさんです。問いは「精神分析とカウンセリング、セラピーの違いを教えて下さい。また、心の病を治す上で、精神科、心療内科に通うのとどう違うのでしょうか?」...という質問です。

今の日本で精神や心の病を治そうとした時に相談先は、所謂、医療機関(病院、クリニック)や、個人で開業されているカウンセラーやセラピストなど、多種多様な選択肢があります。
これが、歯が痛いとなれば行くところは歯科医院に決まっているのですが、事、心の悩みとなると選択肢が沢山あります。この辺も心の病の難しさを如実に語っているところなのではないでしょうか?

宣照真理 私の場合、最初に悩みを相談したのが私の精神分析の師:惟能創理先生でしたので自然と精神分析の世界に入っていきました。私のクライアントさんの中にもドクターショッピングをしていた人も多くおられます。心の病を抱えた人の多くは「誰に自分の悩み事を相談していいのか?」悩んでいる・・と二重の悩みを抱えておられる様です。

△TOP

2、心の病に真剣にとりくみましょう

宣照真理 例えば、何かが憑依した(取り憑いた)とお祓いを受ける人…実際におられます。霊媒師のところにいって1回目はお祓いで良くなったが、2回目は霊媒師から心療内科に行くように勧められたとか(笑)。精神科に通院中し、過激な発言をしたら、強い薬を処方されて昼間からフラフラになって、薬の服用をやめたとか。更に、風水や占いの類に凝ったとか、…例をあげれば数限りなく、そんなので心の悩みが解決すると思いますか?という事例は山ほどあります。
編集部A 迷信めいた対処法は論外ですが、そういう事例も沢山あると言うことは如何に日本人が心の健康に無頓着かと言う事のあらわれではないでしょうか?無頓着でなければ、知らなさすぎる。「病は気から」・・心の持ちようで解決できる→宗教に走るという構造なのでしょうか?
宣照真理 今の日本では、それくらいことに心に関係することで何か問題が起きたとき、どこへ行けばそのことが解決するのかがわからない、知らないということでしょう。
編集部A 最近の日本の社会状況がより心の闇を深くしているのだと思います。農耕が中心だった村社会は疾の昔に崩壊し、19世紀にイギリスで興った産業革命(工業化)から200年足らず、黒船来航が1853年。瞬く間の西洋化、第一次、第二次世界大戦の帝国全体主義を経て、民主化、物資不足から高度経済成長、石油ショック、核家族化、情報化、少子高齢化、バブル経済崩壊…世の中の価値観がガランガラン音を立てて変化して行く中で、人の心や体は簡単に世相に適用できる筈もなく、皆さんは、ギリギリのラインで踏みとどまって社会性を維持しているのが実情だと思います。そんな中でも、オウム真理教サリン事件、神戸連続児童殺傷事件、池田付属小学校事件、秋葉原無差別殺人など、人間の心の闇の深さを見せつけられる事件が後を絶ちません。こんな時代だからこそ、心のプロフェッショナルが必要とされているのだと思います。

何もかも多機能かつ高度な文化社会で暮らしている我々…の筈なのに、どうして幸福感を実感できないのでしょうか?経済的に満たされていても、何かしら焦燥感が拭えないのはなぜなのでしょうか?一緒に考えてみましょう。

△TOP

3、精神分析家

編集部A 宣照先生は、認定資格などは持たずに自己規定で精神分析業を営んでおられますが、資格の有る無しが、相談者の心の悩みを解決する事に大きな関係があるのでしょうか?

私が調べましたところ「日本に精神分析家の資格があるのか?」と問われると日本精神分析家協会という任意団体が認定する「精神分析的精神療法家」が存在する事を知りました。詳しくは協会のサイトをご覧下さい。残念ですが、日本では精神分析家の国家資格は存在しません。よく耳にする臨床心理士の資格も、一般財団法人日本臨床心理士協会という団体の認定資格です。宣照先生は、精神分析の世界では、任意団体の認定資格に意味を見いださずに活動されているのですね。

宣照真理 はい、そうです。精神分析の世界でよく語られる事案に「誰がどうやって、ある人を精神分析家と認定する事ができるのか?」という話があります。精神分析家ジャックラカンが創設した資格制度の事をお話しますと…。

精神分析家ジャック・ラカンの提唱したパスという精神分析家の資格制度は、ラカンの理想や理念が織り込められたものでありましたが、最終的にはラカン自身が「失敗だった」と認めざるを得なくなり、自らパリ・フロイト派(精神分析研究家の学派)を解散させねばならなくなりました。ラカンのパス制度は、二人の有資格者が「この人は分析家である」と認め、その二人が諮問を受けることで資格を授与する制度で、本人が「精神分析家」を名乗るわけではありません。しかし、本人が不在の場でなければ、その本人がどんな人物かは明らかに出来ないという逆説に満ちた制度でした。更にパスの運用で「大学職」と「臨床家」の分離が起こり、制度自体を大学職の人たちが牛耳るようになったので、ラカンは自分が死ぬ前にこの制度の廃止を宣言したという経緯があります。昔から資格制度の運用には何かと問題が付きまとうようです。結局、資格というものが業界を許認可事業にしてしまい仕事を独占する事へ繋がるので喜ばしくない結果が出てきてしまうのでしょう。

私たちインテグレーター(後述)は自己規定して精神分析家を名乗っています。権威主義のクライアントには、「どちらの大学のどの先生のもとで学ばれましたか」とか、「臨床心理士の資格をおもちですか」と聞かれることがあります。「世間一般で言われるような資格は一切ありません」「自分で分析家であると規定しました」と答えます。私達インテグレーターは人から何者であるかと規定されるのではなく、自分で自分をインテグレーターであると規定します。これほどいい加減な資格はないと思われるかもしれませんが、これほど厳しい資格はないと思っています。私は人への興味・関心、理論追求への意思が持てなくなったときには、インテグレーターの看板を、自ら潔く下ろさなければならないと決めています。わが師惟能氏は言います。「毎年その年の初めに、今年もまた自分はインテグレーターとしてやっていけるかを考え、やると決めたなら自己規定した認定書を書き換える」と。
更に、インテグレーター名(分析家としての名前)も自らが考えて名告っています。私の場合は宣照真理です。この名前は、自我理想つまり、自分が目指す目標・理想です。ですから、自我理想が達成できたところで、また新たな自我理想に書き換え、改名していきます。ちなみに私の場合、宣照真理の前は天海有輝でした。
インテグレーターとしての精神分析理論は、京都から埼玉県熊谷市のスーパーバイザー惟能創理氏の元へ月に2回、3年間通い勉強しました。興味深い症例やクライアントへの接し方、分析家としての規範も習得しました。(詳しくは月刊精神分析のバックナンバーに掲載しております。ご覧下さい)教育分析・個人分析は今も受けており、15年になります。

編集部A 京都から埼玉ですから、大変でしたね。先生の場合は、開業10年のキャリアもありますし。ブラックジャックみたいでかっこいいですね。(笑)まぁ高名な医師に精神分析してもらって、簡単確実に心の病が解決できるわけではありませんし、相談者も、今、自分の抱えている悩みを話して理解してくれるかどうか?」が相談先を選ぶ上での唯一最大のポイントではないでしょうか?私的には「自分とあまり境遇が離れている人に悩み事を相談しても理解してもらえないのではないか?かえって傷つけられるような事をいわれるのではないか?」と心配してしまいます。

△TOP

4、精神分析家の心の病の治し方

編集部A 今、心の病の解決方法について理解している事を述べますと。 まず、①自分を知ること。これは、自分の無意識を知ること。無意識の意識化が必要です。 ②次に、無意識の書き換えを行います。このプロセスは自己理想の明確化です。 ③次が、「変容」です。変容は、自分を知った自分が、自分が理想とする自己理想像へ変わっていく事です。

先日購入して読んだ本に「史上最強の人生戦略マニュアル」著:フィリップ・マグロー 訳:勝間和代(流行の経済評論家) というビジネス啓発本があります。読み進めていくうちに…「あれ?精神分析と同じ事が書いてある」と思いました。著者のフィリップ・マグローさんの経歴を調べてみると、彼は、法律コンサルタント兼心理学者で対人関係に関するセミナーも開いているとの事。

この本の
第五章の見出しはこうです。
問題は、あなたが認めるまで悪化していく 人生の法則4 「自分が認めていないことは変えられない」…まさしく①ですよね。

第11章の見出しはこうです。
あなたのゴールラインはどこか? 人生の法則10 「自分の求めているものを知り、要求する」…まさしく②ですよね。

精神分析家は、心の病を解決するのではないのだと思っています。精神分析家は、ガイド役に過ぎません。実際に、貴方の心の病を治すのは、貴方自身なのです。なぜなら、貴方が自分を知らない限り、貴方の心の病は治りません。だから対話療法…話す事によって自分(無意識)を知るのです。自分をしったら今度は、あるべき、ある筈の自分を明確にします。心理学で言うところの自我理想というものです。自分の無意識と理想が明確になれば、貴方自身の変容が始まります。自然に動き出します。変わります。治ります。

ラカン精神科学研究所のキャッチコピーは
「無意識を変える!運命が変わる!」ですね。先生。よろしくお願いします。

宣照真理 はい。いつでも連絡をお待ちしています。
編集部A 現実的に真面目に心の病を治す事を考えた場合、医師に相談するなら、精神科か心療内科。各種(医療・学校)機関に配置されている臨床心理士。精神分析家が開設しているカウンセリングルームやセラピールームを訪ねる事になります。あと、鬱病や、薬物中毒は共通の悩みを抱える○○の会。社会問題化している子供非行や引きこもりは自治体が支援団体を紹介している例もありますね。例:京都府ひきこもり支援情報ポータルサイトなど。各々の違いを精神分析家の立場から解説して頂けないでしょうか?
amami001.JPG
編集部A 編集部にて「心の病の相談先」を図式化してみましたが、「医師」と「臨床心理士」以外は、これといってグルーピングできない状態でした。「カウンセリング」と「セラピー」の言葉の意味すら曖昧模糊と言った感じです。

△TOP

5、医師(精神科・心療内科)

宣照真理 医者(医師)は医療行為として心の病を治療します。また、受診科としては「精神科」「心療内科」いずれかになります。 心療内科は主に心身症を扱います。心身症は身体疾患ですから、身体の症状が主訴(主たる訴え)ということになります。たとえば、極度の緊張による発汗、下痢など。精神科は精神疾患を専門に扱う科です。わかりやすく言えば心の症状、心の病気を扱う科であるということです。心の症状とは、不安、抑うつ、不眠、イライラ、幻覚、幻聴、妄想などの事です。診療内科は心身医学から来ている科で、そもそも、心身医学は「こころとからだ、そして、その人をとりまく環境等も考慮して、それぞれの要素を分けずに、その関係性(心身相関)も含めて、統合的にみていこうとする医学」であり、精神医学とは異なるものです。…と言う様な違いがあるものの、巷では、「敷居の低い精神科」が心療内科で、心療内科は「ミニ精神科」「軽症の精神科」の様な印象があります。

「医師」と「臨床心理士、セラピスト、カウンセラー」の決定的な違いは、その資格が国家資格であると言う事と、検査、投薬ができるか否か?という点ですね。

編集部A 私自身30代半ばに心療内科に入院通院した経験があります。病名は「自律神経失調症」で、入院中は睡眠薬を服用し、自宅療養しながら通院しました。結局、本格的な社会復帰は、自己判断で転地療法を行った後になりました。私の場合、転地療法が大変効果的で、新しい環境で生まれ変わった様で、以前からの身体的症状(極度の緊張感の継続、発汗、不眠、胃腸障害)は全く出なくなりました。もっと早く環境を変えれば良かったと思ったのですが、自分の精神的な病の原因が何であるのか?…は自分自身でも分らないので、その辺が心の病の難しいところです。患者(クライアント)の立場からすると、会社勤めしていると世間体や会社への報告も含めて「精神科に通院している」とは言い辛いし…まぁ心療内科の方が通い易いのは事実ですね。通院中も血圧を測ったりしましたので、内科的な感じがしたのを覚えています。心療内科は心の内科と思った方がしっくりくるかもしれません。
宣照真理 精神科医の先生方には申し訳ないのですが、精神分析の分析理論を学ぶと、投薬で「心の悩み」が解決するのか?と思います。誤解を恐れずに例え話をすれば、眠れない程の重たい悩みを抱えている患者が不眠を訴えて精神科医に症状を伝えれば、保健医療制度に則って「不眠症」という病名がついて睡眠薬を処方されるという事になるのですが、肝心の「眠れない程の悩み」には全く何のアプローチもなされていない訳で・・それでいいの?と疑問に思うわけです。もし自分の親族がそんな状況なら睡眠薬なしに眠れなくなるのではないか?と危惧して、不眠の根本原因である「悩み」の解決を試みます。投薬は飽くまでも、取り敢えずの不眠を回避する緊急措置で、睡眠薬が手放せなくなる様な状態になるのは困ります。・・不眠症に罹った為に、薬物依存症になるのではないか?という恐怖心をクライアントが持つこともあるでしょう。心の病→薬物依存への恐怖。実際、私の周りには睡眠薬が手放せない人達が沢山普通にいます。いくら精神科で投薬によって、脳内ホルモンを操作しても、心の病の根本治療にはならないと思います。

教えて!gooに掲載されていたある医学生の書き込みを紹介します。
-----------------------------------------
私も一時精神科を志しておりましたが、うちの精神科は患者さんの訴えを逐一カルテに記述しなければならないのと、ドイツ語があまり得意でなかったこと、何より一日中精神病の患者さんと接していると自分自身が影響を受けるような気がしてきた事などより、自分には無理だと悟り(?)、断念いたしました。
-----------------------------------------
この医学生の方の言うことは理解でき、正しい判断をされたと思います。精神科に来られる患者さんの話を聞くと、その患者の病んだ部分をもらってしまうことがあります。「病理を転付される」という表現を使います。我々分析家は分析理論を学び、個人分析(教育分析)により自分のコンプレックスをある程度意識化していますので、患者のそれを自分の中で処理できますが、普通の人が病理を転付されてしまうと病理が身体化・行動化してしまうことがあります。うつのクライアントの分析をすると、こちらもなんとなく暗い気分になることもあり、そういう意味でも分析時間は45~55分と決まっています。
私も、インテグレーターとして仕事を始めた頃、円形脱毛ができたり、身体がだるくなることがありました。これは逆転移といわれるもので、クライアントの語りにインテグレーターがコンプレックスを刺激され、身体化してしまうのです。頭痛や肩こり、腰痛などになる人もいます。
素人の方がむやみやたらに人の話をきくのは危険な事です。

編集部A ネットで検索すると「精神科医」への批判コンテンツが沢山でてきます。検査や投薬に関する医療不信は何も精神科や心療内科に限った事ではありませんが、日本の医療保険制度や、高額な検査機器の導入、製薬会社と医師の関係など色々問題はあるようです。一患者、一クライアントの心の病を治す事とは全く関係ない話ですから、この場でのコメントは差し控えさせていただきます。

△TOP

6、臨床心理士(カウンセラー)

編集部A 次に、臨床心理士についてです。私が調べたところによると、臨床心理士の資格は国家資格ではなく、「財団法人日本臨床心理士資格認定協会」の認定資格となっています。つまり任意団体の認定資格であり特別な権限が認められた資格ではありません。1995年の阪神・淡路大震災の際、臨床心理士が現場に赴き様々な活動を行った事が認知される契機になったようです。

ちなみにネット上では
----------------
臨床心理士:臨床心理学を学問的基盤に、心の問題の援助・解決・研究に貢献する専門家として認定する資格である。心理療法家・カウンセラーの資格には、国家資格が存在しない一方、民間の認定資格は多数存在する。その中で臨床心理士は、現在最も知名度の高いものである。公立学校スクールカウンセラーの資格要件になっていたり、医療機関でも臨床心理士を資格要件としているところが多い。
----------------
…と紹介されています。

また、臨床心理学:臨床心理学(りんしょうしんりがく)とは、精神疾患や心理的問題の治療・解決、あるいは人々の精神的健康の増進に貢献することを目指す心理学の一分野。○心理査定、○面接・心理療法、○地域援助、○調査研究の4つの領域に分類されると謳われています。精神分析はこの中の「面接・心理療法」の中の一つであるという位置付けです。

臨床心理士になるには、財団法人日本臨床心理士資格認定協会が指定した大学院を修了し、臨床心理士試験に合格しなければならないそうです(大変そう)。更に、臨床心理士の就職先のひとつのスクールカウンセラーになれても、臨時採用(非常勤)であって、教員のように安定した身分ではありません。労多く実入りが少ない気がするのですが、どうなのでしょう?仮に臨床心理士になったとしても「心の悩み相談事業」を独占できるわけではありませんので、生業としては大変な立場の様な気がします。

宣照真理 凄惨な事件(生徒の自殺など)が学校で起こると在校生に対して心のケアを行うという件で登場するカウンセラーは臨床心理士の資格を持ったカウンセラーという事になります。阪神大震災以降、公立高校にスクールカウンセラーを配備したという話しはききますが、どの程度機能しているかは疑問です。心の病をかかえ不登校している生徒の心のケアをどうされているのでしょう?
編集部A ネット上の臨床心理士の方のブログをみると熱心にお仕事をされている方もおられますが、臨床心理士で独立開業という方のブログは少数派のようです。

△TOP

7、セラピスト・カウンセラー(セラピー・カウンセリング)

編集部A 次に、セラピーとカウンセリングの違いについてです。私もハッキリした違いが分りませんでしたので調べてみました。心理療法(精神療法)の中にセラピーの解説がでていました。

---------------------------------
心理療法(精神療法)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』心理療法(しんりりょうほう、Psychotherapy)、セラピーとは精神疾患の治療、心理的問題の解決、あるいは精神的健康の増進を目的とする理論・技法の体系を心理療法という。心理学の分野においては心理療法、医学の分野においては精神療法と呼ばれるが、実際には同じものを指している。明治以降の西洋学問の輸入において、同じpsycheという外国語が、医学では「精神」と、心理学では「心理」と訳されたからである。ただその手法を使用する人の資格と利用の意味合いがかなり異なる。心理療法を行う者はカウンセラー、セラピスト、治療者などと呼ばれ、心理療法を受ける者は、クライエント、患者、来談者などと呼ばれる。精神分析、行動療法、来談者中心療法の3つが心理療法の主要な源流であるとされているが、現代ではこの3流派に限らず、他にも様々な学派が数多く存在している。カウンセリング(counseling)は、英語のcounsel(相談・助言する)の名詞形であり、広義では、相談・助言することの一般を指す。ただし現在、カウンセリングといえば、主に、下記のような心理学を土台とした対人手段であり、心理的な問題や悩みについて援助を目的とするものを、指すことが多い。
---------------------------------

…セラピーもカウンセリングも明確な違いがあるわけではなく、セラピーは心理法という狭義の意味で使われ、カウンセリングは広義的な意味では相談・助言まで含むといった違いしかありませんね。

宣照真理 日本人・日本語のいい意味での曖昧さの現われでしょうか?笑
編集部A 宣照先生の解釈では、セラピーは精神分析(対話療法)の事で無意識の意識化まで踏込みますが、カウンセリングは無意識(コンプレックス)は扱わないとされていました。
宣照真理 はい、精神分析(対話療法)はセラピーと置き換えて表現できても、カウンセリングとは言わないのでそういう区別をしていました。○○カウンセラーという職業は、心以外の対象物もありますから。美容、転職、法律、ローンクレジット、結婚、土地取引カウンセラーとかもありそうですよね。^^
編集部A 精神分析家としては、無意識(コンプレックス)まで扱う心理療法(セラピー)をしているのであって、カウンセラー(相談)とは一線を画すという事ですね。
宣照真理 そう言う事です。
編集部A 質問者の方がそういう解釈を理解できればいいですね。笑

△TOP

8、インテグレーター

宣照真理 私のラカン精神科学研究所のサイトでは、精神分析家の事を「インテグレーター」と呼んでいます。これは、私の精神分析の師:惟能創理氏が名付けた名称です。
編集部A 精神を統合する人の意味ですね。
宣照真理 はい、そうです。通常、精神分析家、セラピストといいますが、ただ単に、クライアントを分析するだけではなく、その人の様々な自我を統合する治療者である、という意味で名づけられました。

例えば、真面目な人は、不真面目な自分を否定したり抑圧したりし、自分ではないとして自分から切り離しています。しかし人間真面目なだけではいらいれず、また時には羽目をはずしてみるのも精神の健康のためには必要なことでしょう。ですから、真面目一辺倒な人は、不真面目で羽目を外したい自分もいることに気付き、そういう自分も受け入れて時と場所をわきまえて使い分けていけばより楽しい有意義な人生になるでしょう。またあまりにも不真面目方の自分を否定したり抑圧したために、不真面目な人をみると腹がたったり嫌うということになれば、付き合う人が限定され、それもまた生きにくいのではないかと思います。よく事件が起きたとき、容疑者の知人や近所の人に「普段どんな人でしたか」とインタビューすると、「真面目で、とてもそんな事件を起こすようには見えませんでした」というコメント聞きます。これなどは真面目な仮面の裏にある反対の自分が、事件という形で出てしまった例でしょう。
痴漢などすれば職を失うことは明らかなのに、触りたい衝動を抑えられなかった、とすれば普段から触りたい欲求を犯罪にならない範囲で満たす方法を探し、その水路付けをしておくことです。
それには排除した自分に気付き、認め、自己の中に統合すること。これがインテグレート(Integrate )つまり統合するということであり、人の自我を統合する人という意味でインテグレーター(Integrator)と名付けたわけです。

編集部A 私は昔コンピューター業界で働いていました。コンピューター業界でインテグレーターと言えば、システムインテグレーターの事で、個別のサブシステムを集めて1つにまとめ上げ、それぞれの機能が正しく働くように完成させるという「システムインテグレーション」を行なう特別な人や企業のことを指します。片や精神の統合、片やシステムの統合です。面白いですね。

△TOP

9、スピリチュアルカウンセラー(参考)

編集部A 最近、日本でテレビでスピリチュアルカウンセラーみないな人が登場していますが、

-------------------
スピリチュアル (spiritual) とは、 material (「物質的な」あるいは「肉体的な、官能的な」)に対し、「霊的な、精神的な、神聖な」と言う意味で、形容詞形のほか「霊的なこと(もの)」と言う意味の名詞形でも使用される。
-------------------

…と言う事で、霊を呼び出したり、守護霊の話をするような人の事を指しているようです。私は一種のエンターテイメントと捉えています。占い師の類ですね。当たるも八卦、当たらぬも八卦的なものです。

ざっと、心の病に関わる、プロフェッショナルを評してみました。

△TOP

10、終わりに

宣照真理 私が15年前分析と出会うまでは、精神分析という存在自体を何も知りませんでした。 私の場合は、子育てする中で自分への違和感があり何か違うと想い、道を探し求めていたときに分析と出会いました。もしあの時、分析に出会わず子どもが不登校になっていたら、私はどこへ相談に行っていたのかと思います。 15年前、私は自分が一番納得できる最良の道である分析に出会えたと思っています。分析を知り学びインテグレーターとなり、様々なクライアントの悩みを聴く中、「分析に取り組んでいなければ今生きていなかったと思う」、と言われることがあります。私も同感で、おそらく子ども二人をつぶし、自分も生きてはいなかったのではないかと思います。 分析は万能ではありません。全ての人に受け入れられ、全ての人が取り組み結果を出せるものでもありません。しかし取り組めば必ず良い結果を生みます。精神科・心療内科で薬を飲んで症状が緩和された、それで充分だといわれる人はそれでいいでしょう。カウンセリングで共感され受容的に話を聴いて欲しい人もいいでしょう。 求めている人の求めているものに、提供する側が応えることが大事です。それがしっかりとマッチングできているのだろうかと思います。 様々な悩み、問題を抱え、どこに行けばいいのかわからない方々も多いと思います。 また、心療内科のドクターから分析理論を学びたいと問い合わせがあったこともありました。まだ精神分析を知らない方々に知っていただきたいと思います。
編集部A 先生。今日は、長々とありがとうございました。
宣照真理 こちらこそ、ありがとうございました。
編集部A ご意見ご感想は、月刊精神分析編集部までお寄せくださいませ。参考にさせて頂きます。lacan_msl☆yahoo.co.jp(☆を@に変換願います)

△TOP

Webマガジン月刊精神分析&分析家ネットワーク



より大きな地図で インテグレーターマップ を表示

 精神分析(セラピー)を受け、インテグレーター(精神分析家)を目指し理論を学んだ人たちが、東北・関東・関西を中心に実際にインテグレーターとして活動しています。  夏には、那須で恒例の「分析サミット」が開かれ、症例報告・研究などの研修会も行っています。  私たちインテグレーターを紹介します。(敬称略)  メールに関して、☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)

△TOP

Copyright (C) LACAN MENTAL SCIENCE Lab. All rights reserved.
Powered by Movable Type 4.21-ja